伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男1

昭和38年12月26、27日付けの「北海道新聞」に掲載された、伊藤整の「小林多喜二と本庄陸男」との思い出を以下の『』内にて引用しております。伊藤整は目黒にある日本近代文学館の設立、運営に携わり、チャタレイ裁判について世間の耳目を大いに集めていましたが、北海道出身でありながら、小林多喜二を始めとする北海道文学者との交流についてはあまり着目されることがありませんでした。ここでは北海道文学ならびに、小林と本庄の研究の一助になれば幸いです。

『小林多喜二と本庄陸男の記念碑が、それぞれ小樽と石狩当別というゆかりの地に建つことになって、計画が進行中である。私もその両方の計画の発起人に加わった。小林多喜二の死んだのは昭和八年(一九三三年)のことであるから、年があけると三十年を経過したことになる。本庄陸男はそれから六年後の昭和十四年になくなった。また北海道出身の文士では、詩人小熊秀雄がその翌年になくなっている。
 この三人はいずれもいわゆる左派、プロレタリア文学系統の人々であって、近代日本の文学史上、それぞれに重要な存在であるが、私は個人として小林、本庄の二人と交渉があり、小熊とはほとんど関係がなかった。
 私自身はプロレタリア文学の流派に属さなかったから、小林、本庄の二人とも特に深い交際があったわけではない。しかし、同年配で、同じ時代の同郷の文士であったから、いろいろな記憶が残っている。
 以前に書いたことの繰り返しになるが、私が小樽中学(いまの潮陵高校)をへて小樽高商へはいったのは大正十四年である。小林多喜二はその前年に小樽商業(いまの緑陵高校)をへて高商にはいっていた。私は数え年で十八歳、小林は二十歳であった。
 小林は私が通った小樽中学の坂の下の寺の真向かいにあった親せきの小林製パン工場兼菓子屋に住んでいたから、私は中学時代から彼を見知っていた。彼は『文章倶楽部』『中央文学』などという雑誌の投書家であり、私も投書したから名前を知っていた。高商にはいると話し合うようになった。一緒にフランス語の劇にも加わった。

大正十三年に小林は卒業して拓殖銀行にはいった。翌年、私は市立小樽中学の教師になった。妙見川と花園町大通の東南のかどに「越路」という用品屋があり、その二階が喫茶店であった。そこで私はよく彼にあった。両方とも文学青年であったから話はよく通じたが、在学中から彼は左翼的な立ち場にあり、私はそうでなかったから、あまり親しくはならなかった。
 彼はそのころから熱心に小説を書いていて、昭和三年三月の共産主義者の大検挙事件の当時、小樽で起こったことを書いた小説「一九二八年三月十五日」をその年の暮れに『戦旗』に書き、翌年は「蟹工船」を書いた。
この二作によって彼は、プロレタリア文学の流派で最も高く評価される新作家になった。昭和初年はプロレタリア文学が最も高潮していた時である。大正期以来の日本文学はこの新しい流派に取って替わられるという趣すらあった。当時この派には、葉山嘉樹、徳永直、武田麟太郎、中野重治、平林たい子、窪川いね子というような有力な新人がいたが、そのなかでも作家として最も才能ある一人と見られていた。
 だから、彼が昭和五年に上京すると、間もなくその派の作家同盟の書記長に押された。その当時の彼の立ち場は大変困難なものであった。
 プロレタリア文学の思想問題、絶えず変化するその政治的立ち場、「文芸戦線」派と「戦旗」派の対立、創作上の指導理論の争い、さらにそのなかでの分裂という複雑な事情が当時のプロレタリア文学のなかにあった。しかも作家たちは執筆のかたわら警察の目をくぐりながら政治運動を行なっていた。ずいぶん激しい活動が上京して以後の小林に続いていたようである。』

伊藤整が語る小林多喜二と本庄陸男2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です