徳田秋声の折鞄(おりかばん)1

小説を入力してみようチャレンジ、今回から昭和3年に改造社から出版された現代日本文学全集 第18篇 徳田秋声集から「折鞄」に挑戦を始めました!ここでは左記の小説を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。徳田秋声の研究の一助になれば幸いです。

『 融(とおる)は何時(いつ)からかポートフォリオを一つ欲しいと思っていた。会社員とか雑誌新聞記者とか、又は医者のように、別段それが大して必要というほどのことはなかったけれど、しかしそれがあると便利だと思われる場合が時々あった。一日の汽車旅行とか、近いところへ二三日物を書きに出る場合とか、でなくても長い旅でもこまこました手回りのものを仕舞っておいて、手軽に出し入れのできる入れものが一つ有った方が便利であった。煙草、マッチ、薬、紙、ノート、頼信紙(らいしんし)、万年筆、雑誌、小さな書冊(しょさつ)、そんなような種類のものは、その全部でなくても、ちょっと出るにも洋服の場合は、ポケット、和服の場合は、袂(たもと)や懐に入れておけないことはなかったけれど、矢張(やはり)何か入れ物に取り纏めておく方が都合が好(よ)かった。しかしもともと事務的に出来ているポートフォリオが、事務家(じむか)とも遊民(ゆうみん)ともつかない老年の彼にふさうかどうか考えものであった。融は時々手提げの袋などを買って、その当座二三度持って歩いて悦んでいたこともあったが、何だかじじむさい気がして、いつでも棄てっぽかしてしまった。
「何(ど)うだろ、ポートフォリオを一つ買おうかな。」
 融は子供や妻と町を散歩したり、買いものに出た場合などに、鞄屋の店頭(みせさき)や飾店(かざりみせ)の前によく立停(たちどま)って言ったものであった。勿論それは実用品といい条(でう)、彼に取っては人のもつものを、ちょっと玩具(おもちゃ)に持って見たい程度の、子供らしい欲望でもあった。
「お父さんには少し可笑(おか)しいな。」子供は言うのであった。
 融はその時は子供に遠慮するように、買うことを止めたが、しかし何(ど)うかすると、鞄屋の前に足を止めることが、その後も時々あった。
 すると大晦日ちかい或る日のこと、彼は二三日それが続いたように、その晩も妻と大きい子供と町を散歩した。彼阿その前の晩も三人で、本屋を三四軒覗いて、劇に関する著述と俳諧に関する書物を買ったが、その又前晩(またぜんばん)にも、妻と二人で贈りもののお屠蘇の道具を買ったりした。ある晩なぞは途中で彼女がにわかに気分が変になって、急いで家(うち)へ引返(ひっかえ)した。
「何だか頭が変ですから、私帰りますわ。」
 彼女は悲しげな声で融に告げるのであった。

「ああ、それあいけない。大急ぎで帰ろう。俺が手を引いてやろう。」融は吃驚(びっくり)して、彼女の顔を見ながら言った。
「いいんですの。そんなでもないんですけれど、何だか変ですの。」
 融は若い時分から、時々出逢っているように急に、足の鈍くなった彼女が今にも往来に倒れそうな気がした。それほど彼女の顔色が蒼かった。顔全体の輪郭や姿も淋しかった。
「お前の顔色は大変悪いよ。まるで死人のようだよ。明朝(あした)医者においでなさい。何をおいてもきっとだよ。」融は語調に力をこめて、少し脅すように言った。勿論顔色がすごいほど蒼かったことは事実だし、秋以来ずっと健康を悪くしていることも解っていたけれど、その言葉には兎角病気を等閑(なおざり)にしがちな彼女を、少し驚かしておこうという気持ちの方が勝っていたことは事実であった。
 融は持病もちの彼女の健康に、彼女自身より以上の不安を抱いていた。もう二十年の余(よ)も前に、産後その病気が発生したときほどの嘆きと恐怖は、それほどでもなさそうなその後の経過と医者の診察とで、時々に薄らいでいて、年月がたつにつれて、慣れてしまっていたけれど、でも融はひびの入った危っかしい瀬戸物か何かを扱うような不安から始終離れることが出来なかった。そしてその病気に慣れて来てどうかするとまるで余所事のような顔をしている彼女を腹立(はらだた)しく思うことすらあった。
「自分独りの体だと思われては困るじゃないか。この頃はちっとも医者へ行かないようだが、近頃新聞によく出ている、腎臓から脳溢血をひき起して死ぬ人のことを読む度に、俺はぞっとするよ。」
 融はついこの頃も、朝早く起きて、子供の弁当なぞの仕度をして、疲れた顔をして長火鉢の傍にすわっている彼女を窘(たしな)めたことがあった。頭のわるい彼女は、朝起きを昔から辛がっていたが、ごたつく台所の音が耳に入ると、矢張り寝てもいられないのであった。それに一度起きると、ちょっと横になって体を安(やす)めるというようなことが、絶対に彼女には嫌いであった。
「早起きしたときは、子供を出してから少し寝るようにしたらいいじゃないか。」融はそうも言ったが、しかし融が心配して何か干渉がましいことを言っても、彼女はいつでも素直に、「そうしましょう。」と答えたことはなかった。各段融の言葉が耳に逆(はむか)う訳ではなかったし、腹では感謝しているんではあったけれど、彼女の気分は、融がじれじれするほど硬くてむずかしかった。融は煩く世話をやくことを、控えなければならないようになった。勿論融が気がつかない時でも、利尿剤とか、処方によった薬などを、そっと飲んでいることもあって、融がいらいらするほど、ずうずうしくなっている訳でもなかった。』

ポートフォリオ・・・この作品の場合は、書類を入れて運ぶ平たいケース。それ以外の意味では、写真家など自分の作品集の事を指す。
頼信紙(らいしんし)・・・電報を打つときに使う専用の紙。現在では、電報発信紙と呼ぶ。

徳田秋声の折鞄(おりかばん)2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です