萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、古来より日本には確たる「思想」は基本的には無い国で、外国文学が輸入にされるに至って初めて「思想」が文壇に広まった事など、日本の文学史における「思想」の有りようについて萩原朔太郎が説明しています。

ここでは上記の随筆を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と谷崎潤一郎、正宗白鳥の研究の一助になれば幸いです。

『彼は詩人としては天才だが、思想家としては小児にすぎない。というのは、ゲーテがバイロンに与えた評であるが、この評はもっと一層適切に、日本の詩人や文学者に適用される。特に日本の詩歌人というものは、昔から花鳥風月を吟詠している風雅の士で、趣味に生きることを以て理想とする意外に、人生を「考える」ことの思想を持たなかった。今日の新体詩人や自由詩人と称するものも、この点では昔からの伝統人種で、彼らのほとんど大部分は、全く思想上の小児にひとしい。しかもこの国の風習では、思想上での小児たるこを以て、詩人の詩人たる純情性の所以と認め。自他共に却ってそれを誇りにしている有り様である。
 こうした「ことあげせぬ」国ぶりの風習は、ひとり詩人ばかりでなく、日本のすべての文学者に共通している。西鶴以来、江戸文化の花を飾った幾多の文人小説家中で、真に人生をデンケンした作家が幾人あったか。もちろん彼等は、体験によって人生を味得してはいたろうが、それを知性上に反省して、懐疑や問題を提出することを知らなかった。そしてこの作家気質は、明示の硯友社文壇を経て今日に至るまで、依然として日本の小説家に伝統しているのである。

 日本の文壇において、僅かに多少思想らしきものが萌芽したのは、共産主義のプロレタリア文学が流行して、若い作家たちの間に所謂理論闘争が行われた時だけだった。そうした彼等の思想は、政治と文芸とを混同し、経済学の原則で芸術を律しようとする如き、非条理極まる小児病的のドグマであったが、しかも文壇の既成作家等は、一も立ってその攻撃に応ずるものなく、そうした幼稚な思想にさえ、完全に屈服されてしまったほど、それほど全く無思想であった。日本の作家たちは、日本の詩人が風流人を自誇(みずからのほこり)する如く、自らまた人生の通人や苦労人を以て任じている。通人のイデーは、野暮から垢ぬけることであり、一切何事に対しても、理屈と同じく野暮の骨頂に考えられる。彼等がプロレタリ作家に対して取った態度も、明らかに「野暮を対手にせず」という如き自誇を示した。もっともマルキストの文学論の如きは、本質上から見て、文芸人の対手にすべきものではなかった。文芸にたずさわる人が、真に人生において思想すべきことは経済学の概念知識屋抽象理論を振りかざして、馬鹿の一つ覚えに勉強した弁証論などで、公式的な芸術観や人生観をすることではない。文芸の士がそんなことに熱狂するのは、中学一年生の乳臭い時代に属している。成長した文学者の仲間において、真に「思想」と呼ばれるものは、大学講座で学ぶ学問知識の謂われでもなく、抽象論の羅列でもなく、況んや外国思想の受け売りでもない。文学上で言う「思想」とは、それ自らが文学の内容となり、作家の生活となってるところのもの即ち作品の背後に哲学されているところの、作家乃生活体験への自己反省である。西洋の文学者等は、ジイドやヴァレリイを初めとして、すべて皆そうした思想を所有し、且つそれを詩や小説と共にエッセイにしている。然るに日本の作家たちには、作品外にも作品中にも、そうしたエッセイが全くなく、思想する精神がほとんど欠けている。したがってまたその文学が、身辺雑記的な報告文学の域を出ず。通人趣味の随筆に終わるのも当然である。』

デンケン・・・恐らく喧伝(けんでん)だと推察される。

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です