正宗白鳥が語る夏目漱石1

1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の夏目漱石論を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。夏目漱石の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

『私はこの頃、はじめて「虞美人草」を読んだ。この長篇小説は、夏目漱石が朝日新聞に入社最初の作品で、森田草平氏は、「明治大正文学全集」に添附された解題に於て「この作品は、先生が入社後京都に遊んで、帰来直ちに筆を執られたもので、即ち純粋に作家として世に立たれた道程の第一歩で、先生としても比較的此の一篇に力を注がれたらしく、想いを構うること慎重に、プロットの上から言っても一糸乱れず、文章から言っても実に絢爛と精緻を極めたものである」と言っている。
 この批評は当たっている。プロットが整然として、文章も絢爛と精緻を極めていることは、誰にでも認められる。この一篇だけを例に取っても、漱石が近代無比の名文家であることは、充分に証拠立てられる。それでは「虞美人草は読んで面白かったか」と訊かれると、私は、言下に否と答える。「私にはちっとも面白くなかった。読んでいるうちは退屈の連続を感じた」と、私は躊躇するところなく答える。
 漱石は、独歩などと違って、文才が豊かで、警句や洒落が口を吐いて出ると言った風であるが、しかし、私には、そういう警句や洒落がさして面白くないのだ。「猫である」は作者が匠気なく、興にまかせて書きなぐったところに、自然の飄逸滑稽の味が漂っていて面白かったが、「虞美人草」では、才に任せて、詰まらないことを喋舌り散らしているように思われる。それに、近代化した馬琴と言ったような物知り振りと、どのページにも頑張っている理窟に、私はうんざりした。
 馬琴の龍の講釈でも虎の講釈でも、当時の読者を感心させたのであろうし、漱石が今日の知識階級の小説愛好者に喜ばれるのも、一半はそういう理窟が挿入されているためなのであろう。

 「気炎を吐くより、反吐でも吐く方が科学者らしいね」
 「哲学者がそんなものを吐くものか」
 「本当の哲学者になると、頭ばかりになって、只考えるだけか、丸で達磨だね」

スポンサードリンク

 哲学者を評した警句として、読者が感心するのか知れないが、私には、ちっとも面白くない。

 「そよと吹く風の恋や、涙の恋や、嘆息(ためいき)の恋じゃありません。暴風(あらし)雨の恋、暦にも録(の)っていない大暴風(おおあらし)の恋、九寸五分の恋です」
 「九寸五分の恋が紫なんですか」
 「九寸五分の恋が紫なんじゃない。紫の恋が九寸五分なんです」
 「恋を斬ると紫色の血が出るというのですか」
 「恋が怒ると九寸五分が紫色に閃(ひか)ると言うんです」

 こういう気取った洒落は、泉鏡花の小説のある部分と同様に、私に取っては、ちんぷんかんぷんである。
 「長篇虞美人草」の前半は、こういう捉えどころのない、美文で続くのだからたまらない。私はさきに、漱石を無類の名文家と言ったが、名文家というよりも美文家と言った方が、一層適切である。兎に角、彼は美文的饒舌家である。三語樓などが連想される。
 こういう余計なものを取り去ってしまって、小説のエッセンスだけを残すと、藤尾と彼女の母、甲野、小野、宗近など、数人の男女の錯綜とした世相が、明確ではあるが、しかし概念的に読者の心に映ずるだけである。女性に対する聡明なる観察はある。人生に対する作者の考察も膚賤ではない。しかし、この一篇には、生き生きした人間は決して活躍していないのである。思慮の浅い虚栄に富んだ近代ぶりの女性藤尾の描写は、作者の最も苦心したところであろうが、要するに説明に留まっている。謎の女にしてもそうだ。宗近の如きも、作者の道徳心から造り上げられた人物で、伏姫伝授の玉の一つを有っている犬江犬川の徒と同一視すべきものである。「虞美人草」を通して見られる作者漱石が、疑問のない頑強なる道徳心を保持していることは、八犬伝を通して見られる曲亭馬琴と同様である。知識階級の通俗読者が、漱石の作品を愛誦する一半の理由は、この通常道徳が作品の基調となっているのに本づくのであるまいか。』

正宗白鳥が語る夏目漱石2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です