三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」1

1934年7月に出版された「閒花集〔かんかしゅう〕」は、非常に繊細な詩集です。和紙を薄くしたような紙に印刷された詩は、反対側に印刷された文字が透けて見えるため、大変読みにくい内容となっています。まるで、薄氷の上に言葉が印刷されているようです。恐らく、梶井基次郎を亡くし、失意に沈んだ三好達治の正に薄氷のような心を表したかのようです。薄い氷のような感情の下には、溢れんばかりの涙が見えるような内容で、実のところ三好達治は梶井基次郎を多くの人に知って貰いたいと考える一方で、この詩集だけは梶井基次郎のみに読んで欲しかったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

以下、上記の「閒花集」を現代語訳した上で『』内にて引用しております。三好達治と梶井基次郎の研究の一助になれば幸いです。

『 この小詩集を梶井基次郎君の墓前に捧ぐ

 砂 上
海 海よ お前を私の思い出と呼ぼう 私の思い出よ
 お前の渚に 私は砂の上に臥〔ね〕よう 海 塩からい水 ……水の音よ
 お前は遠くからやってくる 私の思い出の縁飾り 波よ 塩からい水の起き伏しよ
そうして渚を噛むがいい そうして渚を走るがいい お前の飛沫〔しぶき〕で私の睫〔まつげ〕を濡らすがいい

 
「籠の中にも季節は移る 私は歌う 私は歌う 私は憐れな楚囚 この虜われが
私の歌をこんなにも美しいものにする 私は歌う 私は歌う やがて私の心を費〔つか〕い果して
私も歌も終わるだろう 私は目を瞑〔つむ〕る 翼をたたんで 脚を踏ん張って
この身の果を思いながら(それは不幸だろうか?)私は 私の歌に聴き耽る」

 昼の月
──この書物を閉じて 私はそれを膝に置く
人生 既に半ばを読み了ったこの書物に就て ……私は指を組む
枯木立の間 蕭条〔しょうじょう〕と風の吹くところ 行手に浮んだ昼の月 ああ
あの橋に乗って 私の残りの日よ 単純の道を行こう 父の許へ

 路傍の家
その家の窓のほとり 一つの節孔から
鼠の鼻が見え 隠れ
いま そこを囓っている
壁の中から いそがしく食器を洗う音

 理髪店にて
「鋏で切ってやったんです 腫物〔おでき〕ができたから」
憐れな金糸雀〔カナリア〕よ お前は指を一本切られた
元気な仲間のあいだにあって 片脚で立ちながら
思案の後でお前は歌う 私は耳を傾ける 稀れになったお前の歌に

 工場地帯
夕暮れの堀割に ほのかに降りた冬の霧
移るともなく移って行く 一つの舟の艪の軋み
……船夫〔かこ〕の動き
岸辺にたった煙突の おちこちの煙のなびき

スポンサードリンク

 漁 家
街と街との間から 山が見える 青い霞がかかっている
家と家との間から 川が見える ……舟がゆく
渚から 黒い猫が帰ってくる
南天の実で遊ぶ子ら 靴の踵をふみつぶして

 平 津
黒く光った柱に 春が来た その柱暦に
堤は遠く枯れたまま あれ犬が走る
枯れた蘆間を 犬が走っている
飛びたつ鳥もない……

 村の犬
かすかな木魂さえそえて 犬が啼いている 静かな昼の村
私はそこに立ちどまる「庭の隅 蔵の前だな?」
一つの屋敷の奥で 犬が啼いている
川向うの葱畑から またひょいと犬がとび出して 耳を傾ける

 揚げ雲雀
雲雀〔ひばり〕の井戸は天にある……あれあれ
あんなに雲雀はいそいそと 水を汲みに舞い上る
杳〔はる〕かに澄んだ青空の あちらこちらに
おきき 井戸の枢〔くるる〕がなっている

 一 家
鶫〔つぐみ〕の群れは 石鹸会社の空を来て
川を越え(……四つ手網しずかに上る)
三角州〔デルタ〕の樟〔くす〕の森に降りる 枯れた梢に
彼ら一家は休んでいる

 厩 舎
梅散り 厩に蝿が生れ
曳き出された馬の腹に
小川の反射がゆらいでいる
私の陰は 葱畑の葱の上

 新 緑
林の上の碧い空 繭のような白い雲
新緑のみずみずしさは 絵のようだ ……夢のようだ
私は吊橋の上に佇って わが身の影を顧みる
自分の眼が 信じられなくなったから

 チューリップ
蜂の羽音が
チューリップの花に消える
微風の中にひっそりと
客を迎えた赤い部屋

 百 舌〔もず〕
槻の梢に ひとつ時黙っていた 分別顔な春の百舌
曇り空を高だかと やがて斜めに川を越えた
紺屋の前の榛〔はしばみ〕の木へ…… ああその
今の私に欲しいのは 小鳥の愛らしい 一つの決心

 水 村
木立から木立へ移りながら 悪企みする春の百舌と
支柱にかけた竪網の 風に揺らぐ瀬戸の錘〔おもり〕と
それらいずれも 雀の声をまねている
とある屋敷の橙に そして雀も啼いている

 午前十時
午前十時 家鴨小屋の戸が開く 堰が切れた!
屋敷の裏の狭い空地へ 彼らは溢れ出る 躓きながら
彼らは渓流のように 真白になって走りこむ
満潮の堀割へ! 歌いながら 羽ばたきながら』

三好達治が梶井基次郎に捧げた詩集「閒花集」2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です