室生犀星が語る芥川龍之介1

室生犀星は、芥川龍之介の死後、彼についていくつか随筆を残しています。ここでは、その内の一つである「憶(おもう)芥川龍之介君」を紹介しています。

スポンサードリンク

以下、『』内の文章は三笠書房より昭和10年に出版された「犀星随筆集」の「憶(おもう)芥川龍之介君」から現代語訳した上で引用しております。芥川龍之介と室生犀星の研究の一助になれば幸いです。

『 「新潮」の芥川龍之介研究という座談会の記事を読んで、久米、広津の両君の芥川観が大変に面白かった。時は芥川君の好んだ梅雨の季節であるし、何となく芥川君のことを考えていると、「文藝春秋」から芥川君の思い出を書いてくれとのことであった。度たび追想記を書いたから今度は何を書こうか知らと、床に就いてからうつらうつらと考えていたが、茶棚の上に今朝ほど小林古径さんのお嬢さんから、家の娘におくられた近江の琵琶湖の大螢が白い蚊帳ごしに、明滅しながら燐のような光を放っているのを眺めた。籠が大きいので、立ったり落下したりする鋭い光芒が、陰陰として美しいというよりも妖しく、妖しいというよりも怖いような気がした。家人は睡り私と螢だけが家のなかに起きているようなものである。芥川君の最後に近い作品にある鬼気妖気の類が、この螢の光のなかからも分かれて入っているような気がし、私は容易に睡ることが出来なかった。
 金沢に芥川君が来たのは大正十三年の五月も終わりに近い頃で、兼六公園の翠瀧の上にある三芳庵別荘に俳人桂井末翁さんの紹介で案内したが、老楓、古松の間にあるこの別荘はうす青い蚊帳のなかにいるような空気が昼間も十二畳の部屋を一杯に領していた。南蛮舟入港の六曲折の前に跼(せぐくま)んで見ている芥川君はううむと一つ唸り、又ううむと唸り、心臓のひ弱い人のように、しまいに、はあ、はあと荒い息をつき出した。「金沢には佳い物があるなあ、こりゃ佳いなあ。」と感嘆して言っていた。

スポンサードリンク

 晩に町の北問屋というお茶屋で夕飯をたべてから、おそく三芳庵に戻って行ったが、自動車(くるま)には帽子(シャッポ)という名前の妓(をんな)に、仙吉という名前の妓とが同乗していた、そんならお部屋だけ拝見してゆくわいなと言って、暗い公園の迂曲した松の根上がりで凸凹した小径を登って行ったが、提行燈(さげあんどん)の明りも乏しい闇のなかで芥川君は長い髪を額に下げて、わあ! と叫んで女の前に立ち塞がって脅かしたが、彼女らは五位鶯の夜啼きのような鋭い声できゃあ! と叫んで逃げたりした。
「帽子(シャッポ)という妓は薄命らしい顔をしているね。一体、帽子(シャッポ)という名前を付けるなんてみずあげした奴も奴だが、はかないなあ!」
 芥川君は長嘆息をしたが、妓(こ)どもは先刻(さき)ほど喫驚(きっきょう)りしたことがなかったと言い、ずっと後まで胸を悸(き)きっしていた。
 帰路を京都に取った芥川君から、帽子(シャッポ)さんに長い手紙を送って健康に気をつけるよう呉々も注意し、京都の妓ども二三人の署名までがしてあった。余程弱そうな健康が気になったものらしかった。帽子(シャッポ)は芥川没後三年目に肺で亡くなり、仙吉というのも帽子(シャッポ)と前後して哀れに死んでいた。
 僅か三四日間の滞在ではあったが、金沢の方言に非常な興味を持ち、僕もとうに忘れているような言葉を何時の間にか覚えて、歌に詠みこんだりしていた。金沢川岸町の仮寓(かぐう)を訪ねて来た芥川君は長い川べりの土手を人力車に反り硬って乗っていて、色の白い優形の姿は鳥渡医科大学を卒(お)えたばかりの若い開業医のように見えた。菓子折くらいの小さいトランクに僅かな手回り品を入れた彼は、身軽に旅をする「五月の貴公子」のようであった。』

跼(せぐくま)る・・・体を前にかがめて、背をまるくする。
喫驚(きっきょう)・・・びっくりすること。驚くこと。
仮寓(かぐう)・・・仮の住まい。

室生犀星が語る芥川龍之介2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です