若園清太郎が語る坂口安吾1

1976年に(株)昭和出版から出された、若園清太郎 著「わが坂口安吾」には、坂口安吾を中心として、安吾に関係のあった文士達の姿が、当時バルザックの研究家であり、多くの文士達と交遊のあった若園清太郎が親交を思い出しまとめた本です。以下、『』内の文章は、左記の本からの引用になります。坂口安吾の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

『太平洋戦争勃発直前の昭和十六年十一月末のこと、私は坂口安吾にすすめられて宇野千代さん宅を訪問したことがある。私のバルザック研究書が二冊そろって上梓されて間もなくのことで、安吾はその本をもって宇野さんに敬意を表してくるとよいという。
 そのころ、日本は狂熱的な軍国調で、~中略~デカダンでアウトサイダー的な坂口文学は全く不遇だった。原稿料の収入も少なく、生活費は蒲田の家兄に依存していたから心配はなかったものの、彼は野放図な浪費家で、たまに入る原稿料を一夜で散じてしまうのはザラだった。徹底した放埒無頼の生活だった。
 このような坂口安吾であったが、その最もよき理解者は宇野千代さんだった。宇野さんは、雑誌『スタイル』の外に、文芸雑誌『文体』を発行しており、坂口安吾にもよく書かせた。彼の旧作をまとめて『炉辺夜話集』、『日本文化私観』などを出版したりして、彼への援助、激励の労をおしまなかった。
 宇野さんは北野武夫と結婚して間もなくのことで、その新居を小石川の大塚仲町近くに構えていた。私は宇野さんに新著を贈呈し、文学の話などの雑談をした。話がたまたま、坂口安吾のことにふれた時、宇野さんは、
「あなたは坂口さんの旧いお友達でしょう、アテネ・フランセにもいらっしゃったから、お嬢さんたちをたくさん御存じでしょう。どなたか、紹介しておあげになったら……」という。
 私は、ちょっと返答に窮した。「さあ、坂口君の好きなタイプの女性なんて、なかなか彼の好みにあうような女(ひと)は……」と言葉を濁した。
 宇野さんは、暫く首をかしげていたが、
「そうね、安吾さんのお嫁さんになんて……まるで人身御供に立てるようなものだわ」といって微苦笑するのだった。
 さすがに宇野さんは適切なことをいう人だと私は感心しながら、宇野・北原邸を辞した。~中略~ これは坂口安吾が三十五歳の時である。』

スポンサードリンク

宇野千代の言葉にさすが、宇野さんだと深く感じ入るあたり若園清太郎氏がいかに安吾に翻弄され、悩まされたのかがにじむ文章ですね。
次にご紹介する内容は、安吾がアテネ・フランセに通っていた当時、皆で同人雑誌「言葉」を刊行することになったのですが、同級生に芥川龍之介の甥である葛巻義敏氏がいたことから、故芥川龍之介家の二階にある葛巻義敏氏の部屋で編集会議をした時のことです。

『編集会議は坂口家でするよりも、地理的に集まるのに便利だった帰宅田端町(当時は滝野川区田端町と呼称)の故芥川龍之介家の二階にある葛巻義敏の部屋でも行なわれた。南窓と東窓がある明るい部屋で、青い絨毯が敷かれてあった。(安吾はこの部屋のことを小説「青い絨毯」のなかで克明に描写しているので省略する。)
 この青い絨毯の部屋は私にも印象が深い。~中略~それは安吾が「青い絨毯」のなかで「……この部屋には違い棚の下にガス管があり、叔父(芥川のこと)がこのガス管をくわえて死にかけていたことがあってネと葛巻が言っていたが……」と書いているが、私もまた葛巻から聞いていたので、この部屋に入るたびに、そのガス管のコックが気になった。窓の外から庭を眺めおろしていると、庭に植えられた大きな木に、芥川龍之介の長男だった比呂志君(当時十歳ぐらい)と次男の多加志君(当時七歳ぐらい=戦時中に戦死)が木のぼりをして遊んでいた。
 葛巻は二人の兄弟の木登りを眺めて、「芥川も自殺した(昭和二年七月二十三日)年の春ごろから、ちょっと様子がおかしく、あの樹に登ることが時どきあった……」』

このコラムを読んでいる方にとって、安吾が故芥川龍之介のお宅を訪ねて、同人雑誌の編集会議をしていたのは意外だったのではないでしょうか?人との繋がりの不思議さを感じますね。

若園清太郎が語る坂口安吾2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です