谷崎潤一郎の詩人のわかれ1

以前から、一度それなりに長い小説を入力したいと考えていました。正宗白鳥の「塵埃」より長い作品で、あんまり長すぎても大変であるため、今回は谷崎潤一郎の「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」に挑戦してみました。楽しんで読んで頂ければ幸いです。

以下、『』内の文章は大正8年に春陽堂から出版された谷崎潤一郎著「呪われた戯曲」より「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」を現代語訳した上、引用しております。

『これは昔の話しではありません。ついこの頃の出来事なのです。
 三月初めの、あの日の朝のことでした。Aという歌人と、Bという戯曲家と、Cという小説家と、三人の男が何か頻りと面白そうに冗談を言いながら、山谷の電車停留場付近を、線路に添うてぶらりぶらりと歩いて行きました。
「おい!どうするんだ。歩いていたって仕様がないが、電車に乗るなら乗ろうじゃないか。」
と、一番先へ立ったAが、後ろを振り返って、号令をかけるように言います。
「しかし一体何処へ行く事になったんだね。」
Bがこう言うと、Aは懐ろ手をして、往来に股を開いて、ぬっと立ち止まりました。
「何処へ行くたって、兎に角浅草まで行かざあなるまい。何しろ私あ昨夜っから酒ばかり飲んで居るんで、今朝になったら腹がぺこぺこだよ。」
「何かうまい物が喰いたいな。」
と、Cは舌なめずりをして、溜まらないような句調で、
「……揚出しへ行って豆腐が喰いたい。え、おい、そうしようよ。」
「あはははは、又喰い辛抱が初まりやがった。だが豆腐たあ、いつもに似合わず淡泊だね。」
「豆腐は悪だよ。いっそ重箱で鰻を食としようよ。」
AもBの尾に付いて、豆腐に反対を唱える様子です。
「鰻かい?鰻はちっと利き過ぎるなあ。」
Cは顔をしかめながら、「いつもなら大串の二人前ぐらい訳なしだが、今朝はちいッと応えるよ。何しろ昨夜は君たちと違って、酒を飲まない代りに執拗い物を喰い通しに喰って居るんだからね。」
「そうだろう。来がけにライスカレーを喰って置きながら、むつの子とあひ鴨を己たちの分まで喰っちまって、後から赤貝に幕の内を喰った男だからね。──それでまだ豆腐が喰いたいのかい。」
 話しの様子でも分る通り、この三人は昨夜からこうやって、一緒に遊び歩いて居るのです。ちょうど前の晩の宵の口に、代地河岸の深川亭で催されたTという人の送別会が、三人の顔を合わせたそもそもで、その会衆も二次会までは付き合いましたが、それから後は三人だけの三次会になったのでした。
 まだ冬らしい冷たい風が吹いては居るものの、空はいかにもうらうらと晴れて居るのに、和服を着たAとBは、昨日の午後からの足袋を穿いて、乾いた往来をがらがらと引き擦って行きます。彼等は互いに無遠慮な句調で、悪口や冷やかしを言い合いながら、些細は警句にも小躍りをして可笑しがって居ますが、端で見る程単純な呑気な人だちでもないのです。正直を言うと、彼等は久し振りで、昔の飲み仲間が落ち合った嬉しさに、ついうかうかと浮かれ出して、際限もなくはしゃいで居るのです。
 ちょうど今から四五年前、三人がまだ二十四五歳の青年で、漸く文壇に名乗りを揚げた時代には、彼等は殆ど毎日のように一緒になって、東京中のカフェを飲み歩き、遊里に出没したものでした。その頃の彼等は、文壇のある傾向を代表する機関雑誌に、三人ながら筆を揃えて花々しく打って出たのでした。のみならず、彼等はたまたま東京に生れて東京に育った「江戸っ子」の特性を持ち、都会人に共通な長所をも弱所をも相応に備えて居たので、殊に互いに話しが合うように感ぜられました。そうして、三人ともまだ学生の身分でありながら、壮年の血気まかせ精力を恃(たの)んで、凄じい放蕩と放浪との生活へ、とめどもなく沈湎(ちんめん)して行きました。田舎生れの芸術家には見られない。機鋒の鋭い弁舌と、応用の利く才智と、洗練された官能の趣味とは、心私かに彼等の誇りとした所で、遊びにかけては彼等はたしかに、外の同輩より一段も二段も上手でした。地方から東京へ出て来て、同じ雑誌社の運動に携わった人々は、舌戦においても酒戦においても到底彼等の敵ではなく、まごまごすると彼等から「洒落のわからない男」として軽蔑されたくらいでした。
 しかしその実三人の交わりは、自分たちや同輩が最初に考えた程、それほど深く結び着けられて居たのではなかったのです。彼等は間もなくめいめいに、自分の性質や傾向が外の二人と大分違って居る事を発見するようになりました。AにはAの本領があり、BにBの使命があり、CにはCの天地がある事を、彼等は追い追いに気が付き始めました。これ迄三人が親密であったのは、彼等の芸術の目標が一致して居た為ではなく、ただ江戸人にありがちな利巧で遊び好きで諧謔(かいぎゃく)に富む肌合いが、共通して居た為だったのです。どうかすると、三人は三日も四日も流連(りゅうれん)して、財布の底をはたいた後、夕ぐれの待ちの四つ辻などで散り散りになり、悄然として思い思いの家路を辿る時などに、「己はいつ迄彼の二人に喰付いて居るのだろう。なぜ己は己だけの生活を営まないのだろう」などという後悔が自分の胸へひしひしと迫ってくるのを覚えました。「道楽がしたければ自分独りでするがいい。一緒になって無意義な軽口を叩いたり、迎合したりする必要はない。」こういう考えに絶えず責められて居ながらも、顔を合わせると彼等は直ぐに如才なく妥協してしまって、随分長い間、離れる事が出来ずに居たのでした。』

沈湎(ちんめん)・・・しずみおぼれること。特に酒や色にふけりすさんだ生活を送る事。
流連(りゅうれん)・・・何日間も家を離れて、他の場所にとどまること。遊里などで連泊し、遊び続けること。

谷崎潤一郎の詩人のわかれ2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です