ハロウィンはいつ?ハロウィンの由来、ハロウィンのおすすめ料理

ハロウィンの起源やいつあるのか?また、ハロウィンに意外や意外、和の食材を使ったおすすめハロウィン料理を紹介してみました♪

スポンサードリンク

ハロウィンっていつあるの?

お店によっては、夏ごろからハロウィン関係のグッズを店頭に並べたりするため、意外とハロウィンがいつなのか判らない方も多いようです。
現に、私の母も「ハロウィンっていつなの?」と尋ねてきたことがあります。

なので、ハロウィンは10月最後の末日だと覚えておくといいでしょう。

ハロウィン = 10月31日

これは、毎年変わることはありません。
もっと厳密に指すと、10月31日の夕方から夜にかけてのお祭りとなります。
ですが、日本ではアレンジされて10月の最後の一週間に関連のお祭りを開催する遊園地や、一ヶ月以上のロングスパンでハロウィンをテーマに楽しめるテーマパークなどがあります。

ハロウィンの由来

一般的にハロウィンと聞いて思いつくのは、恐らく子ども達が魔女やオバケの姿に変装し「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ~!」と近所の家庭をまわり、キャンディやクッキーを貰って歩くイメージではないでしょうか?
元々は、日本のお盆と近いお祭りで、10月31日はあの世とこの世が繋がるため、あの世からやって来たよくない精霊や魔女から身を護るために、それらと同じ格好をすることにより、災いから逃れようとしたことが始まりでした。

なので、ハロウィンパーティーで仮装をするのはそのためなんですね。

日本では、「ハロウィン=仮装するお祭り」として定着しているため、各地であるハロウィンパーティーにて仮装コンテストを開催しているものが多いのは、そのためです。

スポンサードリンク

ハロウィンにおすすめの料理

ハロウィンに出す料理と言えば、定番のパンプキンスープにかぼちゃコロッケ、かぼちゃ入りポテトサラダ、かぼちゃプリンとケーキ、とどうしてもバリエーションが偏りがちになりますよね。
なので、驚きを兼ねて今年は柿を使った料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?
あれ?これって何だろう?食べてみてびっくり!柿だった!

▽柿の白和え

▼材料(3、4人分)

柿(甘柿)一個、ほうれんそう一束、春菊二株、絹ごし豆腐一丁
すりごま大さじ一杯、みりん・薄口醤油 各小さじ1杯

▼作り方

1 春菊とほうれんそうを混ぜて、一緒に塩茹でにする。
 水を切り、3cm大に切る。

2 柿は皮をむいて、たんざく切りにする。

3 ボウルに水を切った豆腐、すりごま、みりん、薄口醤油を一緒に入れ、混ぜる。

4 3に1、2を入れて和えて完成!

▽干し柿のおやつ

▼材料

干し柿5個、オレンジピール大さじ1杯、ローストしたくるみ10~15個

▼作り方

1 干し柿に縦に切れ目を入れ、横にひらきます。

2 中にオレンジピールと、縦長に切ったくるみを2、3個置き。巻き寿司のように巻きます。

3 輪切りにして完成!

※ おせち料理に詰める、箸休めの甘味としても使えるレシピです♪

さいごに

柿は、ビタミンCがたっぷり詰まったこの時期には欠かせない果物です。
また、葉やヘタはお茶にすることができます。皆さんが大抵、思い描く柿は甘柿。紡錘の形をした柿は渋柿で、干さないと甘さがのりません。
渋柿は、すぐにカビが生えてきやすい食材です。購入時は、保管に注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です