島崎藤村の「春」と「家」解説1

東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から藤井義明氏による“「春」と「家」”は島崎藤村が書いた「春」と「家」についての解説です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

「春」と「家」

      藤井義明
 
 「春」は明治四十一年四月から東京朝日新聞に連載せられ、さらに多少の書きなおしが加えられて同年十月緑陰叢書第二篇として単行本になったものである。このとき藤村は三十七才、浅草新片町に居を移して三年目に当り、所謂小諸の山をおりてから四年目にあたる。
 「春」という作品は「破戒」に次ぐ第二の長篇小説であり、「破戒」が第一回の長篇小説として成功したために作られた作品ともいえようが、「破戒」と比較してみるとき、そこに大きな相違点があり、また「破戒」と比較してみることによって、この作品の創作手法や価値がほぼ分るように思われる。
 そこで、「破戒」と相違する点と共通する点とを挙げて、それを検討してみると、先ず「破戒」との相違点は大きくいって次の三点が考えられる。
 
 一、「破戒」は部落民という特殊階級を問題としたいわば社会悪暴露というべき一種の問題小説であるが、「春」にはそのような問題小説的なものは見られない。
 二、「破戒」は実在の人物や実際の話をそのまま描いた小説ではなく、作者の空想によって生まれた空想物語である(もとより部落民については作者藤村はよく眼のあたりみてしらべてはいたが)。しかし「春」は事実あったことを材料として書いた写実小説である。
 三、「破戒」は背景の設置や人物の登場のさせ方になかなかの用意が見られ、劇的な構成によって出来上っている小説であるが、「春」は背景にも人物にもさほどの劇的構成は見られず、平板に絵巻物のように描いた小説である。

 まだまだいろいろ異なる点はあろうが、主なるものとして以上の三点を挙げたい。「破戒」を脱稿したのは明治三十八年であり、緑蔭叢書第一篇として出版せられたのが翌三十九年である。そしてその又翌年の四十年には「春」の準備が着手せられたのである。わずかなこの時の違いによってどうして右のような作品の上野相違点が生まれたのであろうか。これは大変むずかしい問題であるが、私は藤村という人の性格と、その現実生活と、ありのままに人生を見るといった自然主義の態度とによるところが多いものと思う。第一の点については私はこう考える。藤村は孤独な詩人として出発した人であり、元来が大きな社会問題をとりあつかうにふさわしい人ではない。もとより社会問題には独自の意見はもっていて、後に書かれた随筆などにはなかなか参考とすべきことが述べられてはいるが、社会問題を小説にとりあつかって自分の芸術にすることは出来なかった人である。それゆえに「破戒」に示されたような特殊階級についての社会問題などは後の作品にはあらわれてはこなかった。「破戒」がよく自然主義の作品であるといわれるが、これはありのままに人生を見つめるといったような自然主義ではなく、社会悪を暴露してこの世の中を改良にみちびこうといった意味の自然主義と思われるが、藤村はこういった意味の自然主義作家にはなり切れなかったものと思われる。
 第二の相違点の空想物語とそうでない物語ということについては、これも一概にその相違の原因をこれと断定することは出来ないが、その主なる原因として、藤村の執拗にものを見、考える性格と、その体験した現実生活のきびしさと当時起っていたありのままにものを見つめるという自然主義の影響とが考えられる。若い頃にはかなり藤村も空想豊かな人であったと思われるが、一面ものを普通の人以上に深く見るところがあったと考えられる。その体験した現実生活のきびしさというのは、結婚生活の為にやぶれ、長女次女三女を相次いで失い、生活も楽でなかったというようなことであって、それがために藤村の眼は空想の世界を夢見る暇も少なくなって現実へ現実へと向けられていったものと思われる。そこへもってきて事実凝視といった自然主義の影響というものがあって、「破戒」に見られる空想性はなくなっていったものと見られるのである。
 第三の相違点である劇的構成ということは、第二の相違点におのずから関連のあることで、空想の世界は作者の力倆によっていくらでも劇的にそれを描いてゆくことが出来るが、現実の世界は作者が劇的意図をもっていても事実というものの制約を受けるのであるからこれを読者の胸をとどろかせるような劇的小説には表現出来なくなってゆくのでかような相違点が生じてきたのであろう。
 以上述べた「破戒」と「春」の相違点はきわめて重要なものと思われる。何故ならば「春」以後の小説はいずれも「破戒」の創作手法を用いずに「春」の創作手法を用いているからである。即ち春の創作手法によって藤村文学の方向がきめられたと見られるからである。正宗白鳥氏は「文壇人物評論」の中で次のように述べている。

 「破戒」は着想にも文章にも以前の文学に見られない清新なところがあって、相当に面白い小説であるに関わらず、まだ作者が自分の芸術についての方針の定まらない時分のものとなすべきであった。新時代の文学者としての藤村の事業は「春」からはじまると言っていいのである。態度があそこで極った。

 たしかにこの通りであって、藤村は「春」以後「家」「桜の実の熟する時」「新生」「ある女の生涯」「嵐」「分配」そして「夜明け前」と「春」の手法によって創作活動を展開して行った。』

島崎藤村の「春」と「家」解説2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です