萩原朔太郎が語る詩人と宿命論1

昭和15年に河出書房より出版された萩原朔太郎の「阿帯」なる随筆集には、「詩人と宿命論」と題された随筆が掲載されています。内容としては、萩原朔太郎がなぜ自分が宿命論者になったのか、自身の詩作に基づいて説明しており、大変興味深い内容となっております。

スポンサードリンク

ここでは上記の随筆を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。萩原朔太郎の一助になれば幸いです。

『僕は元来宿命論者である。というと語弊があるかも知れないが、僕の思想内景には、多分に宿命的な月暈(げつうん/つきがさ)がかかっている。それで今度創元社から出した本にも、「宿命」という標題をつけたのだが、由来僕がこうした思想を抱懐するに至ったのは、必然の謂われ因縁が原因している。そしてその原因は、主として僕の過去の生活環境による如く思われる。僕は比較的富有の家に育ったにもかかわらず、先天的の遺伝気質と環境とに禍いされて、何一つ自分の自由意志を通じ得ず、時毎に自我を厭屈され、陰惨憂鬱の日を送り続けて来た。自己の意志が否定され、自由が抑圧される環境の中で、人が長い間忍従する時、避けがたく宿命論者になることの実証は、東洋的封建政治の圧制した印度、支那、及び幕府時代の日本等において、民衆の殆ど全部が「あきらめ」の哲理を信ずる宿命論者であることによっても明らかである。印度の仏教は、本質的に徹底した宿命論であることから、こうした東洋の国々に伝布され、民衆の生活の中によく呼吸づいた。
 僕の宿命論を誘動したのは、一つはまたショーペンハウエルの哲学だった。あの非独逸的なる独逸の哲学者は、印度のウパニシャットや小乗仏教から詩を学んで、これを西欧紅毛人の言葉に論理づけた。そこで明治文明開化の学問をした僕等にとっては、原文の抹香臭い仏教よりは、却ってそのバタ臭い翻案であるショーペンハウエルの言葉の方が、親しみ多く理解し易いというわけだった。

スポンサードリンク

 しかしながら此処に一つ、さらに僕を宿命論者たらしめた有力な原因は、僕が抒情詩の作家であり、詩人であったということである。詩の作家は、だれも皆経験によって知ってることだが、詩という文学の創作は、元来他力本願のものだということである。即ち詩という文学は、天啓のインスピレーションが来ない以上、絶対に一行も書くことができないのである。もっともこれは詩ばかりでなく、美術や音楽でも同じであり、すべての芸術の創作は、所謂「天来の興」に乗した時のみ、初めて可能とされるものであるが、詩の創作においては就中それが極端であり、殆どすべてが他力のインスピレーションで指導される。それ故に古来西欧の詩人等も、詩は詩人が作るものでなくして、神が詩人に憑いて作るものだと言ってるし、我が日夏秋之介君のごときも、その詩集の序の文して、詩は自動書記(自動的に文字を綴る一種の占策器)の類だと言っている。ボードレールは、その抒情詩や散文詩の中で、しばしばミューズに見捨てられ、霊感に見舞われなくなってしまった、老いた詩人の落莫たる悲哀を嘆いているが、世に霊感を失った詩人ほど救いなく絶望的なものはないであろう。他の小説や随筆等の文学は、たとい所謂天来の興が湧かない時でも、勤めて想を構成し、内に想いを練り、不断に努力勤労することによって、或る程度の仕事を成し遂げることができるのである。然るに詩の創作では、そんな努力や根気よさが、全く何の益にも役に立たないのである。詩はいかに想を構成しても、テーマを内に練り上げても、決して一行半句も書けはしない。詩人が詩を書く時の心的状態は、明白に一種の「神がかり」である。自分の意識の外にあるもの、自分自身で説明のできないもの、言葉の字義する観念ではなく何か不思議に朦朧として、むづ痒く心にむらむらとして湧いてくるものが、霊感によって発作をし、自動書記的にペンを走らせるもの、それが実に詩という奇妙な文学である。』

月暈(げつうん/つきがさ)・・・月の周囲に現れる輪状の光の暈。読み方は二通りありますが、この随筆の場合だと、げつうんと読んだ方がスムーズに読み進められるように感じられます。

萩原朔太郎が語る詩人と宿命論2へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です