島崎藤村の主要作品における解説1

1957年に河出書房新社より出版された「日本国民文学全集 第二六巻 藤村名作集」より瀬沼茂樹先生の解説を中略を多く挟んだ上で下記の『』内にて引用及び現代語訳しております。この解説は島崎藤村の主要作品を時系列に沿って解説した内容となっており、島崎藤村の興味や思考を理解する上で大きく助けとなります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

 『解 説
    瀬沼茂樹

スポンサードリンク

 近代日本文学のなかで、人並以上の長寿を完うし、しかも障害を終るまで、常に第一級の仕事につとめて倦まなかったという作家は数えるだけしかいない。島崎藤村はその稀な少数の作家の一人である。藤村は昭和一八年(一九四三年)に数え年七二歳で没したのであるから、詩人として最初の詩集『若菜集』を刊行した明治三○年(一八九七年)数え年二六歳のときから数えても、ほぼ五○年近い年月を、詩人・作家として、実に生真面目なまでに文学という仕事に余念なく一身こめてうちこんでいった。この五○年間に成就した仕事は、詩集四巻、短篇小説集五巻、長篇小説七篇、童話集五巻、感想集五巻、紀行四巻その他という量にのぼり、或いは量だけをとってみると、長寿に比較して、かならずしも多いとはいえまい。~中略~
 かように作品の数こそ少なかったが、そこととは逆に、質的には仕事を集中・吟味・彫啄していったことになり、その作品は藤村の名とともに不休を克ちえているし、彼自身も近代日本文学を代表する少数の大作家の一人に位置している。~中略~
 もし国民文学ということを言いたてるんらば、藤村こそ日本国民および国民生活の根から生えた一番その名にふさわしい国民的な国民文学の担い手であったというべきである。鴎外や漱石が知識人んお生活のなかから人間存在の本質を知的に追及して、最終的に悟りや諦めにたっした知識人の文学であるとするならば、藤村は自己および自己の周囲からではあったが、凡庸な生活者の日常生活のなかから、日本および日本人の自然な、また社会的な生活関係をとりだして、これを知的に組織することにつとめたものである。~中略~
 藤村の国民文学の最初の形態は近代詩であった。
 
 まだ自我のめざめの幼い明治二○年代に、一方においてはプロテスタンティズムの洗礼をうけ、他方においては近代思想、とりわけルソーの『告白録』に接して、「今まで意識せずにいた自分というものを引きだされるような気がし」て、「近代人の考え方」に入っていったとは、みずから回想するところである。~中略~
 藤村は、ベアトリーチェ、オフィーリア、マーガレットのような「永遠の女性」をみとめても、そこに女性崇拝は結実せず、むしろ恋愛へのあこがれと変えられ、小春、梅川、お七などの江戸文学のヒロインに代表せられる悲恋のイメージに結びついている。
 人間性の主体的なめざめは、これをとりまく宗教・教学・政治・社会などの封建的な生活習慣・伝統・制度の「束縛」にたいして、明治社会においてはなお批判と破戒とを呼ぶような危険きわまるものと見られ勝ちであった。~中略~
 すなわち、人間性のめざめがおのずから恋愛感情の解放となるー恋愛の自由に生命の根源的な働きを認めて、その価値を声高く高揚するー自己感情の充溢を自然な激情として発揮する「束縛」によって悲恋のおもむきをしめす、徳川期の庶民生活のなかで親しまれた女主人公たちの登場が自然となった所以であろう。その上で、藤村は、これらの処女たちの内面において、恋愛感情を解放しながらーそこに官能的なエロティシズムを発散するー同時に外的な「束縛」によって、これを抑制していかなければならないことになった。そこで、七五調や五七調という伝統的な定形率の枠のなかで「平俗談語」によりながら、新しい詩語を発掘していくという迂回した道をとった。それは、いわば庶民的な国民感情を通して、庶民的な歌調をもって、うたいあげたということであろう。これこそ佐藤春夫が「やや高級に格調の高い民謡の如き感さえある」といったことであり、藤村詩が長くひろく日本国民の間に愛誦せられる国民詩となったのは却ってこんなところに由来するのである。
 藤村における恋愛詩が恋愛へのあこがれであり、恋愛の昇華と理想化とによるロマン的な憧憬だとすれば、それが他面において恋愛の実現を無限の可能性に追いやる恋愛への漂泊でもある。漂泊は人生の浪漫化の一つの姿態にほかならぬが、『草枕』のような漂泊詩がすでに自伝詩ー自己の生涯の内面化による人生的把握であったことを想起しなければならぬだろう。藤村文学が自己および自己の周囲の生活に取材して、そのかぎりで一貫した自伝的文学である趣きはすでに遠くここに淵源していた。~中略~』

島崎藤村の主要作品における解説2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です