島崎藤村の「新生」解説1

東京堂から1961年に出版された「明治大正文学研究 特集 島崎藤村研究」から井上豊氏による“「新生」の問題”は島崎藤村が書いた「新生」についての解説です。以下、『』内の文章は左記の論文からの引用となります。また、掲載にあたって、全て現代語訳しております。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

「新生」の問題

       井上豊
 
 藤村の「新生」はダンテの「新生」と同じく愛を中心とした自伝的な作品である。ただしダンテは清純な恋をえがいているが、藤村の「新生」は肉欲に傷ついた人間が、精神的な愛にめざめる家庭を扱っている。ダンテの「新生」について事実か想像か問題があるように、藤村の「新生」にも伝記か創作か区別しがたいようなまぎらわしさがある。しかし藤村の場合著者は創作として造っているのであるから、どこまでも作品として扱うべきであろう。

    

 主人公の岸本は、妻の死別後、荒涼たるデカダンスのうちに絶望的なあがきをつづけていた。そうした心境については序章がよく語っているが、「生存の測りがたさ。全て岸本が妻子を引連れて山を下りようとした頃に、斯うした重い澱んだものが一生の旅の途中で自分を待受けようとは、奈何して思いがけよう。中野(註一)の友人にやって来たというような倦怠は彼にもやって来た。かつて彼の精神を高めたような幾多の美しい生活を送った人達のことも、皆空虚のように成ってしまった。云々」等の言葉にも明らかである。ロマンチックな昂揚のあとの頽廃であり、それはまた時代的な雰囲気でもあった。「新生」は明治四十五年(四十一才)から大正七年(四十七才)にいたるまでの藤村の生活に取材し、大正七年から八年にかけて発表されているが、ちょうど自然主義の盛時から新理想主義の時代にわたっている。こうした時代傾向は「新生」の作品構成に多分に影響をあたえているようである。岸本は妻園子の死後、女性嫌悪の心から独身をつづけ、再婚問題などにも耳をかさずにいたのであるが、皮肉にも手もとにおいていた姪の節子と道ならぬ関係に陥った。節子は「かつて愛したこともなく愛されたこともないような娘」であり、「特に岸本の心を誘惑すべき何物をも」もたなかった。その節子と過失をおかしたのであり、過失の後始末が「新生」全体の骨子とされているわけであるが、過失のプロセスについては一向にふれず、ただ「犯すつもりもなく斯様な罪を犯した」、といい、「陥穴のようなところへ墜ちていった」ともいっている。さりげなく書かれてはいるが、単なる肉欲の衝動でも偶然の過失でもなく、運命的な不思議な力のなすわざであった。偶然のように見えながら必然と結びついている。岸本は八才の頃はじめて激しい初恋をしったとあり、青年時代の恋で新しい世界にめざめるとともに、恋の苦しさもしり、無知な妻との夫婦生活で情痴を楽しみつつ、一面ではいたましい孤独にも堪えねばならなかった。(後日の不幸はこの孤独に胚胎したと言っている。)妻の死後女性にたいしては冷淡にとおし、独身生活をばひそかに異性にたいする復讐とまで考えていたが、矛盾をはらんだ女性観はついに手きびしい仕返しをもって報いられることになった。

スポンサードリンク

 岸本は狼狽した。思いあまって巴里に旅立つ。遠く離れることによって、肉欲のきずなを断というとした。節子は切々たる思をうったえてきたが、愛を感じない。岸本が苦しんだのは、ただ過失にたいする罪悪感からであり、過失がうんだ結果にたいする恐怖のためであった。過失のあとでも妊娠の事実を告げられてはじめて驚いたことになっている。罪悪観としては不純といわねばならないが、基督教の洗礼をうけたり、ミッションスクールの教壇に立ったりしたことのある作者が、これらの点について曖昧を極めているのは不思議な感じを与える。もっとも藤村の洗礼を受けたころの信仰は不徹底なものだったらしく(この点については笹淵友一氏の「国語と国文学」に発表した研究がある)はやくから宗教と芸術のアンチノミーに悩んでいたようである。岸本は外遊に先だち節子の父親にだけ秘密をもらし、罪の子の後始末を頼んででかけたのであるが、節子にたいする気持はただ恐怖と哀憐に過ぎなかった。三年間懊悩をつづけたはてに結局帰国の覚悟をきめる。節子には結婚をすすめ、自分も再婚の決意のもとに帰ることになる。外国への逃避行といい、帰国後の方針といい、岸本の態度には無責任なエゴイズムが目だつ。
 もっとも岸本にしてみれば、フランス行きは絶望的な逃走であって、異郷に骨を埋める覚悟もあったのであり、帰国の覚悟ができたのは新生の一段階を意味した。かくて「新生」上巻の終りは、「死の中から持来す回生の力ーそれは彼の周囲にある人達の願いであるばかりでなく、また彼自身の熱い望みであった。春が待たれた」、といった言葉で結ばれている。エトランゼーとしての流離孤独の生活は生にたいする愛着の念をよびさまし、泥沼のような頽廃的な現実から脱けだす日が来たのである。

 註一。「中野の友人」蒲原有明をさすらしい。有明との関係については、有明の「先駆者としての藤村」(「芸林間歩」第三巻第一号)も参考になる。 』

島崎藤村の「新生」解説2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です