萩原朔太郎の水戸小遊記1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「水戸小遊記」と題して、室生犀星と共に水戸の高等学校へ講演旅行に行った際、見聞した当時の水戸の印象が記されています。ここでは「水戸小遊記」を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と室生犀星の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

『高等学校からの頼みで、室生犀星君と二人で、水戸へ講演旅行することになった。元来僕は講演が不得意で嫌いであるが、室生君と来ては病的に大嫌いで、講演ときいても怖じ気を震う位なのだが、何ういう風の吹き回しか、珍しく承諾して、僕と行を共にすることになった。
 上野を七時四十分発の汽車でたち、約二時間半にして水戸についた。常磐線の汽車には初めて乗ったが、沿線の風景の蕭条として、沼滞の多く葦荻の茂っているのが目についた。水戸駅には、既に顔馴染みになった高等学校の生徒二三人と、町で白十字という喫茶店を経営している人で、水高出身の八木岡という人が出迎えに来ていた。八木岡氏は室生君の熱心な愛読者であり、文学的造詣の極めて深い人であることが後でわかった。公園内の旅館で昼食をとってから、直ちに高等学校へ行ったが、校長始め職員の人たちが、非常に慇懃に応接されたので快かった。校長は人品高く、篤実(とくじつ)な老学者を思わせる風貌の持ち主で、応接特に丁寧懇切であった。
 講演は一時から始まったが、僕は前晩にひどく痔が痛んで、殆ど一睡もしなかったため、疲労で喉が渇き、声が涸れて出ない上に、頭が困憊して、甚だ不出来であった。これに反して室生君は意外に上手なので吃驚した。彼の講演嫌いの原因が、多人数の前に出てあがってしまうという、小心恐怖症にもとづくことを知ってる僕は、内心はらはらして心配しながら、舞台裏の部屋で聴いていたが、意外に態度の落ち着いている上に、諧謔(かいぎゃく)を弄して聴者を笑わせたりする余裕のあるには全く一驚を喫してしまった。室生という男とは、何でも下手だと言って厭がりながら、実際にやらせてみると意外にうまくやる男である。しかも彼のうまさは、器用人のうまさではなく、天真爛漫の素朴さが、却ってその巧まざる技巧となり、所謂無技巧の技巧となって成功するのだ。かつてもコロムビア会社から頼まれて、自作詩の朗読吹き込みをした時にも、室生の朗読のうまさに感心したが、それもやはり無技巧の技巧であった。

スポンサードリンク

講演後、八木岡氏の案内で水戸内を一覧したが、古い伝統のある城下町には似もやらず、甚だ情趣のない殺風景の町である。一本筋の本通りだけで、裏街のない都会というものは、すべて陰影のない乾いた感じがするものだが、水戸もまた例にもれない一本町で、夏にはさぞ街道が暑かろうという感じがした、城下町の癖に寺の少ないことも不思議であった。由緒ある寺の多いことは、町に幽邃(ゆうすい)の情趣と潤いをつけるものだが、水戸にそれが少ないのは、町を一層白っぽく乾燥して見せる原因だった。
 有名な偕楽園は、さすがに一覧の価値があった。今では市民の遊園地になってるらしく、梅時ではなかったけれども、かなりの人出で賑わっていた。八木岡氏の説によれば梅見時には難関を極め、東京あたりからの遊覧客で、俗悪極まる絃歌(げんか)乱酔地と化するそうだ。そう聞いてしまっては、再び此処へ梅見に来る気も起らない。しかし千波湖は美しかった。老松の翠色が鮮やかで、眼もさめるばかりであった。ただ庭園構成上に物足らないと思ったのは、千波湖が築山と別々に離れて孤立し、統一された聯絡(れんらく)がないことであった。もっとも最初の設計者であった水戸侯は、両者を包括的に統一したのであったが、後に地質上の変化によって、今日のようなものに変わったのだということである。とにかくその分離のために、公園全体が甚だ小規模に感じられ、金沢の兼六公園等に及ばないのを感じさせる。自称庭園師である犀星君は、この理を詳しく説明して僕たちを納得させた。』

幽邃(ゆうすい)・・・景色などが奥深く物静かな事。
絃歌(げんか)・・・三味線の音と歌声の事。三味線を弾いたり、歌ったりすること。

萩原朔太郎の水戸小遊記2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です