杉山平一が語る織田作之助1

杉山平一は織田作之助の親友であり詩人だった方です。杉山氏は大学に在学中、三好達治に詩才を認められ「四季」に参加。他にも織田作之助と共に同人雑誌を出したり、中原中也の恋人であった長谷川泰子の夫君が設立した、当時の中原中也賞を貰ったりしています。(現在の中原中也賞は、記念館主催の賞であり杉山氏が貰った賞とは主催元が違います。)
以下、下記の『』内の文章は六月社書房より1971年に限定500部で発刊された「織田作之助研究」から現代語訳した上での引用になります。織田作之助の研究の一助になれば幸いです。

織田作之助について
          杉山 平一

 織田はセガール・フランクが好きで、そのピアノ五重奏についてよく私に話してきかせた。「夫婦善哉」というような小説が出て、織田について論をなす人が出てきたが、織田という人物に会って、その近代的な憂愁の表情や清潔な感覚を意外とした人がいるようだ。人は彼を少し思いちがえていると思う。
 織田は随分、ほうぼうの人から叩かれた。出る杭は打たれるたとえで、それだけ問題とせざるを得ないのだと思われ、また織田自身を非常に強くするので、私はそう不愉快でなく、それを見ている。公式的に否定するには、時局柄手頃と見えて、かけ出しなど盛に彼を材料に用いる。
 新人が旧人に悪くいわれるのは、本来の意味からいってそうあるべきなのだが、織田の場合、既成の追従だといって叩くのである。新人らしからぬといって、叱るのである。
 この間違いを釈明しつつ、私の彼に対する感想を書いて見ようと思う。
 新人というものが、泡のように浮び上ってくるものとする。旧人は、「後世おそるべし、いずくんぞ来者の今に如かざるを知らんや」といいつつも、新人を期待するのに、新人とはかくかくのもの、かくあるべし、その位置まで、予想して待っているのである。このあたりにもし泡が浮んでくれば、それこそ新人の名に価いするなぞと考えている。織田は意外にその見えない背後のところにぽっかり浮んできたようなものだ。私は新人とは、いつも旧人の待ち設けていないところに、独自の面がまえをもって出てくるものだと思っている。これは新人に限らない。

 自分たちいま漸く二十代を終えた年頃の世代は、一つの時代が退潮しはじめ満州事変によって次の時代が来ようとしていた転換混沌のなかに青春を過したのであった。その多くはいま戦野にあるけれども、そして彼らはよく知っている筈だが極めて無理想の、しかもその無理想を標榜するデカダンスでさえなかったようなぐうたらな思想的に廃頽の時代にあったと思う。理想や空想をもたず何事も実際的に考えた。夢なんてもたなかった。
 従ってこの時代に青春を過したものには、非常に歪んだ形で、地につかぬ恰好で、身体をねじまげてでも、なんとか思想的であろううと難解な表明さをとるものと、反対に全然現実的な具体的な表明をとって、抽象される思想を軽蔑してしまって信じ得ないものとの二つの型がある。多くが戦野にあり、奔流のように新しい時代がおそって来たために、この世代の気持というものが人から忘れられてしまっている。
 織田はこの後者の型にぞくする典型であり、思想にかわるものとして具体をぶちまけて行く。その故に、この年頃のものにとって非常に気持のわかるところがあるのだ。そのテクニックの部分がたちまち題材の関係で旧人の代表的な作品を連想させたため、彼の特質とするところが見失われたのである。』

杉山平一が語る織田作之助2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です