最晩年の織田作之助1

六月社書房より1971年に限定500部で発刊された「織田作之助研究」には、小笠原貴雄が没後の織田作之助に寄せた最晩年の織田の姿が書かれています。以下、下記の『』内の文章は左記の本から現代語訳した上での引用になります。織田作之助の研究の一助になれば幸いです。

織田作之助さんのこと
         小笠原 貴雄

 廊下でうろうろしていると、通りかかった看護婦が「織田さんですか?」と病室を教えてくれた。
 病室の前には絶対面会謝絶の赤札が掛っている。一寸ちゅうちょしていると、小柄な婦人がどうぞ、と案内してくれた。殺風景な病室に、真赤な布団が異様に目立つ華やかさである。前から髪も乱髪、顔色も蒼白なので、病気になったから、といって別段病人らしい変化はないのだが、ただ一つ、前にはその乱髪、蒼白な顔には生気が溢れていた。絶えずしゃべり嘲罵し、しゃれを言い、ケッケッケッと、甲高く笑ったその顔は、私を見ると頷いたが、織田作流に表現すれば死神のとり憑いた顔である。いかんわい、私はふと織田作死ぬかな、と感じた。私の用件は今度、風雪社から出す創作集「妖婦」の事であった。病床の織田さんにこのような事務的な事はいいにくい事であったが、「妖婦」は私が前にいた出版屋で六月に契約をしたのが出ないので、風雪に引継ぎ出版を急いでいる本であった。ただどうしても頁数が足りないのである。その打合せが済むと、世間話になった。絶対面会謝絶の赤札がチラついているので何度も腰を上げかけるのだが、病気で人なつこい織田さんはコーヒーでも呑んでゆけ、と放さない。
 京都の頃、何人かの取巻と四六時中ワアワアいっていたにぎやかさに比較すれば、この病室は寂しくて耐えられないのであろう。この寂しさはデカダンスの何物であるかを解さない私の胸にも落込む寂しさであった。
 世間話をしながら私は織田さんに嘘をついた。それは二三ヶ月前、織田さんの後輩に当る私の友人が、ある小新聞に織田作之助論を書き、それがいささか私事に渡っていたので酷く織田さんを怒らせた事があった。私が京都で織田さんに会ったのは某友人の手引きであったから、自然其事が話題にのぼった。四五日前まで、大阪から某友人が上京していたので、私は某友人と織田さんの旅館へお詫びに行ったのだが、もうこちらへ入院された後だった。と言った。詫びに行こうではないか、と某友人と出た事は本当であったが、実は中途でそれて行かなかったのである。しかし織田さんは「そうか詫びにきたか」と満足そうであった。今になれば取返しのつかない事である。

しかし、其の織田作之助論が織田さんの心にひっかかっていたとすれば、私の嘘も生きた事になる。八月までは執筆禁止だから九月になったら風雪にも書いてやる。潰すな、と言われたが、とうとう書いては貰えない事になった。

 私が織田作之助の名前を知ったのは改造の文芸賞である。記憶に強く残ったのは、宇野浩二さんか誰かが、選後、とうとう大正生まれの作家が出た、と言われたからである。自惚れの強い文学青年の例にたがわず、私は其の言葉を読んだ時に、え、糞、先を越されたか、と口惜しかったからである。しかし作品的に共鳴したり感心したりした事はなかった。作家としての織田作之助に強くひかれたのは「人間」に出た「世相」と「改造」の「競馬」であった。この時初めて織田作之助に打たれ、恰度作品集を出そうと思っていた所なので、終戦早々織田作之助の作品集を出している大阪の友人柴田忠夫に紹介を頼んで京都に行った。』

「人間」、「改造」・・・ともに当時出版されていた雑誌の名前。

最晩年の織田作之助2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です