織田作之助の随筆「大阪の詩情」1

個人的に「大阪の詩情」は織田作之助の随筆の中では好きな作品の一つですが、青空文庫には未掲載です。織田作之助を取り巻く、大阪界隈に潜んでいる詩情の一端に触れられたらと思います。

スポンサードリンク

以下、『』内の文章は1970年に講談社より出版された「織田作之助全集8」より「大阪の詩情」を引用しております。織田作之助の研究の一助になれば幸いです。

大阪の詩情

瓦 斯 燈

 心斎橋の七不思議というようなものが仮にあるとすれば、その一つは最近まで心斎橋の上にともされていた瓦斯燈ではなかろうか。
 明治二十一年発行の「大阪繁昌番附」によると、瓦斯燈は、洋燈、新聞、人力車、トキエなどと並んで「真に文明開化の王」となっている。当時、瓦斯燈が大阪に出現するや、ハイカラな大阪のひとびとは、新奇を競って「これぞ真に文明開化の王だ」と、戸毎に瓦斯燈を仕様したことであろう。柳の巷では、柳の葉かげに瓦斯燈の青白い光をのぞかせて、ひとびとの心をそそったに違いない。人力車に乗った客がそれを見て、しみじみとハイカラな抒情の灯を心にともしたことであろう。
 五、六年まえなら、文明開化の王はさしずめネオンパイプの軽薄な灯であったろうが、今なら防空用の親子電燈をつけて、いろいろに調節している方が「真に文明開化の王」ではあるまいか。
 最近私は明治時代の大阪の風俗を書きたいと思い、いろいろに思案を重ねたが、大正生れの私にはどうにも明治の大阪情緒というものが、頭にうかんで来ない。結局、芸もなく、人力車と瓦斯燈、ことに瓦斯燈の光が、大阪生れの私が明治をしのぶよすがともなろうかと、のんきなことを考えたのである。大阪落語の名人、初代春団治は、宣伝のためでもあろうか、それとも物好きでか、寄席から寄席へ駈けつけるのに、朱塗りの人力車を乗りまわしていたということだが、春団治が朱塗りの人力車で瓦斯燈の街を走っていたとは、いかにも明治の大阪らしいではないかと、私は見たこともないその風景を、ひそかにたのしんでいるのである。

スポンサードリンク

 四、五年前私は東京の本郷台町にいたが、その頃私は毎晩のように追分町界隈まで七、八丁の道を散歩していた。追分町の瓦斯会社の前まで来ると、私は思わずほっと心に灯のともる想いがした。そこは瓦斯燈があってその青白い光がしみじみと冴えて、夜の底を照らしているのであってた。私はんということもなしに、夜汽車の食堂車を想いだしたりしたものであった。そしてまた、痩せた男が人影のまばらな黄昏どきの公園の中で、梯子をかついで瓦斯燈に火をつけてまわる、──そんな仏蘭西映画の一場面も想いだされた。
 そうして、私は再び生まれ故郷の大阪に住むべく、大阪へ帰って来ると、大阪にもまた、遠い昔の名残りのように瓦斯燈がともっていた。しかも、それが心斎橋の上なのだ。うっかり通り過せば、気づかずに渡ってしまうところを、さすがに私は電燈の光では見られぬそのあえかな美しさに、うっとりと佇んでしまったのである。
 そして、また、御堂筋の並木のかげで、瓦斯燈の光の下にうずくまっているのは、客を待つ俥ひきであった。明治の大阪がよみがえったのかと、私は驚きかつ嬉しかった。
 しかし、私はわざわざその人力車に乗ってみるほどの物好きには、さすがになれなかった。ところが、ある夜、知人を訪問する途上、私はひどい土砂降りの雨に会うて、自動車を探したが、なかなか見つからぬ。傘も持たず、うろうろ濡れて歩いていると、乗らんかと声を掛けられた。見ると、俥夫であった。致し方なく俥上の人となり、私は幌のセルロイドの窓を通して、雨に煙っている瓦斯燈の光をながめ、ゆくりなくも明治の大阪をしのんだことであったが、やがて目的の知人の家に着き、俥から降りると、近所のひとびとが、傘をさして、私の周囲をとりかこんで来た。なんのことか判らなかったが、あとで考えて見ると、私は医者と間違えられたのである。着物の裾を尻からげした医者が昭和の大阪にあろうか。』

織田作之助の随筆「大阪の詩情」2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です