5/9雑記 FINAL FATASY14の功名

GW中、久し振りにPC関係に詳しくいつも助けて貰っている友人に会って来ました。

その友人とコンビニに寄って、飲み物を買うことになったのですが、なぜか友人がいろはすを買って欲しい。実は、いろはすがキャンペーン中で飲料についているポイントを集めているというので、ローソンなどがよくやっている、リラックマキャンペーンみたいなものかなと思い、快諾してコンビニに入りました。

「いろはす、今では色んな種類があるんですね。全員、無色透明なのに味が違うのか。あっこの…紅蓮…?なんとか…これ、進撃の巨人とコラボキャンペーンしてるの?(いつぞや紅白歌合戦で進撃の巨人の作品関係で紅蓮なんちゃらなる曲を披露したことを思い出した)」
「ファイナルファンタジーだから!」
「えっファイナルファンタジー…???あっ本当だ!小さくFINAL FANTASYと書いてある!……ところで、このペットボトル、別にシールとか応募用紙みたいなの付いてないけど…このまま買って大丈夫?」
「大丈夫です!レシートに専用のバーコードがプリントされるので、その…レシートを下さい!!!!」
「了解です」

そんな訳で、いろはすを購入し彼女にレシートを渡したら、大変いい笑顔を見せてくれたので、嬉しかったです。
その後、昼食をしながら

「最近、毎日一本は、いろはす飲んでるんだ…」
「まさか、あの…キャンペーンでは何ポイント溜めないといけないの…?」
「48ポイント」
「毎日一本、おなかにヤクルトが愛らしいうたい文句に感じますね…」
「うん、毎日、違う味を飲んでるんだけど…さすがに苦しい」
「それで、ポイントを集めたら何が貰えるの?」
「ゲームの中で使える物」
「おお~何だか、すごい!ゲームっぽい!」

更にその後、

「ここ最近ね、以前は頻繁にあった頭痛が無くて調子がいいんだ」
「それは良かったですね。……ここ最近…?」
「そう、ここ最近!」
「頭痛は、脳内の水分含有量が減ると血行不良を引き起こし、それが頭痛になる…つまり…いろはすを一日一本飲んでいるが故に、慢性的だった水分不足が解消し、頭痛が無くなった…」
「え、ええ?」
「つまり、これは…怪我の功名ならぬ、FINAL FANTASYの功名…」
「いや、いやいやいや…そんな、あり得ないから!」
「いや、あり得るかも知れない。成人女性で貴女くらいの身長なら、毎日1.5リットルの水分補給が必要だし。500のペットボトルなら一日3本だよ。それに貴女は私から見ても、あまり水分補給をする人ではない…」
「えっいや、そうかもしれないけど!ええ~~!?」

更に更にその後、

「私がファイナルファンタジーで遊んでいることがバレたなら、これを…読んで下さい!スマホで“光のお父さん”って検索して!」
「…なんだか、最後にお父さんが亡くなる予感がしそうなタイトルですね…(検索しながら)」
「いや、違うから!これを読むとFINAL FANTASY14で遊びたくなるから!」
「(スマホを見せながら)この、“光のお父さん”まとめ読みでいいんでしょうか……???」
「そう、それ!それでいいよ!これね、一話、一話がすごく短いから!すぐに読めるよ!」
「なんだか、絵本みたいですね~(早速、一話を読み切る)。…ところで、なんで“光のお父さん計画”なんですか?」
「えっ?あ、ああ…FINAL FANTASY14のコンセプトが“光の戦士”なんだよ~」
「なるほど、つまりゲーム登録時に光市の人や光町に在住の方は、最初からアドバンテージがあると?登録しただけで、“光(市、町)の戦士”が完成してしまう…!」
「いや、ないから!そういうのは!」
「そうなんですか…」

そんな訳で、現在、“光のお父さん”は16話まで読み進めたんですが、FF14はLv50まではチュートリアル扱いなんですね。うん、マイフレンズには大変申し訳ないのですが、私にはファイナルファンタジーは無理そうだと読み進めながらひしひしと感じました!
私には、オンラインゲームは文豪とアルケミストで手一杯なので…あっそうそう!文アルでは無事に中野先生と小林先生のお洋服を手に入れましたよ!
それと、最近、文アルで遊んでいて思う事は、イベントに必要な先生方を育てると、最初から用意されているステージクリアが容易だという事に気がつきました!
今回、中野先生と小林先生を育てたことにより他に育てていた刀文豪達と一緒に墨東綺譚をクリアでき、結局、破戒まで楽にステージを進めることができました!!!これから察するに、墨東綺譚の前のステージは弓文豪のみでクリアしないといけませんし、前回のイベントは自然主義派(弓)でした。
だとしたら、次は銃文豪のイベントか鞭文豪?のイベントが来そうな気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です