里見弴が語る有島武郎1

1967年に中央公論社から出版された「日本の文学27 有島武郎 長与善郎」の付録に収載されている里見弴と本多秋五との対談から、有島武郎についての部分を左記の本から『』内において引用しております。里見弴と有島武郎の研究の一助になれば幸いです。

若き日の有島兄弟

 本多 はじめに、武郎さんのお話を伺いたいと思います。武郎さんと里見さんは十歳違いですね。だから、里見さんが六歳の時には武郎さんが十六歳、大人と子供のような違いがあったわけですが、どのような接触があったのか、兄さんのことをどう思っていらっしゃったのか、その辺のところから……。
 里見 今、あなたがおっしゃった通りで、もし兄貴が八十歳、私が七十歳ぐらいになったら、何となく同輩みたいに話ができたでしょうけれど、四十五歳で死んじゃったんですから、三十と四十という歳では、まだちょっとかなわない感じで、親しいというような感情はあまりもてませんでしたね。少し誇張して言えば、親父代りです。親父は大体留守がちな人でしたから。家のなかでこわいのは母と兄貴……。僕にもの心がついた時分の兄は学習院の学生でした。
 本多 下宿でしたか、寮でしたか。
 里見 明治二十六年の大地震で、四谷見附そとの学習院の寄宿舎がつぶれちゃったので、その後しばらくは母方の祖母(山内静子)の家から通学していました。それから間もなく札幌の農学校へ行ってしまいましたから、ついぞいっしょに遊ぶなんてことはなかったように思います。生馬、姉(しま子)、兄(降三)そして私の四人は、しょっちゅう一緒に遊びましたけれどね。夏休みで鎌倉の家に帰っているとき、雨でも降って、僕らが外で飛びはねて遊べないような日には、一間(いっけん)廊下の籐椅子に腰かけた武郎が、いろんな話をしてくれました。あとになって「ジュリアス・シーザー」だと思うんですが、片手に横文字の本を持ちながらね。僕のまだ小学校へもあがっていないころの話だけれども、そんなことを覚えています。
 本多 日清戦争のころに、武郎さんがおかきなった絵が、ずいぶんたくさん残っていますね。
 里見 あるんです。描いているのを、脇で見ていたりしてね。特別絵の勉強をしないのになかなか上手でした。あなたもご覧になったことがあるようだけれど……。
 本多 そうです。絵の才能のある人だったんですね。洋行時代の絵はもっとずっと上手ですが、少年時代から絵が好きだったんですね。

 里見 日清戦争当時ですから、降三、生馬の兄貴たちや、それに友達が寄ってきて、戦ごっこをするのですよ。それの時分は、絵ハガキもなければ、写真入りの戦場通信などなかったから、もっぱら絵草紙でその様子を知るわけです。それは、たいてい三枚続きで、親父を訪ねて来る人にもらったり、親父が買ってきてくれたりしたんですが、われわれにとっての一番楽しいお土産でした。僕らはそんなものを通してのんきに戦争というものを見ていたわけだ。のちに大きくなってから見ると、月耕(げっこう)とか清親(きよちか)とか竹坡(ちくは)とか、なかなか立派な人たちが描いているんだけれど、なにしろ戦地に従軍したことのない連中なんだから、かなりでたらめなもんでね。
 本多 想像でかいたんですね。
 里見 そうです。小銃の弾はシュウシュウと引いた朱の線で現わしてあるし、海戦の場面は、海に落ちる大砲とか水雷の爆発が、海坊主みたいな格好にシュッと白く海面に突っ立っているというようなものなんです。兄貴がいれば、いろいろ説明してくれたり、戦争の話をしてくれる。むろん兄貴は戦争に行かなかったんですが、台湾から帰還してきた兵隊なんぞは見ていたとみえて、暑いから、普通のと違った軍服で、帽子から肩まで白い布を下げているとか、話してくれました。そういう兵隊を描いた絵も残っていると思う。そのほか、われわれの戦ごっこを描いたのがなぜ生馬のところに保存されていると思います。
 本多 鎌倉の、どの辺で遊ばれたんですか。
 里見 当時のわが家は滑川の河口近くで、いま鎌倉女学院の分校が建っているあのあたりと思うのですが、すっかりもう地形が変ってしまって、いってみても、はっきりここらだとは言えません。まるッきり昔の面影がなくなっています。』

里見弴が語る有島武郎2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です