正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏1

1932年に中央公論社から出版された正宗白鳥著「文壇人物評論」の志賀直哉と葛西善藏を現代語訳した上、左記の本から『』内において引用しております。二人の研究の一助になれば幸いです。


 「荒絹」「老人」「清兵衛と瓢箪」「赤西蠣太(かきた)」「十一月三日午後の事」「小僧の神様」「矢島柳堂」…志賀直哉氏のこれ等の短い作品を読んで、私は、少し大袈裟な言葉であるが、醇乎(じゅんこ)として醇なる芸術に接した感じがした。無難な荒っぽい毛むじゃらな腕をまくって、ゆすり文句を並べているような文学を、屢々読まされている今日、私は志賀直哉氏のある作品によって、胸のすがすがしくなる気持ちがした。強烈なる文学、戦闘的な文学、濃艶な文学、悲壮な文学。古今の文学にはそれぞれの形に於いて存在の価値を保っているのであるが、激しさしつこさを表に現わしていない、和やかな感触を読者に与える芸術も、尊重していいのである。ことにこの頃は、そういうものがなさ過ぎる。
 如上の小説には、淡彩の日本画といったような趣きがある。これ等に比べると、有島武郎氏の作品は油絵である。志賀氏のような作品は、原稿料を当てに生活している作家には、とても書けそうでないが、そこに、文学者としての氏の弱点も潜んでいる。世路の経験を経たあとでも、温室育ちのお坊ちゃん気質の痕を留めているところがあって、読者に与える感銘に於いて損をしている。氏の初期の作品ではあるが、「網走まで」を取って、葛西善藏氏の「急行券」という小品に比べて見るといい。共に、汽車のなかで起った小事件であるが、二人の作者の日常生活を反映していて面白い。無論前者の方が物を見る目も傑れているし、筆の使い振りにうま味もある。しかし、後者の、作者自身に備わっている生活苦から染み出ている哀歓の影に、前者の遊び気分よりも我我の心は惹かれ勝ちになるのを如何ともしがたい。
 それで、志賀氏には「温室育ちのお坊ちゃん」らしい所が、随所に作品に現われていて、時として作品を安っぽくしているが、芸術家としての天分の備わっていることは、葛西氏などとはよほど違っている。人間を見る目が冴えていて、頭脳も粗末でない。

 「老人」がいい。「小僧の神様」がいい。二つとも私の好きな作品であったが、今度新たに読み直して、新たに興味を覚えた。芸術の匂いがしているようで、人生味も豊かだ。こういう作品には、ありがちな感傷語の濫用がない。ユーモアが自ら備わっていて、わざとらしさがない。下品でない。「老人」は、図本の細字で僅か二ページばかりの小品であるが、ある老人の心境を、簡にして細かに写している。作者の初期の作品であるが、若くしてこれだけ客観的に印象明晰に書けたと思う。
 この小品を一つの問題として、もっと批評を進めよう。老人にもいろいろある。概括して言うと、世上の老人というものは、ここに現わされている「ある老人」のように物わかりがよくはない。
 もっといやらしいものである。もっとしつこいものである。もっと意地きたないものである。しかし、老人の醜いところを捉えて、面皮を剥がないで、和やかに彼を取り扱いながら、空疎な描写に堕しないこの小品は、志賀氏の芸術のいい方面をよく代表している。またこういう芸術をも観賞し愛好し得る興味が、私の心にもあればこそ、この世の生存に堪えられるのである。
 十年ほど前に、当時の新進作家菊池寬氏は、「文章世界」に志賀直哉論を寄せていたが、そのうちで「老人」を推賞して、「こういう題材を自然主義の作家が扱ったなら、皮肉の目で老人を見たであろう」と、結末のところなどを例として挙げていたと、私は今も朧げに記憶している。老人が死んで、「かつて老人の坐った座布団には、公然と子供等の父なる若者(老人の妾の密夫)が坐るようになった。その背後の半間の床の間には、羽織袴でキチンと坐った老人の四つ切りの写真が額に入って立っている。…」という結末は、読者を微笑ませもするし、悠々たる人生の影がそこに映っているようにも感ぜられる。しかし、この老人の一生をこう見ないで、この作者の閑却とした方面から老人の心に喰入って、結末に於いて、人生の破産の影を見せる作風が、菊池氏の思っていたらしく、芸術の邪道であるとは思われない。志賀氏のような境地もいいが、それに安じ過ぎると、世の中があまりお目出た過ぎるようになるのである。』

醇乎(じゅんこ)・・・全くまじりけのないさま。

正宗白鳥が語る志賀直哉と葛西善藏2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です