島崎藤村の「破戒」解説1

東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から岩永胖氏による“「破戒」成立の根本問題”島崎藤村が書いた「破戒」における問題点などについて解説した内容です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

「破戒」成立の根本問題

          岩永胖

  
 「破戒」と「蒲団」との間に、近代リアリズムの私小説的屈折を指摘することは、私の見た限りでは、平野謙氏の「破戒」論(平野謙著「島崎藤村」に所収。河出書房刊市民文庫。)に端を発し、中村光氏の「風俗小説論」を始め諸家の近代文学研究論(西郷信綱著「近代日本文学史」のこと)において、最近では一種の定説らしい形を取り来っている。
 平野氏は「一杯のんでもらはねばならぬ地親さんや丑松の留任運動の方法を訓戒する校長などの存在に裏づけられて、『破戒』が特殊な人間群に内発する社会的抗議を芸術の言葉にまで晶化し得た事実」を指摘すると共に、「破戒の弱点」は、「全篇を通じて、藤村自身の主観的感慨を以て必要以上に丑松の真理を塗りつぶしてしまったその描法にもっともあらわである。」といっている。「主観的感慨」を以て主人公の心理を塗りつぶしながら、どうしてそれが芸術的な社会的抗議の力にまで至り得たか。氏の「破戒」論がもつ矛盾は、こうした問題をその破れの奥からのぞかせているようである。
 
 「『破戒』には恐怖(おそれ)、哀傷(かなしみ)、哀憐(あわれみ)などの言葉とならんで、眺め入る、泣くという言葉が随所につかわれているが、すべて藤村流の含みを持った一聯(いちれん)のボキャブラリーにほかならない。すなわち藤村は一部落民の子の悶えを決して上からの同情者として眺めてはいないのである。藤村は丑松に眺め入り、眺め入りつつ泣くことによって、その運命の烈しさに黙って抗議しているのである。(略)その主題的真実性の保証もまたそこ(平野謙著「島崎藤村」のこと)にある」 』

スポンサードリンク

 「恐怖、哀傷、哀憐」と共に「眺め入る、泣く」という言葉こそ、所謂「主感的感慨」であろうと思われるが、それならば「主観的感慨」を以て丑松の真理を塗りつぶしたことは、作品「破戒」の弱点ではなくて、むしろ帰って強味ではないのか。即ち「その運命の烈しさに黙って抗議し」、「主体的真実性の保証もまたそこにある」のであれば、弱点どころか、強味ではないかと平野氏の所論に対する疑問が湧いて来る。そして、また平野氏のように、「恐怖、哀傷、哀憐」などの一連の言葉は、「主観的感慨」もしくは、単に藤村流に含みをもったボキャブラリーといってしまっていいか、どうかにも疑問がある。(島崎藤村著感想集「春を待ちつつ」・「ドストエフスキーのこと」参照)
 平野氏の「破戒」論には、その渉猟せられた上梓当時の批評文がおびただしく列挙してあるのであるが、それは早稲田文学に出ていた一覧によられたものではないかと思われる。しかし、「破戒」をめぐる批評その他の調査に基いての苦心の業績だとは認められるが「破戒」そのものに突き当っての腑分けにはなっていないようで、いわば作品研究とは別個の、「破戒」評論の研究に重点が傾いているようである。
 例えば、藤村が「鬱勃とした精神でこの作を貫くべく決心した」といった現代長編小説全集の序に対して、平野氏が「労働者運動がひとつの波として昂まって来た昭和四年五月には『鬱勃とした精神』という言葉で語った藤村の態度」として特筆しながら、実はこの言葉が作品「破戒」の用語そのものに基くことを看過し、その作品の内部における意義について一言も触れ得ていない点などは、そうした作品そのものの研究についての氏の傾向態度を示すものであろう。
 即ち、第十八章の末尾に、猪子蓮太郎について同僚勝野文平と論争する丑松を描写して、

 「僕は君、これでも真面目なんだよ。まあ、聞き給えー勝野君は、今猪子先生のことを野蛮だ下等だと言われたが、実際お説の通りだ。こりゃ僕の方が勘違いをしていた。左様だ。あの先生もお説の通りに獣皮(かわ)いじりでもして、神妙にして引込んで居れば好いのだ。それさえして黙って居れば、彼様病気などにかかりはしなかったのだ。その身体のことも忘れてしまって、一日も休まずに社会と戦って居るなんてー何という狂人の態だろう。噫(ああ)、開化した高尚な人は、予め金牌を胸にかける積もりで、教育事業などに従事して居る。野蛮な下等な人種の悲しさ、猪子先生などには其様成功を夢にも見られない。はじめからもう野末の露と消える覚悟だ。死を決して、人生の職場に上がって居るのだ、その概然とした心意気はー悲しいじゃないか。勇ましいじゃないか」
 と丑松は上歯を現して、大きく口を開いて、身を慄わせながら歔欷くように笑った。鬱勃とした精神は体躯の外部へ満ち溢れて、額は光り、頬の肉も震え、憤怒と苦痛とで紅くなった時は、その粗野な沈鬱な容貌が平素よりも一層男性らしく見える。銀之助は不思議そうに友達の顔を眺めて、久し振で、若く剛く活々とした丑松の内部の生命に触れるような心地がした。(圏点筆者)

 ここにある「鬱勃とした精神」こそ、まさに「労働者運動がひとつの波として昂まって来た昭和四年五月」に、藤村によって言われたのみでなく、それはすでに「破戒」そのものの内部に描かれた言葉であり、「予め金牌を胸にかける積もりで、教育事業などに従事している」ところの、「開化した高尚な人」ー校長、郡視学、勝野文平等に対して、「其様成功を夢にも見られない。はじめから野末の露と消える覚悟」の「野蛮な下等な人種」たる猪子蓮太郎、瀬川丑松、それに青年教育者達の闘争の精神なのである。ここには教育労働の内部における対立と、人種的な対立とが堅く結合されて採り上げられている。』

島崎藤村の「破戒」解説2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です