徳田秋声の随筆集「灰皿」3

2では、森鴎外の全集について、語っていた秋声ですが、今回は室生犀星と共に小杉天外氏を訪ねて鎌倉へ行った時の思い出話しです。犀星は「あやめ文章」の「四君子」内で、秋声と共に天外氏を訪ねたことを最初から順を追って書き記しておりますが、秋声は天外氏との思い出を鎌倉の季節にあわせて味わい深く書き記しています。

以下、『』内の文章は昭和13年(1938年)に砂子屋書房より発行された徳田秋声の随筆集「灰皿」より現代語訳をした上で引用しております。徳田秋声の研究の一助になれば幸いです。

『最近私は室生君と同伴で、一日鎌倉に遊んだ。鎌倉に遊んだというよりも、小杉天外氏と旧友細野燕台氏を訪問したという方が一層分明(はっきり)しているが、この両氏はいずれも既に閑散の地について、悠々その幸福な晩年を送っている点で、巷塵に埋もれている私などの齷齪(あくせく)した生活気分とはまるで違ったものがり、戦争の話しも文学の話しも出なかったので、私も一日のんびりした気分で楽しい清遊の一日を過ごすことが出来た訳である。私はその前にも別の仲間と江ノ島鎌倉に遊び、ちょうど長谷寺や鶴岡八幡宮社前の池のまわりにある美事な桜の見頃だったので、背景がわるくないだけに、思わず春の気分を満喫することができた。花──殊に桜の花はむらがりとして眺めるときに爛漫とした美しさがあるのだが、しかし花の美をめづるのに必ずしも沢山の花を必要としない。隧道のように両側から枝を差しかわしている土堤の桜よりも松や杉などのあいだにある一株二株の埃を浴びない花の方が遙かに雅致がある。鎌倉も単に空気がいいとか、海が雄大だとかいうことだけだったら、唯の別荘地にすぎないのだが、長谷の観音や大仏や、乃至八幡宮、建長寺円覚寺などの歴史づきの建造物などと相照応した、山と海との中古の神厳な気分があるところに魅力があるので、少々の桜の点綴(てんてい)も、東京に見られない古雅なものに思われるのである。私には信仰はないし、寺などもあまり好きではないが、日本の自然を美しくしているものは、何といってもそれらの古い建造物である。東京の町でも自然に接することができるのは、今は残在の神社仏閣以外にはないと言ってもいい。

 今度行った時には、勿論花はもうなかった。八重桜がいくらかあったに過ぎないが、落花後の新緑の雨の風情は花に優るとも劣るところはなかった。
 細野燕台氏は私の小学校時代の友達で、家は酒造業であった。学者であった父はすこしかわった人物で、氏を五香家(ごこうや)休哉という支那文学の大家の許へ送って、詩文碑史詞曲を学ばしめた。長じてから実業にも志したが、支那文学の造詣を深めて行ったことは勿論であった。私は三十代四十代に、たまに帰省すると、氏は必ず私を招いて一夜の清遊を催すのが例であったが、惜しむらくは私に素養がなく、氏の筆蹟や文庫に見馴れぬ字ばかり多いと同様に、その説話も金瓶梅や紅楼夢、元時代の戯曲、詞曲に関するものであった。就中詞曲のもっとも得意とするところで、文字の豊富流麗なのもその蘊蓄(うんちく)の深さを語るに十分であった。金瓶梅書伝とでも言うべき珍本を見たのも、その時分やっていたセメントの店の奥座敷で、それにはそれを借読した内藤湖南氏の讃辞が、巻尾にあったかと覚えている。金沢はお茶趣味の愛玩されるところで、風流人との交際には、そんな修養も必要なので、氏はその方にも頭を突っ込んだ。北鎌倉の最明寺の跡を卜(ぼく)して、庵室を構えたのは、今から十年程前のことで、前の星ヶ丘茶寮の北小路氏とも親交があり、今の中村氏の代になってからも、多分関係はあるのだろうと思う。』

清遊(せいゆう)・・・風流な遊びをすること。
点綴(てんてい)・・・ものがほどよく散らばっていること。また、一つ一つを綴り合わせること。
卜(ぼく)する・・・うらなって良し悪しを決める、または判断する。

徳田秋声の随筆集「灰皿」4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です