萩原朔太郎が語る谷崎潤一郎と正宗白鳥4

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「思想人としての谷崎潤一郎と正宗白鳥」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎が正宗白鳥の小説よりかは随筆を深く愛していることを綴ったものとなっています。全4回に渡ったこのコラムも今回で最後になります、おつき合い下さった皆様方、ありがとうございました!

ここでは上記の随筆を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎と谷崎潤一郎、正宗白鳥の研究の一助になれば幸いです。

『私は近頃、正宗氏の随筆を最も多くの興味を以て愛読している。むしろ私は、小説以上に氏の随筆を愛読している。むしろ私は、小説以上に氏の随筆を愛読しているのである。一体私は日本の文壇で言われる「随筆」というものを好まない。日本で随筆と言われるものは、たいていつまらぬ身辺雑記で、その上乗の出来と言われる物も、落語の名人圓朝の人情話を、長火鉢の前で聞くようなものである。(もっとも日本では、小説の名作と言われるものも、たいてい一種の随筆であり、その玄人受けのする面白味とは、所詮「話術のうまみ」に過ぎない。)ところで正宗氏の随筆だけは、こうした範疇から脱したもので、真に思想する精神とヒューマニティを持って書かれた厳粛なる「良心の告白」である。そうした氏の随筆は、谷崎氏のようにリリックではないけれども、冷静な知性によって仮借なく現実を凝視し、良心のあらゆる隅々を反省させる。そこには常に熾烈な主観が燃焼して、内攻している無言の「叫び」が聴こえている。谷崎氏の印象は「悲しい人」という評に尽きるが、正宗氏の印象は「痛ましい人」という言葉で尽きる。氏は実において、過渡期の十字架を負った受難者の一人であり、新日本文化の矛盾と闘争に正面して、勇敢に負傷した犠牲者である。
 正宗氏のような作家が、今日の日本に生まれたことは、氏のために非常に不幸な宿命だった。氏がもし仏蘭西や独逸に生まれたなら、そうした受難者になることもなく、結論のない懐疑のために自ら傷つくような悲劇もなかった。仏蘭西や独逸のごとく、文化がその伝統の上に正しく秩序している国々では、文学もっと楽しく余裕あるものになってるので、すべての文学者等が、専念にその創作の中で芸術の美的完成を楽しみ得る。然るに今日の日本では、むしろ文学する以前に、現実の切実な問題や矛盾が感じられ、純粋な芸術的美意識を著しく妨げる。今日の日本において文壇的に多くの仕事をするためには、そうした知性的の反省や感受性から、全く無関心になってる外はない。そしてまた実際に、そうした非思想的知性人が、多くの犠牲を強いられるのは当然である。氏がもし外国に生まれたならば、もっと楽しくもっと多くの小説を文学することも出来たろうし、おそらくまたその文壇的声望も、今日あるよりは数倍も高くなっていたにちがいない。西洋では知性人であることによって楽しく、且つ文壇的に幸福であることが、日本でその逆になってる程、文化の痛ましい現実相はない。永井荷風氏や、島崎藤村氏、それから佐藤春夫氏等も、また真に「思想する精神」を持った文学者である。しかしこれらの人々については、他日別の機会に語ることにしようと思う。』

いかがでしたでしょうか?萩原朔太郎の西洋的な、あまりにも西洋的なといった具合の独特の理論の展開が詩人らしいもののように感じられたのでは無いでしょうか?
ところで、萩原朔太郎はこの随筆集の中で、谷崎潤一郎と正宗白鳥を西洋的だと評していますが、逆に東洋的だと評している文豪がいます。その方は、何と武者小路実篤氏です。以下、「読書随感」より「武者小路実篤著「楠木正成」」を下記の『』内に引用しております。

『武者小路実篤氏は、昔から終始一貫した主義を持し、且つこれを生活行動に実践して、あくまで人生の真意義を求道して来たところの、真の人格者的ヒューマニストである。
 氏は昔からトルストイに私淑しており、自分でもその影響を受けたといわれてるが、僕の見るところによると、氏の本質は純粋の東洋人、というよりも純粋の日本人であって、トルストイ的執拗の霊肉相剋や、キリスト教偏執のモノマニアは、氏の文学にも性格にも殆どない。トルストイよりも、氏はむしろ孔子にに近く、孔子よりもむしろ二宮尊徳に近いのである。
 氏の数ある著書の中で、今度の「楠木正成」は特別に面白く、最近ますます円熟した氏の風貌を、さながら躍如として描出している。この書に描かれた楠木正成は、一面子供のように無邪気で、天真爛漫の楽天家でありながら、一面仏教の無常観や宿命観を支持して、しばしば人生をうら悲しげに、雲水の心で諦観している。しかもその悲観の極地にすら、自己の知己に報いる謝恩の念と、皇室に対する一死忠義の信念とは、烈々として熱火のように燃えてるのである。そしてこの楠木正成における全部のもの――無邪気な明朗さや、仏教思潮の影響や、七生報恩の忠義心や――は、実にそれら自ら日本人の実質する民族性に外ならない。すなわち武者小路実篤氏はこの書によって、日本人の民衆性をシンボライズするとともに、併せてまた生粋の大和民族であり、日本の古い貴族の一血統であるところの、著者自身の人格的全貌を描いているのである。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です