中島健蔵が語る「人間横光利一」1

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

◆中島健蔵って、どんな人?
日本の文芸評論家であり、フランス文学者で翻訳も手掛けた。東京帝国大学文学部仏文科時代に三好達治、小林秀雄らと同級生だったため知り合いになる。辰野隆に師事。のちに、同大学の仏文研究室の助手をやりつつ評論を始める。これがきっかけになり、井伏鱒二、太宰治、檀一雄らと知己を得る。昭和を代表する評論家の一人。

◆中島健蔵が書いた「人間横光利一」の特徴
中島が書いた日記の中で、横光氏が登場している部分を抜き書きしてまとめたもの。横光氏の思考の変遷や、氏が洋行している間に起こった、二・二六事件を体験していないが故に当時の日本人の中に蔓延していた感情を氏がうまく掴めていないことなどを指摘している。横光利一の小説を研究をする時に重要となってくる人称についての考察など、興味深い内容となっている。本ブログでは、そういった内容に焦点を当てるのではなく、当時の文豪同士の関係にスポットを当てて紹介しています。

『人間横光利一

 最初に横光利一の名をわたくしに聞かせてくれたのは、現在明治大学教授の佐藤正彰である。多分、大学生のころだつたと思う。東大のフランス文学科で、佐藤はわたくしの一級下にいた。~中略~
 青年時代には、わりあいに年の近い先輩を、しいて無視する傾向がある。少くとも佐藤やわたくしはそうであつた。日本の現代文学に対しても、大して関心を持たなかつた。
 ところが、ある日、なんおきつかけだか忘れたが、現代作家の中で、横光利一という小説家だけは読んだほうがいいそうだ、と佐藤がいい出したのであつた。読んだほうがいいそうだ、という程度だから、彼もまだそのころは読んでいなかつたにちがいない。昭和のはじめのころの話である。
 文壇については何も知らず、わたくしの頭の中は、一種の未感光状態だつたのだから、この名前がすぐに焼きつけられてしまつた。そして、まもなく白水社から出版された『機械』をはじめて読んで、なるほどと感心したのであつた。
 そこまでは覚えているのだが、本人の横光利一と、どこでいつ最初に会つたのかは明かでない。「作品」という雑誌が出はじめ、その同人会にはじめて出席したのが、昭和六年の五月五日だから、多分、この年のうちに、「作品」の会ではじめてあいさつしたのだろうと思う。翌年の夏ごろまでには、かなり親しくなつていた。以下当時の日記の中から、横光利一の名をひろつてみよう。

スポンサードリンク

 ○昭和七年四月四日。牛込の病院にいる三好(達治)も快方に向い、今日出海(こんひでみ)と小林秀雄とは明治大学の先生になり、河上(徹太郎)、牧野(信一)、佐藤(正彰)、大岡(昇平)、坂口(安吾)など、みな元気で酒をのむ。嘉村(礒多)、横光の二氏は少し身体の具合がよくないらしい。僕は先月はじめ、また、痰に血が混じていたが、その後は異状なく元気だ。この血ははなはだ曲者(くせもの)だが、その度に、はつとして静養し、うわつく気もちが静まるので、今では一種の恩寵のように感じている……。

 ○昭和八年十二月二十四日。嘉村礒多氏の死が、知人一同の心を暗くしている。三四日前、横光利一、今日出海、永井竜男、佐野繁次郎の人々と「ルパン」で飲みながら、いろいろ話が出た。横光さんは、嘉村さんの横顔が薄気味悪かつたことをいう。よほどの片意地だつたらしく、案外な思い出話にいろいろ考えさせられた。今日出海が一番真相をつかんでいるらしい。横光氏は、日出海に、「君に会うと、大ていの人間が本音をさらけ出すのだ」といつたのをおもしろく思つた。(奥さんをなぐつたりしたこともしばしばだつたらしい。)嘉村というような人間こそほんとうに人を愛し人を憎めるのかもしれない。「嘉村と会つていると、この男一体何を見ているかしらんと不気味になる。黙つてこつちを、嘉村一流のやり方で観察したり判断したりしているに相違ないからな、」横光氏のことば。「人の前では我(が)を殺し切つていた人なんだね、」永井のことば。「みんな嘉村さんを知らないんだな、あの実にふてぶてしいところを……」日出海のことば。梶井基次郎との比較。もし死ななかつたらどつちがほんとうの仕事を残したか?等々。』

嘉村礒多・・・山口県出身の小説家。嘉村礒多 生家 帰郷庵に訪ねたことがありますが、きちんと整備された綺麗なお宅でした。ただ、その時はまだ作品を読んだことはなく、来歴を拝読し妻子を捨てて上京したくだりで、ええ~となり、わずか36歳で生涯を終えたのを読んで、ああーとなった記憶があります。

中島健蔵が語る「人間横光利一」2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です