島崎藤村と西欧詩3

島崎藤村と西欧詩2 の続きです。東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から石丸久氏による「若菜集」から「落梅集」へー島崎藤村の詩に内在するものの一面ーは海外文学がどのように島崎藤村の詩に影響を与えたのかを解説した内容です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しておりますが、恐らく皆様察せられているかと思いますが、2から掲載されている誤植をそのまま現代語訳して載せております。3にも、これは誤植だと思われる箇所がございますが、そのままを訳して載せております。ご了承下さい。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

『   *
 右に引いた「虚実空撃」の一文は、その言わんとする趣旨は、文芸に心をよせる青年子女にはむしろ共通した一般の心意気を、極めて常識的な観点から批判した「道を説く君」的言い廻しにすぎない。信州の詩人藤村島崎春樹に、かなりはやくからこの常識性の一端が潜在していた事実は、その意義必ずしも軽からぬものがあろう。極点におしつめて考えれば、透谷と藤村のちがいはおおむねkのあたりにかかわっていると言って誤りない。そのはじめ一種の哀観、一種の感傷においては彼此相へだたること多くなかった。つまり、透谷における藤村的なるものではなく、藤村における透谷的なるものにおいて両者は共に通ずるあるものを内包していたのである。生の否定から生の肯定に力強くこれを棄揚して行ったところに、吾々は藤村の一種異様なたくましさを感じとらないわけにはいかない。
  小説「桜の実の熟する時」ー八ーに藤村はテーヌの「英文学史」にふれて「捨吉(稿者註、藤村)は日頃心を引かれる英吉利の詩人等がテインのような名高い佛蘭西人によって批評され、解剖され、叙述されることに殊の外興味を覚えた。……一度読み出すと、なかなか途中では止められなかった。英訳ではnあるが、バイロンの章の終のところで、捨吉は会心の文字に遭遇(であ)った。『彼は詩を捨てた。詩もまた彼を捨てた。彼は伊太利の方へ出かけて行った。そして死んだ。』と繰返して見た」と述べている。この一句を原典に徴するに、いづくんぞ知らん、……,When he forsook poetry, poetry fors-ook him, he went to Greeece in search of action, and only fou-nd death.とあって、決して he went to Italy とは記していない。はやく明治二六年一月透谷が「文学界」創刊号に載せた抒情の好文字「富嶽の詩神を思う」に「愛すべきものは夫れ故郷なるか。……故郷はこれ邦家なり、多情多思の人の最も邦家を愛するは何人か之を疑はむ。孤剣提げ来りて伊太利の義軍に投じ一命を悪疫に委したるバイロン我れ之を愛す」とある。藤村が誤謬は年歯兄たる四才の透谷に倣ったか、はたまたシェレーが行状との混同によるか、あるいはかの「於母影」の「ミニヨンの歌」などに心ひかれて潜み存したイタリアへの憧憬に発したるか、いまにわかに断ずることはできないが、ともあれここにもまた透谷、藤村のちがいの一端をうかがうことはできよう。言葉の芸術をこえて生きることそのものが、藤村にはーその詩集に序して「芸術はわが願いなり。されどわれは芸術を軽く見たりき。むしろわれは芸術を第二の人生と見たりき。また第二の自然とも見たりき」と言う藤村にとってはーこの上もなく大切なことであったのだ。「韻文に就て」(明治二八年一二月「太陽」)に「是を以て見るに僅に七五、五七等の数のみにたより、高低長短の時と調とに乏しき言語を用る、清濁正変の塩梅を思うがままに活用するの器なくして、大なる調べを奏し、十全円満なる声調の変化と音韻の妙とを見んとするは頗(すこぶ)る難事といわざるべからず」と述べ「雅言と詩歌」(「落梅集」所収)に国語の詩歌に不利なる点六ヶ條あげて「第一、母音の性質円満ならず。第二、発音の高低抑揚明かならず。第三、言語の連接単調なり。第四、語義精密ならず。第五、語彙豊かならず。第六、音域広潤ならず」という藤村には、詩歌に対する創作の可能性への懐疑と限界の認識とがすでにあったと考えられるが、そうしたことが後にも言い及ぶ自らの年令的成長と相まって彼をあのような散文の世界に導いたといえよう。
 ともあれ、自身の投影である「春」の主人公岸本捨吉に「ああ、自分のようなものでも、どうかして生きたい」と嘆息せしめ、「馬上人世を憶う」(「文学界」第二号)に「いたずらに人生を果敢なみて浮世の外に無常の敵を避けんとするは、これ天地のうろたえものなり」と言い切る藤村、また「同じシェイクスピアの戯曲でも老成な『テンペスト』は閉じて、もう一度若葉の香をかぐような『ロミオとジュリエット』を開いて見る気にな」り、「青年は老人の書を閉じて先ず青年の書を読むべきである」と悟る藤村ーそこに悲惨な冬を克服して温和な春を迎えんとする詩人の姿が見出される。「うぐいす」(「夏草」所収)の第七聯に、

 げに春の日ののどけさは
 暗くて過ぎし冬の日を
 思い忍べる時にこそ
 いや楽しくもあるべけれ

 と歌った一節には、修辞をこえた体験のうらづけが偲ばれる。透谷は、そしてその死は、思えば藤村が自己型成の途上における被オッツの踏台であった。藤村自身後日述懐して「殊にわたしのはじめたものは詩であったし、足許はまだ暗かったし、これから先、自分の内から生れて来るものを護り育てて行くには、かなりの勇気と忍耐とを要した。このわたしを励ますものは、いささかな活動によって身をも心をも救うことの出来た仙台時代の経験と、来るべき時代のために踏台となることを覚悟して行ったような北村透谷の死とであった」と語っている。「北村君のように進んで行った人の生涯は、実に妙なもので、掘っても掘っても尽きずに、後から後から色々なものが出て来るように思われる」という彼の言葉も、そうしたところから考えられなくてはなるまい。藤村に「鷲の歌」という詩があって、「一葉舟」に収められているが、これは老若二羽の鷲の姿を対照せしめつつ象徴的にジェネレーションの隆替を歌ったものである。

 霜ふりかかる老鷲の一羽をくわえ挑むれば
 夏の光にてらされて岩根にひびく高潮の
 砕けて深き海原の岩角に立つ若鷲は
 日影にうつる雲さして行くへもしれず飛ぶやかなたへ

 となっている。この老鷲に透谷を、若鷲に藤村自身を、この場合、認めることはあながち不当ではなかろう。とにかく、藤村が透谷を超えて、生くべきことを信念としえたとき、そのとき、公私さまざまの煩懐を棄揚して、「漸くわたしは一切から離れることの出来る古い仙台の都会に身を置き得たような心地がした。……まだ年若なわたしの胸によく浮かんで来たものは、『詩歌は静かなるところにて想い起したる感動なり』の言葉であった。黙しがちなわたしの唇はほどけて来た。そして、これらの詩が私の胸から迸るように流れて来た」と述懐する彼の夜明けが、そして我国の近代詩の暁紅がやって来た。「藤村詩集」に自ら序した散文詩の壁頭に「ついに、新しき詩歌の時は来りぬ。そはうつくしき曙のごとくなりき」とことあげしたその時に、これはほかならぬのである。』

島崎藤村と西欧詩4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です