谷崎潤一郎の詩人のわかれ3

昨年から引き続き、谷崎潤一郎の「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」に挑戦中です。本年も楽しんで読んで頂ければ幸いです。

以下、『』内の文章は大正8年に春陽堂から出版された谷崎潤一郎著「呪われた戯曲」より「詩人のわかれ(此の一篇を北原白秋に贈る)」を現代語訳した上、引用しております。

『「ところでこれからどうするんだい。何だかこのままじゃあ済まされないよ。」
 重箱へ押し上がって、白焼(しらやき)を肴に又朝酒を飲み始めたAは、二人を掴まえて散々に気焔を挙げ出しました。
「私あ今夜の十二時までにうちへ帰りゃいいんだから、これからどうしたってもう一遍待合(たいこう)へ行くよ。持ったが病で仕方がねえ。」
「それじゃもう一遍吉原へ引返すか」
 Bがこう言うと、Aはにたりと笑って、
「うん、そいつもちょいと悪かあないな。昨夜は大分もてたから。」
「よせやい、よせやい。華魁(おいらん)の惚けを言うようになっちゃ、もうお前さんもおしまいだぜ。」
 三人は腹を抱えて、ゲラゲラと笑いました。
「どうだい、いっそこうしようじゃないか。──今日はあんまり天気がいいから、郊外散歩をかねて、葛飾のFのうちを訪問しようじゃないか。自動車で行けば直きだから、晩方までには帰って来られる。それから後は、うちへ帰るとも待合(たいこう)へ行くとも、めいめいの自由行動にしたらよかろう。」
 こういったのはCでした。彼は今になってから、自分の軽薄な行動をしみじみと後悔し出して、今日の一日を不健全に送るのが、たまらなく不愉快になって来たのです。昨夜自分が首唱(しゅしょう)して、他人を誘惑した罪があるので、このまま袂を分かつ訳にはいかないまでも、せめて心機を一転させる方法を運らそうと考えたのです。
「ねえ、おい、そうしようじゃないか。晩にまた待合に行くにしたって、こんな天気に郊外を歩いて来ると、気が変わって面白いぜ。」
「そうさな、それもいいな。」
 と、Aは小首をひねって、
「Fの奴にもほんとに久しく会わないからな。この頃一体どうして居るか、彼奴の顔も見てやりてえ。」
「彼奴の事だから、や、よく来た!とか何とか言って、嬉しがって抱きつくぜ。」
 Fと言うのは、やはり三人と同じ時代に、同じ雑誌に関係して居た、九州生まれの田園詩人でした。「Fが新宿で女郎買いをして、三十円もふんだくられたとよ。彼奴(あいつ)も田舎者じゃないか。」との当時、よく三人はそんな噂をして、Fの間抜けな遊び振りを嘲ったものでした。彼等はFの詩人としての才分に充分の敬意を払っていながら、その肌合が違うために、古い友人であるにも拘らず、あんまり往復をせずにいたのです。そうしてFは、早くから孤独と貧窮とに馴れて、騒がず焦らず、超然と自己の道を守っていましたが、去年の夏から、結婚と同時に市川の町はずれの、江戸川縁(えどかわべり)に草庵を結んで、そこに侘しく暮らしているのです。
「行くなら此方から喰い物を提げて行こうぜ。貧乏な所へ押しかけて行って御馳走させちゃ可哀そうだよ。」
 と、Bが発議しました。

「御馳走になるもの気の毒だから、彼奴を誘い出して川甚へ行って飲むとしよう。──だが何だな、鰻がこんなに余っているから、土産にすると丁度いいんだが、白焼じゃあ仕様がねぇな。」
「どっこい、そいつあ好い知恵がありやす。」
 と、Cは気障(きざ)な調子で顎を撫でながら、
「女中にそう言ってその白焼を蒲焼に焼き直して貰うんさ。ちっとしみったれな考えだがね。」
「そんな事が出来るのかい?へっそいつあ旨(うめ)えや。蒲焼の御み折を提げて行きゃあ豪儀(ごうぎ)なもんだ。」
「Fの奴あ何も知らねえで、旨がって喰うだろう。」
 三人は機嫌よく笑いました。
 それから三十分ほど立つと、三人を乗せた自動車は、江戸川縁の桜の土手を走っていました。
「うん、なかなかこりゃあ好い景色だ。こんな所へ来て見るのも、たまにゃあいいもんだな。」
 Bが煙草をくゆらせながら、きょとんとした顔つきで、こんな事を言います。
「今日見たいに、天気のいい日はよかろうが、一年中住んで居るんじゃ淋しいだろう──おい、彼処(あそこ)に見えるのは、ありゃ秩父かな、筑波かな。」
 Aがこう言って指さした遠い野末の空には、武州上州の山々が、早春らしい薄霞の底に、頂の雪を光らせて淡く微かに連って居ました。
「これからだんだん暖かくなると、この辺に住むのも面白かろうな。来月あたり土手の桜が咲いた時分に、大挙してお花見に来ようじゃないか。」
「よかろう、是非やろう。──東京から芸者を引っ張って来るんだね。だがこの辺にいいお茶屋があるか知らんて。」
「あ、ここだ、ここだ、この辺だ。」
 前に一遍Fの家を訪ねた事のあるBが、声をかけて自動車を止めさせました。
「たしか彼処に見えるうちがそうだろう。」
土手の右側に、瓦を焼く竈が二つ三つ、土饅頭のように見えて、それからまた一二町左記の、田んぼのまん中にぽつんと立って居る一軒屋の前まで、自動車はだらだらと降りて行きました。』

首唱(しゅしょう)・・・一番先に言い出すこと。
豪儀(ごうぎ)・・・威勢のよいさま。素晴らしく立派なさま。

谷崎潤一郎の詩人のわかれ4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です