中島健蔵が語る「人間横光利一」4

筑摩書房が出版した「新選 現代日本文学全集36 河盛好蔵 中島健蔵 中野好夫 臼井吉見集」から中島健蔵の「人間横光利一」を紹介しています。「人間横光利一」は、評論家であり横光と交流があった中島健蔵が当時書いた日記をまとめたものです。以下、『』内の文章は左記の書籍からの引用となります。横光利一研究の一助になれば幸いです。

『○昭和十年一月九日。……河上との約束により、「はせ川」へまわる。河上、大岡のほか横光さんがいた。久しぶりで会うと嬉しい。横光氏は近ごろ酒飲みになつた。……川端氏の『禽獣』と自分の『上海』との装幀を引きうけた由で色紙の見本をたくさん持つていた。河上、大岡と三人で朱色がいいとすすめる。色が気になるとみえて、ネクタイ屋の前にまで立ちどまつていたが、鳩居堂で何百種か色見本を見たところ気が変になつたという。同じようで少しずつ違う色をたくさん見つづけたら妙になるだろう。四人でさらに「エスパニョール」へいきビールを飲む。横光氏やや多弁となる。先夜は井伏、林芙美子など中村地平を泣かせ、次には横光氏が丸岡明を泣かせた。今夜は大岡を泣かす番などと常談をいう。大岡は泣くような男にあらず……。
 ○昭和十年二月八日。夕方までジードを訳し、用事でちょっと辰野さんを訪れたが留守。久しぶりで「はせ川」へ行つてみたら「黒潮」の会が今終つたとのこと。横光氏はじめ友だちが今し方出て行つたというので、見当をつけて「エスパニョール」へいき、会う。横光、河上、堀辰雄、佐藤正彰ともう一人お医者さん。……夜半、佐藤と共にさらに新宿のおでん屋にて朝五時ごろまで飲む。佐藤しきりに、僕の書くものに注文をつけていたが、疲れてただうんうんいう。お前は大学をよして、ほんとうの意味の文壇的になれといつた。横光さんがそういつたからという……。

 ○昭和十年二月十五日。……「はせ川」に寄る。「文芸春秋祭」とかで、横光氏、K社のM、Y両君と共に来る。……十二時ごろまで話す。横光さんますます酒のみとなる。家のものが寝しずまつたころ、ひとりで燗をしてのむ酒の味がよいという。他人に燗をされたのではまずいというのはおもしろい。献酬もとより大嫌いなるべし。横光氏と自動車に乗り、家まで送つて帰宅。案外近い。へたに新宿まで出てまごつくよりもよい都合なり。
 ○昭和十年二月二十八日。~中略~「はせ川」へ行つて見たら、文芸春秋社の連中が、菊池寛を連れて大騒ぎをやっていた。……顔見知り多く、なんとかいうバーへ一緒にいけと捉えてはなさず。菊池寛に紹介さる。平べつたい声のみが印象に残る。~中略~横光さんが、これも少々酔つて来る。四月の「改造」に純粋小説論を書く由。僕の『感動の衰弱』の一節を引用したが、あの「深淵」とは何か、と聞く。いろいろなカラクリが埋れて人の発見を持つている場所という意味にとりたいらしい。実際の行動と、可能な心理とが共にかくれている場所という解釈らしくもあつた。書いた僕自身、そう問いつめられうとはつきりわからず。一緒に帰る。
 ○昭和十年四月二十七日。……「京王パラダイス」での座談会に出る。「作品」主催で題目は「純粋小説について」。横光さんを中心としてあとは若い連中だと思つていたら、日本の文壇の頭脳を集めたような顔ぶれでびつくりする……。豊島与志雄、谷川徹三、川端康成、横光利一、三木清、河上徹太郎、深田久弥、それに中山義秀がいたが、彼は一言も口をきかず。司会者小野松二。小林秀雄が来るはずだつたそうだが来らず。話を横にそらす人がいないので、みつしりした座談会になつた。いろいろ教えられる。だいぶ誤り考えている点があつた。~中略~九時過ぎ散会。少し新宿を散歩したのち、「はせ川」へいく。横光、河上、井伏(鱒二)、神西(清)、中山(省三郎)、大岡、今日出海、永井竜男、佐藤正彰。水入らずの感じで思いきり笑い、十二時すぎ帰る。こめかみが痛くなるほど笑つたのは久しぶりだ。今日出海が酔つてバカなことばかりいう。永井が応酬する。何ともいえず楽しかつた。』

中島健蔵が語る「人間横光利一」5へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です