萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥3

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、今回は谷崎潤一郎氏に加え正宗白鳥氏について萩原朔太郎が熱く解説をしております!

スポンサードリンク

ここでは上記の随筆を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と谷崎潤一郎、正宗白鳥の研究の一助になれば幸いです。

『谷崎氏の小説は、実に全身全感、真に身を以て書いている「体当たり」の文学だが、そのエッセイもまた同じように「体当たり」で、どうにもならない切実の実感が、思想する呼吸の一々に息づいている。「文章読本」のごとき、比較的組織立った論文風のものであっても、読者はそこから抽象の理屈やロジックを感じないで、作者その人の直接に体験している「人生」を痛感する。況んや「陰影礼讃」のようなものになると、あまりに切実なる作者の悲願が、綿々として泣訴される嘆きを感じ、悲しくも美しい抒情をよむ思いがする。一体に谷崎氏の最近の文学は、小説でもエッセイでも、すべて本質上の「抒情詩」という感じがする。もっと詳しく言えば、盲人の弾く地唄の三味線が旋律する、あの寂しくも艶めかしい、しかもどうにもならない情痴無常のペーソスを歌ったところの、世にも悲しい抒情詩である。人は谷崎氏の文章を礼讃するが、私は氏を名文家とも美文家とも思っていない。ただ氏の文章は、いつもその「心の限り」を体当たりに叙べてるのである。そしてそれ故に、いかなる美文や名文にも増して、読者の心を強く打つのである。かつて昔、神戸で谷崎氏と逢った時、氏は私に向かって、当時私がまだ読んでいなかったところの、二人の文学者を紹介し、日本の最も偉大な詩人と、最も本格的な小説家だと言った。その一人の詩人は岡倉天心で、一人の小説家は中里介山であった。前者は英語のエッセイだから別として、後者の「大菩薩峠」は、どう読んでみても名文ではなく、むしろ悪文の範疇に属するだろう。しかも谷崎氏がそれを推挙する所に、氏の文学観の根拠するものが窺われる。そしてこの点が、常に体当たりの裸を嫌って、文章の粋美に凝った名文家の芥川龍之介と、対照的な関係になってるのである。

スポンサードリンク

 正宗白鳥氏は、漸くこの最近に至って、初めて真の善き理解者を得、正当の文壇的功績を認められて来た、と言っても好い程の作家である。実際氏の文学事業は、長い間一般によく理解されていなかった。その原因の主なるものは、氏が西洋流の知性人であることによって、あまり日本人的な日本の文壇から、批判の圏外に置き去りにされたのである。自然主義という名で呼ばれたイズムの中には、本能主義や曝露主義や写生主義やの、色々な矛盾した複雑なものを含んでいるが、本来浪漫主義の反動として興ったこの文学運土うが、感性よりも知性を重んじ、現実に即して人生を観察しながら、不退転の懐疑を続けるという一義をモットーとする限り、正宗白鳥氏のごときは、真に自然主義の本道を行った正統派の人と言うべきだろう。他の多くの輸入文学と同じく自然主義の文学運動も、日本へ渡来してから全く本来の良心(真実への探求熱意)を失い日常茶飯の身辺記事を漫談的に書くタダゴト文学と化してしまった中に、正宗氏一人がその正統の道を歩み、本来の良心を失わずにいたということは、却って日本の文壇において、氏を異邦人的な孤独者にした所以であった。
 こうした点において、正宗氏もまた、谷崎氏と同じく、体質的に西洋人臭い作家である。ただ両者の大いに異なる所は、谷崎氏が浪漫派の抒情詩人であるに反して、正宗氏はむしろ抒情詩を否定するところの、懐疑的なニヒリストであるという点である。しかしニヒリストの反面は常に必ずロマンチストである故に、正宗氏の場合は、むしろ抒情詩やロマンチシズムやが、生活の内部に止揚されてるという方が当たっている。したがって正宗氏の文学風貌には、谷崎氏のような派手やかさがなく常に地味にくすんでいて、燃え立つような情火が見えない。しかしそのくすぶってる埋火の中には、不断に熱して醒めないところの、綿々たる人生への悲願と情熱があり、真実への恒久な浪漫的イデーがある。およそ日本の文学者中で、正宗氏のごとく真に人生を懐疑し、深刻に噛み続けた人はないであろう。こうした点において、氏はジイドやトルストイやの外国文学者と全くその運命を一にしている。』

萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です