伊藤整が語る室生犀星と萩原朔太郎1

伊藤整の『我が文学生活VI』より「犀星と朔太郎の思い出」を下記の『』内にて引用しております。室生犀星、萩原朔太郎、両名の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

犀星と朔太郎の思い出
 
 室生さんの葬式は三月二十九日であった。ちょうど武林無想庵氏の葬式と日が重なっていたが、告別式は室生家二時、武林家一時であった。私は無想庵氏に面識はないが、ある縁があって、そちらへ先に行くことにした。滞在中の永松君を誘って同行した。初めての武林家を郊外で捜してお参りをしてから青山へ着いたら、室生さんの葬式が終りに近く、個人個人の礼拝がはじまった所のようであった。二列に礼拝者が並んで、祭壇へ進む、その左側に一番奥に中野重治、その手前に窪川鶴次郎、佐多稲子氏等の「驢馬」系の人々が立ち、また円地文子さんの顔も見えた。私はその人々の前の左列を進み、礼拝を終ってから右手へ出て、朝子さんはじめ遺族席の人々に頭を下げて外へ出た。
 私は「驢馬」や「四季」などの人々ほど室生さんと親しくしたわけではないが、文壇の中では、百田宗治氏を通して、室生さんと割に縁があり、室生さんも私を多少のゆかりある人間と見ていてくれたと思う。室生さんの病が重いと聞いて、お見舞に行かなかったのは、個人的にお別れの気持でお見舞するには、縁が薄いと思ったからである。通夜には行きたかったが、都合がつかなかった。だから葬式に途中から加わったのでは、私の気持が足りないのである。それで私はこれを書く気になった。
 私が詩壇の一端にものを発表し出したのは、大正十五年に出た百田宗治氏の雑誌『椎の木』が初めてであるが、室生さんはその当時百田さんと親交があり、この雑誌の毎号の巻頭一頁は、室生さんの執筆にきまっていた。あるときは俳句、ある時は日記、感想のようなものを室生さんは書いた。私は丸山薫、三好達治、乾直恵、阪本越郎等とともにその同人であったが、自然に室生さんを、直系先輩の一人と感じていた。

スポンサードリンク

 その前にアルス版の赤い絹表紙の『室生犀星詩集』が萩原朔太郎の『青猫』とともに私の愛読書の一冊であったこと、『毒草苑』等の小説集を読んでいたこと等の経験の上に、のことである。
 昭和四年か五年に私はある日百田さんに連れられて、大森馬込谷中の室生家を訪れた。年譜によると、室生さんがこの家に金沢から越して来たのは、昭和三年の十二月である。だから、それより早くはない。しかしお嬢さんの朝子さんはそのとき学校へまだ行かない幼なさに見えた。しかし年譜で見ると、朝子さんは昭和四年に数え年八歳である。その席に萩原朔太郎氏がいた。萩原さんに逢うのは、たしか二度目だと思う。このときを昭和四年とすれば、数え年で百田さんが三十七、室生さんが四十一、萩原さんが四十四歳で、私は二十五歳である。私は詩をやめ、同人雑誌に小説を書き出した年に当る。その当時、かつての『民衆詩人』百田宗治は、『椎の木』の頃から完全に日本趣味の人となり、俳句と庭に凝っている室生犀星の影響であった。百田さんは後輩には親切な人だったが、詩境が不安定で、小さな出版業のようなことをしていた。萩原さんは第一書房から豪華な全詩集を出し、その主要な業績が動かしがたいものとなった時期に当る。
 そこは大森の駅からオイセ山を越えて、慈眼山隣の今の室生家へ行く途中の下り坂の左の崖下、溝川に沿った家である。六畳と思われる木の枝の繁りの下の暗い座敷で、昼になり、三人に膳で食事が出された。萩原さんはスコッチのようなくたびれた洋服で胡座をかき、前かがみになって食事をした。百田さんは和服できちんと膝を折り、茶碗を胸に持ち上げて、形よく食事をした。私は両者の中間だったろう。萩原さんは飯つぶを子供のようにこぼした。飯粒はその膝から畳にまで散らばった。
 すると一緒に食事をしていた室生さんが言った。
 「萩原はいつまで経っても子供同様じゃ。百田はさすが俳人だけのことがある」
 萩原さんには私はこの前後にもう一度逢っている。それは中野桃園町の百田さんの家の二階の六畳の書斎であった。そのときは多分萩原さんの原稿が『椎の木』又はそのあとに百田さんが出した『尺牘(しゃくとく)』か『苑』に載る詩のことである。あるいは、『椎の木』がなくなってから、百田さんの家即ち椎の木社から出ることになった萩原さんの個人雑誌『生理』だったかも知れない。とすると昭和八年のことになるが、私の記憶は昭和四五年のことである。』

伊藤整が語る室生犀星と萩原朔太郎2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です