アロマキャンドルの作り方

アロマキャンドルを購入してみたはいいものの、思った以上に匂わなかったり。いざ火を灯してみたらあまり好みの香りでは無かったりした経験は無いでしょうか?ここでは、アロマキャンドルの作り方をまとめてみました。

スポンサードリンク

アロマキャンドルを作る前に

キャンドルのサイズと材料、道具を確認しましょう!

★キャンドルの仕上がりサイズ

 直径4cm×高さ3cmの物が約5個分

★キャンドルの材料・道具

 ビーズワックス 120g
 お好きな精油 20~50滴
 ろうそく専用糸芯 50cm(ご自宅にあるろうそくを割って取り出してもOKです)
 紙コップ 小 (90ml)5個
 つまようじ 10本
 輪ゴム 5個
 混ぜる棒(割りばしなど)
 湯せん用の小鍋
 耐熱容器(ビーカーにとってが付いたものが便利です)

アロマキャンドルを作る手順

1 紙コップの底の真ん中に小さな穴を開けます。
 穴に糸芯を通し、底の外側に結び目を一つ作ります。大きな穴を開け過ぎた場合は、結びを大きくしましょう!
 
2 つまようじ2本の端を片側だけでいいので、輪ゴムで縛ります。
 つまようじの間に糸芯を挟み、中心で芯がピンと張るようにします。つまようじは、端がコップのふちにかかるように置きましょう。

スポンサードリンク

3 ビーズワックスを耐熱容器に入れ、湯せんにかけます。
 竹串か割り箸で溶かしながら混ぜます。ビーズワックスが溶けたら、耐熱容器を取り出し、粗熱が取れた時点で精油を入れよく混ぜます。

4 溶けた3を紙コップに手早く流し込み、冷まします。

5 しばらく置き、ワックスが固まったら、つまようじを外して、紙コップを破って中身を取り出します。
 最後に、糸芯を1cm残して切ったら完成です!

アロマキャンドルを贈り物にしてみよう!

せっかくアロマキャンドルを作ったものの、なんだかワックスそのままの色合いが少し寂しい感じがします。
そんな時は、ドライハーブや押し花でキャンドルの外側を綺麗に飾ってみましょう♪

★材料・道具

 キャンドル
 ドライハーブ、または押し花
 糊あるいはボンド
 紙

★作り方

1 紙の上に、横一直線でドライハーブあるいは押し花を並べます。
 キャンドルをころころと紙の上で転がして、一周できる長さにしておきましょう。

2 キャンドルの側面に底から1cm幅部分に糊、またはボンドをつけます。

3 紙の上でキャンドルを転がし、キャンドルの側面についたハーブや押し花の形を整えて完成です!

さいごに
キャンドルをトッピングする方法は既存のキャンドルを可愛らしくすることができます。お気に入りのキャンドルがあるようでしたら、自分なりにデコレーションを楽しんでから灯すこともできますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です