水晶の本物を見分けるコツと種類と仲間

初めて水晶を買う時、「これは本物なのだろうか?」と疑問に思ったことはないでしょうか?ガラスのように見えるけれど、違いが判らない。なので、簡単に見分けられるコツなどをまとめてみました♪

スポンサードリンク

水晶の本物と偽物を見分けるコツ

この水晶、なんだかガラスみたいだけれど、本物か偽物なのかよく解らない……。そこで、水晶とガラスの違いについてまとめてみました。

〇成分は同じ!

実は、水晶もガラスも成分は同じ『二酸化ケイ素』でできています。
しかし、水晶は原子や分子が規則正しく並んでいるため、結晶化しているという大きな違いがあります。

〇触ってみましょう

重く冷たく感じたら、水晶です。ガラスは一度温まると、暖気が抜けずしばらくはぬるく感じます。

〇硬さの違いを確認しましょう

モース硬度と呼ばれる、『表面にキズがつきやすい順』でいけば 

・水晶 モース硬度7

・ガラス モース硬度4

になりますので、圧倒的にガラスの方が傷つきやすく柔らかいです。

〇重さを比べてみましょう

原子構造が規則的なパターンを編んでいる水晶は、同じ大きさでもガラスよりも重いです。

〇水晶をかざしてみましょう

線や文字の上に水晶をかざしてみましょう。ある一定の角度で線や文字が二重に見えます。ガラスではおきない現象ですので、簡単に確認することができます。

水晶に人工的な加工を加えた石

水晶には、天然の水晶に加工を施した石も数多くあります。ガラスとは違うみたいだけれど、よく解らない時に参考にして下さいね。

〇オーラクリスタル

水晶の表面が青く銀色に光って見える水晶です。
これは、水晶に高温でチタンを真空蒸着させ作られた加工石です。青以外にも紫・黄・グレー・無色などがあります。

〇アクアオーラ

澄んだ青緑色から紫などに光って見える水晶です。
これは、水晶に高温で純金を真空蒸着して作られた加工石だからです。

〇クラック水晶

細かなひびが水晶内で見ることができるものです。主に、ブレスレット用の丸玉にこの加工が施してある場合が多く見受けられます。
天然の水晶に急激な温度変化による圧力をかけ、クラックを入れた水晶です。圧をかける途中、割れるリスクがあります。

〇ゴールドストーン

スポンサードリンク

赤茶色の表面に砂金のような輝きを放つ水晶です。
ルネッサンス時代のガラス職人が、銅鍋をガラスの上に落としてしまったところから偶然うまれたものです。出来上がった物が大変美しかったため、そのまま流通したといわれています。

水晶の種類と仲間

水晶にも様々な種類と仲間がいます。代表的なものをまとめてみました。

〇アメジスト/Amethyst/モース硬度7

深い紫色が神秘的な石です。
水晶の変色種で、紫色になったものを言います。ギリシャ神話では持つだけで酒に酔わない石だとされ、古来より人気がありました。

〇アベンチュリン/Aventurine/モース硬度7

深く柔らかい緑色が美しい石です。砂金のような細やかな輝きをみせてくれます。
クォーツァイト(珪岩)が作られる時に、クロムを含む雲母が形成され、それが平行位に並んでいるため深い緑色の中でキラキラと砂金のような輝きをみせます。この効果をアベンチュリンレッセンスと呼びます。

〇シトリン/Citrine/モース硬度7

フレッシュな黄色が眩しい水晶です。
天然のシトリンは産出量が極めて低く、一般に流通している物はアメジストを熱処理加工して黄変させたものがほとんどです。シトロン(クエンの樹)に実る果実の色に似ていることが名前の由来と言われています。

〇スモーキークォーツ/Smoky Quartz/モース硬度7

穏やかなこげ茶色で、見ていて心和む水晶です。
微量のアルミニウムを含む水晶が自然の放射線を受け、こげ茶色に見えるようになった石です。古代ローマではカメオやインタリオなどに使われていました。

○ブルーレースアゲート/Blue Lace Agate/モース硬度6.5~7

淡く優しい青い色もさることながら、細かいうねりが独特のレース模様を楽しませてくれる石です。
縞模様が肉眼で視認できるものをアゲートと呼称しており、そのアゲート類の中でも淡い青色が美しいレース模様の縞目が入ったものをブルーレースアゲートと呼んでいます。

〇ローズクォーツ/Rose Quartz/モース硬度7

穏やかで愛らしいピンク色が特徴的な水晶です。
古代ローマでは印象や指輪などに使われたとされ、ヨーロッパでは制約のある愛を貫いた人に贈られていたと伝わっています。

さいごに

一口に水晶と言っても、多種多様でここでは紹介しきれないくらい様々な仲間がいます。今回は、その中で代表的で目にしやすい物を選んでご紹介してみました。今では、雑貨店などでも普通に取り扱いのある商品だけに迷ってしまいますよね。少しでも購入時の悩みの軽減に繋がったら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です