徳田秋声が語る尾崎紅葉1

明治文豪伝なるものが明治40年に編纂され、シリーズものとして出版されたのですが、その第一作目として、尾崎紅葉の逸話や人となりを聞き書きでまとめたものを含んだ本が出されました。その本に、徳田秋声も語り部として尾崎紅葉の思い出を語っておりますが、最初の出だしは泉が、泉が居て、泉が…と泉鏡花だらけですが、途中からきちんと尾崎紅葉について語り始めます。

以下、『』内の文章は明治40年に文禄堂より出版された松原至文著「尾崎紅葉」より徳田秋声が語った「徳田秋声氏談」から現代語訳した上で、引用しております。

徳田秋声氏談

 私が初めて紅葉先生の門に伺ったのは、左様明治二十五年頃でしたろう。今の法学士桐生悠々君と二人で、文学をやろうと思って上京した時、原稿の書いたのを持っていたので、先生に見て頂こうと思って行ったのです。その時泉が玄関に居ました。泉はこれまで途中で逢ったり雑誌か何かの口絵で見た事もあったので、顔だけは知っていたのです。先生はと尋ねますと、生憎その時はお留守でした。その後二度かり伺いましたが、いつも折が悪くてお目にかかれないです、一体何時頃ご在宅かと聞きましてても、不規則にお出かけなさるから、何時も定まってはいないとの事。で、仕方がないから手紙をつけて原稿をお送りしたのです。するとまずくていかんとかで、何でも突っ返されたのですよ。
 それッきり私は再び国に帰るようになり、桐生君は大学の方へ入りました。──大阪に放浪し、続いて越後に放浪し、二十八年頃また東京に上りまして、今度は乙羽君の心配で、博文館編集局の隅ッこに入る事になりました。何でも百科全書のようなものを手伝っておりました。その頃泉が『外科室』で売り出したように記憶します。泉は博文館へも、ちょいちょい来ました処から、いつはなしに話しをする、話してみると同国なので、懐かしいようにもなり、自然話しがよく合うのでした。するうちに、泉が先生は終始君の噂をしていらっしゃるが、遊びに来んか、来てみるがよかろうと言うので、つい私もその気になって、又伺ったのです。今度は柳川が玄関に居ました。が、先生は矢張りお留守、辞して出ようとする時、台所口から紺飛白の単衣を着た丈の高い影が内へ入った、先生だなとは思いましたが、引き返すも可笑しいもんですから、そのまま行きかけると、ちょうど寺の横町まで来た時、後ろから柳川が追ッかけて来て、先生が唯今お帰りですと言う。じゃお目にかかろうと戻りました、時に夜の八時頃だッたように覚えます。

 先生は二回の二間にあるうち、入り口の広い方おいででした。これまで想像していたよりも余程ちがっていました。すました方、にやけた優男のように想っていたのは、大きな誤りで、ごくさっぱりとした、崩落な方で、何でも胡座をかいて、扇子一本持っていろいろお話しをして下すッたのです。話しの中に、自分は近頃ディケンスを読んでいるが、彼の作には非常にウィットがあるとの事、先生の文章にも矢張りそのウィットが多いようです。それから私に何か書いてみぬかと、仰って短い亜米利加小説の原文を下さって、これを訳して来いとの事でした。その晩帰ると二日ばかりして訳して持って行きました。ところがこんなに細かく書いてはいかん、半紙のあついのに、もッと大きく奇麗に書いて来いと言われました。で又その晩方この度は一枚五行くらいの大きさに書いて行きましたが、その時は別にたいしたお話しも伺わなかったようです。その小説は「近畿自由」とかいう新聞に載りました。矢張りその時でしたが、俳人の話しがあって、中間のうちで運座があるが出ないかとの事で、それから私もちょいちょい出かけました。
 兎角するうち、小栗が番頭になって、箪笥町ニ塾を開く事になりました。塾へは先生も終始お出になりますし、私が親しく先生に接したのはこの頃です。
 それから先生の平常について、思い出した事を一つ二つお話ししましょう。』

徳田秋声が語る尾崎紅葉2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です