井上靖による島崎藤村の解説1

中央公論社から1964年に出版された「日本の文学6 島崎藤村」から井上靖氏による島崎藤村の解説は、当時の藤村の偉業について明瞭に説明しており大変解りやすいのが特徴です。以下、『』内の文章は左記の解説からの引用となります。島崎藤村の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

解説
   井上 靖

 今年になってから、この島崎藤村集の解説を書かねばならないので、少しずつ心掛けて藤村の作品やら、それに対する解説、批評、または評伝、ゴシップに類するものまで、手当り次第読んで来た。藤村に関する参考文献は非常に多いので、もちろんその何十分の一かに眼を通したに過ぎないが、それでも私としては、一人の作家についての文章をこれほど多く読んだことはなかった。これまでは私は決して藤村のいい読者とは言えなかった。藤村に文学者としての不滅の輝きを与えた「家」や「夜明け前」も、それを完全に読んだのは大学をおえて社会人になってからである。藤村と同時代の他の作家のものは一応こまめに読んでいたが、どういうものか藤村には手が出なかった。「家」も「夜明け前」も読まなければならぬ作品らしいので読んでおこうといったそんな読み方であった。

 藤村の孤独な貌

スポンサードリンク

 こんど改めて藤村の主な作品の全部に眼を通した。そして藤村が鴎外、漱石と並んで、近代日本文学の高い嶺と目されていることがきわめて当然であることを、今更ながら思い知らされた気持だった。文学者としての藤村の生涯は立派である。その業績の持つ大きな意味は後で述べるとして、その生き方だけを考えても、終始、文学者としての厳しさに貫かれた稀有なものであるし、その創作態度も、「東方の門」執筆半ばに倒れるまで、文学者としての誠実をもって貫いてみごとである。また一方で、藤村の主な作品を読んで、藤村に馴染めない作家や文学者のあるということも判る気がした。私にしても依然として自分が藤村の愛読者であるという思いを持つことはできなかった。これは、しかし、藤村を傷つけることにもならないし、非礼にわたることにもならないであろう。藤村に学ばなければならぬものは実にたくさんあり、藤村を読み直したことは、私にとってはやはり一つの大きな事件であった。
 私は藤村に会っていない。一度でも合う機会に恵まれていたら、どんなによかったかと思う。藤村と同じ時代に生きた作家の誰にも会っていない私が、藤村に会わなかったことをことさら取り上げて言うのはおかしいことであるが、この小文を綴るにあたって、しきりにそのような気がしてならない。鴎外、漱石、花袋、そうした人たちの場合は、写真を見ても特別な穿鑿的(せんさく)的な眼をあてることはない。鴎外はこんな顔をしていたのかとか、花袋はこんな顔をしていたのかとか、そんなことを思うだけのことで、その写真の顔を、その性格や、引いては作品に結びつけて考えさせられるようなことはない。鴎外の顔は「雁」とも「渋江抽斎」とも無関係にそこにある、と言ってもいっこうに差しつかえないと思われるが、その点、藤村は少し違うようである。私は藤村の若い時の写真でも、晩年の写真でも、そこに映っている藤村の顔を、その作品と無関係なものとして切り離して眺めることはできない。
 写真の藤村の顔は実にたくさんのものを併せ持っている。私は藤村の写真を見る時、無意識にその顔の中からいろいろなものを選り分けようとする。どうもそうしたことをしているように思われるのである。藤村の顔が私にそのようなことを強いるのか、藤村の作品が私にそのような見方で藤村の顔を見させるのか、そのいずれであるかは知らないが、こうしたところが、作家としての藤村が他と異っている独自なところではないかと思う。藤村の顔は写真で見るかぎりかなりみごとな“孤独”の浮き彫りである。藤村は晩年、石井鶴三氏の塑像のモデルになっており、これは穏やか肖像彫刻に仕上がっているが、藤村は晩年このような穏やかな顔になっていたのかと意外な思いで眺めたことがある。この晩年の彫刻は別にして、写真で見るかぎり藤村という巨大な孤独な精神が実に雑多ないろいろなもので形成されているのを感ずる。しかもそれが、求道者的な静かなつつましい姿勢に統一されているのを感ずる。誰でも知るようにこの閉鎖された精神は、告白という特殊な形において外部への通路を持っているのであるが、そのこともまた頭のどこかに置いて、私は藤村の顔を見ているようである。

 藤村ほど己が文学に真摯な信奉者を持っている作家はない。と同時に、藤村ほど同時代の一部の作家から冷たく見られた作家もないのではないかと思う。が、これは藤村のような型の作家の場合、きわめて当然なことと言わなければなるまい。作家は例外なしに精神の内部に秘密工場を持っており、そこで青い火を燃やしたり赤い火を燃やしたりしているが、藤村はいってみればその秘密工場の公開に、己が文学者としての立場を置いているようなものである。藤村文学の信奉者はそうした作家としての態度や姿勢に魅せられ、藤村嫌いはそこに己が好みに合わぬものを感じる。しかし、秘密工場は所詮、秘密工場である。いくら公開しても、それを操作する秘密までは披露できないのである。藤村研究家は、この秘密工場の操作の不分明なところに藤村理解の手がかりを発見しようとする。
 私は藤村に会っていたらよかったと思う。藤村の孤独な貌(かお)の中の二つの非凡な眼、ー生臭くして清純、猜疑深くて敬虔、優しくて強靱な二つの眼を、私は自分の網膜に収めておきたかったと思うのである。』

井上靖による島崎藤村の解説2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です