徳田秋声の随筆集「灰皿」1

「私は随筆文学をあまり好かない。」から始まる印象的な徳田秋声の随筆集「灰皿」ですが、なぜこれが世に出たかと言えば、まずは出版元である砂子屋主人の好意に加え、秋声氏の息子である一穂氏が編集と校正の一切をやってくれた事が大きかったようです。当時、秋声氏は66歳。今で言えば老眼鏡が必要になっている年頃です。

スポンサードリンク

以下、『』内の文章は昭和13年(1938年)に砂子屋書房より発行された徳田秋声の随筆集「灰皿」より現代語訳をした上で引用しております。徳田秋声の研究の一助になれば幸いです。

『最近私は花袋全集に憑かれたような日が幾日か続いた。そして床の間に積まれた、やがて、二十巻以上に達する全作品、旅行記、感想文の中から、その当時評判のよかった作品を十以上も読んだ。明治の中葉から昭和に至る四五十年間にそれぞれの仕事を残した作家はすこぶる多い。その全集もまた殆ど四十には上がっているだろう。中には一巻あるいは二巻三巻阿で事足りているものもあるが、相当の巻数に上がっているものも沢山ある。もっとも全集といっても、過去の作家のものよりも、現在作家のものの多いのは、現在の文壇にそう長い歴史がないからである。正宗氏に言わせると、凡庸の水準を抜いているものは一つもないというのであるが、これは多分外国文学の水準から言ったものであろう。しかしその物の考え方と見方とで、日本の文化が西洋の文化に及ばないと言うのと、同じ論法である。勿論ゲーテやトルストイやドストエフスキーやツルゲーネス、ないしはゾラ、ゴングール、ロマンロラン、ジイドのような大きさや高さに登っている作品があるとは思えないが、開国以来西洋の文化を移入するに当たって、民族の生存の急に応ずるためには、なにをおいても功利的な方面から手をつけなればならなかったことは勿論で、制度や科学が自然先に立つことになり、その中でも資本主義的機構と軍備が最も重要視されて来た。美術や音楽はその芸術の功用が文学より国際的社会的に比較的謙著な地位を占めるものなので、何とか彼とか言っても文学に比べて、政府の息がかかり富豪の支援を得ている。考えようによってはそれも好し悪しだが、兎に角文学ほど継子扱いにはされなかった。自由主義を奉ずると否とに拘らず、文学が本質的に政府の御用には立たず、金権にも阿附しなかったのは、西洋は知らず、支那や日本においては、それが昔からの伝統なのである。支那は古来文学を重んじた国に違いないが、好い詩文は大抵感化不遇のあいだから生まれている。明治の文学が必ずしも特に感化不遇であったとはいえないが、漱石氏が小説に当たってから遂に大学を去って、溜飲を下げたというようなことは、単に漱石氏の文人気質とばかりは言えず、アカデミーの空気と文学とが一致しえない特殊の事情によるものである。私が芸術院会員を受けたのには別に説があるが、それはここで言う必要はない。
 それにしても日本の文壇が、既に三十四十、あるいはそれ以上の個人全集をもっているということは、その実質は暫く問わないにしても、それが四五十年間の各時代に生きた作家達の鬱屈した生活の結晶である点で貴重視さるべきである。それらの個人全集の生命は必ずしも同じだとはいえない。不朽だとも思えない。死んでしまえば、直ちに跡形もなく消えてしまうものもあり、生前の人気を死後幾年あるいは幾十年持続しうるものもあるかも知れない。その時代時代に振り当てられた役割を果たして、殻となって残るもの、風俗世体の考証資料として保存されるものもあるであろう。

スポンサードリンク

 「花袋全集」について書くつもりで、つい冗漫な前置きを書いてしまったが、この全集はその装丁や題字に感服しない点があり、偉大なる作家花袋氏の業績にふさわしくないのを残念におもうが、序文や解説はあまり無用の詮索に走らず、要を得ている点で編集者の努力を多とすべきであろう。最初私は「独り山荘にいて」という作品を読んで、それが氏の文学と家庭と恋愛との三つの交叉点に立っている点において興味をもったのだが、何よりもその作品に気取ったスタイルや思わせぶりな詠嘆がなく、淡々として山荘独居の静寂境を叙してある点に、作者の風格を偲ぶことができると同時に、氏が尚そう深い執着の泥田に足を踏み込まない頃の恋愛の逸楽を描いた詩境に同感したのである。この禅僧のような山荘生活の静かな中に、氏の熱烈な恋愛、苦悶、嫉妬が、しばらくその憩いを得ていたものであることは勿論である。
 「生」、「妻」、「縁」の三部作には、私はまだ手をつけていないが、「重右衛門の最後」、「田舎教師」は初期の自然主義的作品としては典型的なものであり、ゴングールの手法を得たものだという点も頷かれる。「一兵卒の銃殺」は前の二篇の手法から見ると、手触りのこうこう生温かいもので、あれほど突き放しては書いていないし、省略法が考えられていないので平面に流れ、心理描写も深いとは思えないが、何か洋々とした人生の姿に接することができる。総て氏の作品にはトリックや気構えがなく、どれを見てもそこに人生の姿が洋々として流れている。勿論題材が「一兵卒の銃殺」である以上、現実描写において筆を拘束されていることは今も昔も同一揆で、その点ちょっと歯痒いところもあるが、今もしこれが映画化される自由を有するものだとしたら、その大衆的な点において、かなり大きな効果を収めるに違いない。「田舎教師」もまた新劇や映画の好い台本である。その他そういうものは沢山ある。私は紅葉、漱石、鴎外諸士のものばかりでなく、これ等花袋氏のものも、充分現代の大衆の前に持ち出されて然るべきものだと思っている。
 花袋全集については、もっと読んだうえで又書きたいと思っている。(昭和十三年一月「あらくれ」)』

徳田秋声の随筆集「灰皿」2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です