神社の基本的な参拝方法と伊勢神宮と出雲大社の参拝手順について

なかなか知っているようで、知らない神社の参拝手順をまとめてみました♪また、伊勢神宮と出雲大社における参拝順や約束事についても紹介しております♪

スポンサードリンク

神社の参拝手順

1.鳥居の前で一礼。その後、参道の正中(しょうなか=道の中央)は神様の通り道なので、なるべく端を歩きましょう。

2.手水舎で、まず柄杓(ひしゃく)に一杯、水を汲みます。

この一杯の水だけを使い、下記の作法で自分の身を清めます。
 また、柄杓に口をつけるとマナー違反になります。注意しましょう。

左手を清め、柄杓を持ち替え、右手をすすぎます。

再び柄杓を右手に持ち替え、左の掌に水を入れ口を清め、再度、左手をすすぎます。

その後、柄杓を立てて水を下に流し柄杓の柄(え)を洗います。

3.軽く一礼をした後、鈴を鳴らして神様に自分が参拝に来たことを知らせます。
 その後、お賽銭を入れましょう。

 次に「二礼二拍手一礼」の作法に進みます。

 まず、深く二礼し、その後に二回、柏手(かしわで)を打ちます。
 そして、祈りを捧げます。祈り終わったら、一礼をしましょう。

 これは、出雲大社など「二礼四拍手一礼」など、神社によって柏手を打つ回数が違うところもありますが、基本は「二礼二拍手一礼」です。

4.再び鳥居をくぐった後、一礼します。

伊勢神宮の参拝手順

伊勢神宮は外宮から内宮へ参拝するのが正しい参拝手順です。

また、外宮では個人的なお願いをしても大丈夫ですが、内宮では私的な祈りは避け「日本国全体が平和であるように」などの国家規模でのお祈りを捧げましょう。

1.外宮へ参拝します。

ここでポイントなのが、まず外宮内にある土宮様から参拝しましょう。

天照大神様や外宮の祭神である豊受大神(とようけのおおかみ)様に対して祈りを捧げることができるのは、一重に土宮に祀られている、伊勢の土地神様がそれを我々に対して許して下さったからです。

スポンサードリンク

なので、土宮様から隣の宮様方を参拝した後、豊受大神様へ会いに行きましょう。

2.内宮へ参拝します。

まずは、五十鈴川で手、口を清め。天照大神様が祀られている社殿へ行きご参拝しましょう。

その後、ゆっくり内宮内にある宮様達にご挨拶いたしましょう。

出雲大社の参拝手順

出雲大社では、他の神社と違い「二礼四拍手一礼」が基本になります。四拍手打つ理由としては、「しあわせ」の数だけ打つなど諸説あります。

1.大鳥居をくぐった後、右手に祓社(はらいのやしろ)と呼ばれる、小さい社殿が建っています。

ここでは、お賽銭を出した後、心の中で「祓いたまえ清めたまえ」を3回唱えます。
 これで、祓社の神々が穢れを祓ってくれます。

この社でも「二礼四拍手一礼」でご参拝しましょう!

2.手水舎で手、口を清めた後、鳥をくぐり本殿へと参拝します。

この時も忘れずに「二礼四拍手一礼」をしましょう。

3.神在月に神々が投宿する神殿が並んでいる場所がありますので、そちらでも同じように手を合わせます。

また、公開されていたりしなかったりがありますが、大社の社殿裏側に須佐之男命様を祀った社殿があります。
こちらも、参拝できるようでしたら忘れずに参りましょう。

大社参拝後は、稲佐の浜まで歩いて行くことができますので余裕があれば浜まで遊びに行くのも楽しいですよ!

さいごに

これだけ読むと難しそうと思うかもしれません。失礼な気持ちが無ければ多少、作法が前後したり間違えても大丈夫ですよ!まずは、何度か実際に神社へ参拝し手順を体に覚えさせることから始めると、初詣の時に焦らずスムーズに進みます。
後ろに人がいると思うと、緊張して折角、頭に入れてきた作法も飛んで行ってしまい、がっくりすることもあるかもしれません。そうなりたくない!と思ったら、一週間に一回でもいいので近所の神社へ参拝してみましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です