大人の塗り絵を100倍たのしむ方法!

書店に入ると大々的に『大人の塗り絵』の特集が組まれていたりしますね。ここでは、塗り絵に挑戦してみたいけれど何を目安に色鉛筆を購入したら良いか解らない方。あるいは、塗り絵の本ではどれを選ぶとストレス無く挑戦できるか説明しています♪

スポンサードリンク

大人の塗り絵を始める前に、色鉛筆について学ぼう!

色鉛筆には、油性色鉛筆と水彩色鉛筆があります。

一般的な色鉛筆は、油性色鉛筆になります。
水彩色鉛筆は、文字通り、色を塗った後に、水を含ませた筆でなぞると芯材が水溶性なので色が溶けだし、水彩画のような仕上がりになります。

一方、油性色鉛筆は、ワックスを使って鉛筆の芯材となる顔料を固めています。
なので、油でしか芯を溶かすことができないので、油性色鉛筆として分類されます。

また、色鉛筆の芯は硬質、中硬質、軟質など、さまざまな硬さがあります。

筆圧が高く、強く鉛筆を握りしめる方は、画材屋さんで色鉛筆の試し書きができるお店もありますので、ご自分の筆圧にあったものを選びましょう!
筆圧が高いのに、色鉛筆の硬度を考えずに購入し、いざ色を塗ってもすぐ手が疲れてしまい、楽しさを味わうことができない可能性があります。

基本、日本のメーカーによる油性色鉛筆は軟質だと感じる製品が多く。
長時間、塗ってもストレスを感じにくく。色鉛筆で色を置いた場所が綺麗な光沢を放つ製品が多いです。

逆に、海外メーカーの水彩色鉛筆は日本のメーカーに無い、ヨーロッパの風景を感じさせる繊細な色合いのものがあるのが特徴です。
水彩色鉛筆の場合、ワックスで固められていないので、塗った後、表面はマットな感じに仕上がります。

油性色鉛筆、水彩色鉛筆。ご自分の好みに合った製品を選んで使いましょう♪

大人の塗り絵用の本は、曼荼羅など好きな色に塗っても良い本を選ぼう!

塗り絵は比較的、簡単な図形ものを選びましょう。
大きな花の絵柄など、塗りたいと思った図柄があればその本を選ぶのが最良です。

無ければ曼荼羅など、形はあるけれど比較的、自由に塗っても形になるものを選びましょう!

凝った本は塗るだけでも大変なのと、例えば「今、とても紫色が塗りたい気分!」だったとしましょう。
この場合、塗り絵にお城などが描いてあった場合、果たしてお城の壁を紫色に塗る事ができるかどうか、少し考えてみましょう。

できる方はご自分の塗りたい本を購入されたので、大丈夫です。
ですが、常識の観点から、お城の壁や柱はを白に塗らないといけない!と考えてしまい。
常識が邪魔をして、本当に塗りたいと思った色を使って塗れない場合があります。

スポンサードリンク

なので「塗りたい色」がある場合は、曼荼羅などの塗り絵の本を。
そうでなく「塗りたい絵柄」がある場合は、その絵柄が掲載されているものを購入しましょう。

塗り絵は、飽きたらやめること

色鉛筆で色を塗っていると、最初の内は楽しいのですが。鉛筆をたびたび持ち替えたりと、煩わしい点もあります。
また、30分以上かけての作業は逆にストレスを感じるというデータもあるようです。
なので、塗り始めて飽きたら。あるいは、苦痛になってきたら即座に辞めましょう。

塗り絵は完成させなくてもいい

塗り絵を楽しむコツは、塗り絵を完成させなくてもいいということを念頭に塗りましょう。
楽しむために購入したのに、中途半端に色を塗って放置したままでいいのかと思うかもしれません。

ですが、義務感で完成させた後にその塗り絵を見ても、嬉しく感じられなかったりします。

無理に完成させなくてもいい。

完成させないことをご自分に許し、塗りたいところだけを好きなように塗って下さい。

新しい塗りたい絵があったら、塗り途中のものは放ってそちらを塗って下さい。
また、どうしても完成させないと気持ち悪い方などは、そのまま完成させましょう。

上手く塗ろうとしなくていい

最初は、誰でも下手です。

そして、塗り絵は基本、誰かに見せるものではありません。
言葉では上手く言えない気持ちも、色を塗るだけだったら簡単です。
心に溜まった感情を、思いつくまま色でわーっと塗ってもいいんだと、ご自分に許可を出しましょう。

ぐちゃぐちゃでまとまらない感情は、誰の中にもあります。
それに向き合い、自分の本当の気持ちに気づくためのツールとして塗り絵を活用することもアリなんだと、自分を許しましょう。
そして、綺麗に美しく仕上げなくてもいい。
暗い色ばっかり使ってもいい。
ピンクばかりで塗ってもいい。
そういった一つ一つのことを、ご自分に対して許しましょう。

なぜなら、全部。かけがえのない、大切なあなたの一部です。

逆に、上手く塗りたい!この塗り方をマスターしたい!と思った場合は。左ページに絵柄の元となったお手本つきの塗り絵を選んで挑戦しましょう!
1P、1P丁寧に塗るごとに塗り方における新しい発見や、技術が手に身につきますよ♪

さいごに

私自身、塗り絵が好きだということもあり。折に触れて、好きな色鉛筆を買い足したり、好きな絵柄を塗ったりと楽しんでいます。その楽しみがどうして長く続いているんだろうかと考えた時に、上記の点があるから趣味として続けていられているのだと思いました。素敵な色同士が隣合っているを見たら、メモ代わりに色を塗ったりなど。塗り絵には、様々な楽しみ方があります。皆さんの生活に塗り絵という楽しみを一色くわえてみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です