正宗白鳥の「塵埃」1

正宗白鳥は、作家としてスタートする前は新聞社で働いていました。その時の経験が生かされた小説として「塵埃」を書いています。生き生きとした編集局の描写と主人公の冷静な態度が印象的なこの小説は、収載された「白鳥傑作集」の冒頭において自身がこの「塵埃」を書いた十八歳当時から根本は殆ど変わっていないと素直に述懐しています。

以下、『』内の文章は1921年に新潮社から発売された「白鳥傑作集」一巻から現代語訳をした上で引用しました。正宗白鳥の研究の一助になれば幸いです。

『 「原稿出切」と二面の編集者は叫んで、両手を伸ばし息を吐き、ゆらりゆらりと、ストーブの側へ寄った。炎々たる火焰の悪どく暑くるしいストーブを煙で取り巻いて、破れ椅子に坐しているもの、外套のままで立っているもの、議会の問題や情夫殺しの消息、明日の雑報の注釈説明批評で賑わっている。
「築島君その女は美人かね」編集の岸上が一座の中に割り込んで問いを発した。
「実際いい女ですよ、青ざめて沈んでる所は可憐です。僕はあんな女になら殺されても遺憾なしですね、裁判官たるもの宜しく刑一等を減ずべしだ」三面の外勤築島は、煤けた顔に愛嬌笑いをして表情的に言う。
「そんなのろい男は、殺されたくても、女の方で御免蒙るさ」
「先ず何であろうと、僕は天命を保って、十分に面白い日を送りたい、いくら色男になっても、出刃包丁でずばりとやられちゃ駄目だからね」硬派の大澤が立ちかかった。
「安心し給え、見渡したところ、一座なかば心配のありそうな人はないから、まあお互いに銀座のほこりを毎日吸って、ほこりの中の黴菌に生血が吸われっちまうまで生きてるんさ、つまり天寿を保つ者はなし崩しに枯れて行くんだよ、しかしね、稚(わか)い木が風に折られてるのを見ると、多少風情があるが、蟲に喰われた枯木を見ると浅ましくなる、こんな枯木的人間が到る処にあるじゃないか」
「岸上流の哲学か」と大澤は時計を見て、縁の剥げた山高を被り、「どりゃ枯木伯大枝の駄法螺を聞きに行こうか」と、戸口へ行った。
「枯木でも風が当りゃ鳴るんだ、大枝なんか、つまり悲鳴を揚げてるんさ」

 一座はそれぞれ自分の席へ帰って、編集局は暫く静かになった。予は北側の机で、窓硝子の壊れから吹き込む鋭い風に、背筋を揉まれながら、小野道吉君と差し向かいで、校正に従事して局外から編集の光景を窺っている。南米遠征の企ての破れてより、何か有望の事業に取りかかる迄の糊口のためにと、ある人の周旋でこの社の校正掛りとなったのだが、何時の間にやら、もう三ヶ月になった。こんな下らない仕事を男子が勤めていて溜るものかと思いながら、詮方のなさの一日逃れで、撼天動地(かんてんどうち)の抱負を胸裡に潜め、鉄亜鈴(てつあれい)で鍛えた手に禿筆を握って、死灰の文字をほじくっているのだ。で、校正刷りの堆積が一先ず片付くと、予は机に肘を突いて、外(よそ)ながら外交汽車の壮語沢山の太平楽に耳を傾け、あの人達は、毎日内閣や議会に出入りし、天下の名士と席を同じゅうして語り、酒汲みかわして懇談する身でありながら、何故立身栄達の道を開かず、ストーブで炙った食パンを喰って、髭髪徒に白線を加えるに至ったのであろう、明けて二十六となるべき予は、社中最も年少の組であって、今こそ破れ布子で髪蓬々としているが、明年を思い明後年を考えれば、想像の糸は己を中心に、幾百の豊かなる絵画や小説を織り出す。艶麗な景も浮かべば、勇壮な潮も湧く、今二三日で四十歳になる、五十歳になると言いながら、腰弁(こしべん)の身を哀れとも感ぜず、無駄話に笑い興じている彼の人々の気が知れぬ。予はもしも四十位幾歳まで、この籐椅子の網が尻ですり切れるまで、この渦巻く編集局の塵埃吸わねばならぬと、天命の定まっているとすれば、未練はない、今日此処で舌を噛んで死んで見せる、食パンの味わいは一度で沢山だ、三百六十五日昼の弁当にして味わう必要はあるまい、自分の一生が食パンだとすれば、二三年経験すれば足っている、何も五十迄も六十迄も食パン生涯を続けるにも及ぶまい。』

撼天動地(かんてんどうち)・・・目を見張るほど活動が立派なこと。
腰弁(こしべん)・・・腰弁当の略。腰に弁当をさげて出かけること。または、地位の低い勤め人や安サラリーマンのこと。

正宗白鳥の「塵埃」2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です