島崎藤村の主要作品における解説4

島崎藤村の主要作品における解説3の続きです。1957年に河出書房新社より出版された「日本国民文学全集 第二六巻 藤村名作集」より瀬沼茂樹先生の解説を中略を多く挟んだ上で下記の『』内にて引用及び現代語訳しております。この解説は島崎藤村の主要作品を時系列に沿って解説した内容となっており、島崎藤村の興味や思考を理解する上で大きく助けとなります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

『『春』は、前にも一言したように、数え年三七歳の時に、一五年前の『文学界』の仲間に取材した作品である。『破戒』のもつテーマの一つである『青年時代の悲哀(かなしみ)』ーこれには『若きウェルテの悲哀』の匂いがあり、そういえば藤村の習作である二二歳当時の劇詩『朱門のうれい』も関連があるーを仮構の世界にさぐっている間に、昔の自分と僚友との世界が思い出されたのであろうか。恋愛と友情と芸術とが青春の悲哀を定着するための具体的な主題を形づくるが、それらは基本的には『破戒』と同じ結構をもって、新しい生命の主張と古い習慣と形式の束縛との間の矛盾という形で提出されている。この意味で『春』は明治二○年代の日本社会の青春群像を写しながら、『破戒』程度にも社会の実相を外的に写しとることはやめていることに気がつくだろう。それは、主として、主人公岸本捨吉の精神形成として、一種の内面的な人生記録をつづることにあったからである。
 岸本の精神形成にとって最も重要な先導者の役をしたものは青木駿一である。青木駿一が北村透谷に与えられた小説名であることは、作者自身が『春』の本文の中に透谷自身の詩文『人士絵に相渉るとは何の謂ぞ』その他を引用して、これを隠そうとはしていない。その上、藤村は青木が「真実に、岸本さんは貴方に克似ていらっしゃる」と妻の操をしていわせているように、青木と岸本との相似性においてみている。これは『破戒』の蓮太郎・丑松の関係よりも一層密接に、自己の精神の源泉を青木にみることであり、言いかえれば、作者が自己の源泉として透谷から学んだかぎりを青木の姿をかりて描くということであろう。青木は岸本の理想像だったので、現実の透谷の肖像と異るところがあっても、一向に差支えないのである。この点、佐藤輔子である勝子という女性との恋愛が、『春』に描かれているかぎりでは、恋愛というべきかどうか疑わしいほど、藤村詩と同じ位相の恋愛へのあこがれにとどまっているのと類似している。勝子と捨吉の逢引が、その話題からいえば、きわめて世俗的な世間話であったことにも通じている。(このような自己感情を言い表しにくいことが恋愛の実相であるともいえるが)。青木の場合といい、勝子の場合といい、その友情や恋愛がすべて捨吉にとっての意味において、捨吉の精神形成において語られているという所以であろう。

スポンサードリンク

 ところで、青木は自殺し、勝子は許嫁者に嫁して病死する。捨吉も、漂泊の末に品川の妓楼に遊んだ後、自己嫌悪から自殺を決意するところがある。青年の精神的な動揺が時に死を思うても、強健な肉体と強靱な情欲と旺盛な好奇心とは、簡単に自殺を許すはずはない。この点、青木である北村透谷のような詩人・思想家の場合とはちがっている。藤村は青木の死を考えて「僕にも解らない」という吐息をもらすのも当然である。しかし、かれらの一人がいうように「俉儕はすこし早く生れて来過ぎた」ことが青木の死を招いたにはちがいない。永遠・純潔・自由などの理念をかかげて、この理想によって、これを阻むものと戦っていった先導者透谷の思想は、彼自身の精神や身体を苛(さいな)んで、心身ともに乱れる危機に直面している。透谷の思想は実社会に敗れ、その実社会に敗れた「厭世詩家」が拠るべき「想世界」は「実世界」の犠牲においてのみ成立するものであった。それは思想の自殺にほかならぬ。その上、彼が行った自由恋愛・結婚は、若い夫婦を貧困と窮地とに追いこんで、「惨として相対するような」破綻に逢着させる。透谷は思想の実現としての自己の生活にも敗れていたのだ。内外からする絶望が暗い虚無感となって「遂に之を如何ともするなきを知る。余は多くの者に欺かれたり。希望にもライフにもすべてのもの余を苦しむるなり」(明治二六・九・四・透谷の『日記』)として、みずから死に赴いた。それらのことは、藤村の語るところによっても、納得されないことはない。
 ところで、藤村はあくまで実生活者として、透谷の死に学びながら、自己の生活の危機を脱出している。透谷の悲劇が、自我や個性のめざめを、実生活から離れたところで、ただひとり背負っていったがために、実生活としての国民生活の様態からみれば、浮きあがったものになっていたことを知っていたのである。明治二○年代の『うき雲』や『舞姫』のような知識人の悲劇は、そうして国民生活から浮き上り、片隅に押しだされて「余計者」となったことである。実にあの時代には文学としても悲劇的作品が多く出て、片岡良一のような文学史家はために「悲劇時代」と呼んだほどである。或る意味で透谷の悲劇もまたこれに通じている。
 そこで、藤村は逆に生活者として国民生活のなかに、「ああ、自分のようなものでも、どうかして生きたい」という溜息をもらしながら、生きる道を見出したのである。~中略~
 わたしは『春』が藤村と『文学界』の僚友たちの明治二○年代の青春群像でありながら、平凡な日本人の立場からする青春像たりえている根拠がそんなところにあるのではないかと思う。』

島崎藤村の主要作品における解説5へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です