織田作之助の「杉山平一について」1

織田の「杉山平一について」という随筆は、先に杉山が「織田作之助について」という文章を発表した事を受けての内容となっております。そのため先に「杉山平一が語る織田作之助1」シリーズを一読してから、こちらの随筆を読むことを推奨します。

スポンサードリンク

以下、『』内の文章は1970年に講談社より出版された「織田作之助全集8」より「杉山平一について」を引用しております。織田作之助の研究の一助になれば幸いです。

『杉山平一の詩集の表題は「夜学生」である。彼の「鉄道」という詩の冒頭に、
 自分は鉄道が好きだ若しも詩集を出すとしたら題を鉄道にしようとさえ思う。
 という言葉があるが、彼は「夜学生」の方を選んだ。この題を選ぶのに相当彼は迷ったようである。先輩の意見を徴して、「夜学生」を撤回しようとしたこともあるらしい。僕にも相談して来た。僕は「夜学生」に賛成した。なお彼は迷っていたが、結局夜学生となった。想うに当然のことであろう。夜学生という言葉ほど杉山の詩のニュアンスをよく表現しているものはないのである。
 杉山は先月僕について書き、その中で僕の商売往来を実に丹念に挙げ、たとえば僕の「立志伝」では俥屋、うどん屋(散髪屋?)丁稚、古着屋、火夫、曲芸師などを列記しているが、ここで彼は夜学生を見落している。夜学生が商売でないからであろうか、それとも彼は照れてわざと見落としたのだろうか。いずれにしても僕にとってはこの見落しは興味深い。僕が「立志伝」でもっとも愛着を感じているのは夜学生のくだりであり、また杉山がその詩集でもっとも愛情を傾けて歌っているのは「夜学生」と題する詩篇である。そしてこの両者に描かれた夜学生のなんと似ていることか。
 夜陰ふかい校舎にひゞく
 師のいない教室のさんざめき』
 あゝ 元気な夜学の少年たちよ
 昼間の働きにどんなにか疲れたろうに
 ひたすら勉学にすゝむ
 その夜更のラッシュアワーのなんと力強いことだ
 きみ達より何倍も楽な仕事をしていながら
 夜になると酒をくらってほっつき歩く
 この僕のごときものを嘲笑え
 小さな方を並べて帰る夜道はこんなに暗いのに
 その声音のなんと明るいことだろう
 あゝ僕は信ずる
 きみ達の希望こそかなえらるべきだ
 覚えたばかりの英語読本を
 声たからかに暗誦せよ
 スプリング ハズ カム
 ウインタア イズ オオバア(夜学生)

スポンサードリンク

 「やがて夜学に通いだした。昼間五会で散々疲れていた上だから夜更けて夜学から帰る暗い途はくたくたになってとぼとぼ歩いた。けれどもさすがに学校だけのことはあった。ワット イズ ジス? ジス イズ ア ブック。すらすら発音できるではないか。講義録とはだいぶ違う。アイ アム ア ミドルスクールボーイ。私は一人の中学生であると胸を張ってふと空を仰ぐと星がいっぱいだった。メニイ スターズ ブライト オン ザ スカイ。(中略)恵美須町の交叉点まで来ると、道はぱっと明るくなる。通天閣の広告燈が点滅して、青になり赤にかわるのを、夜学生たちはほっと見あげて胸に灯をともすのだった。夜学生たちの眼は生々と輝き、自然足は明るい新世界の方へ寄り道して行くのだった。(立志伝より)
この二つの詩と文章を比較してみ給え。ひとびはその余りに似ていることに驚くだろう。なぜそうなったか。二人の資質が余りに似ているからか。二人の世代に共通した感受性の故だろうか。この僕たちの世代については、杉山が先月書いている。
 「自分たちいま漸く廿代を終えた年頃の世代には、一つのじだいが 退潮しはじめ満州事変によって次の時代が来ようとしていた転換混頓のなかに青春を過したのであった。その多くはいま戦野にあるけれども、そして彼等はよく知っている筈だが、極めて無理想の而もその無理想を標榜するデカダンスでさえなかったようなぐうたらな思想的に廃頽の時代にあったと思う。理想や空想をもたず何事も実際的に考えた。夢なんてもたなかった。従ってこの時代に青春を過したものには、非常に歪んだ形で、地につかぬ恰好で身体をねじまげてでも、なんとか思想的であろうと難解な表明さをとるものと、反対に全然現実的な具体的な表明をとって、抽象される思想を軽蔑してしまって信じ得ないものとの二つの型がある」』

織田作之助の「杉山平一について」2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です