徳田秋声の尾崎紅葉3

小説を入力してみようチャレンジ、只今、伝記に挑戦中です。昭和3年に改造社から出版された現代日本文学全集 第18篇 徳田秋声集から「尾崎紅葉」に挑戦中です。ここでは左記の伝記を現代語訳した上、下記の『』内に引用しております。徳田秋声と尾崎紅葉の研究の一助になれば幸いです。

スポンサードリンク

『硯友社は、初め先生と山田美妙斎(やまだびみょうさい)氏、石橋思案氏などが発頭(はっとう)らしいが、美妙氏は先生よりも年長で、学校でも二年ほど先輩でもある。幼時隣合わせで、竹馬の友であったのが、後しばらく相逢(あいあ)う機会なく、大学予備門で再び相見た時には、実に手を取って互いに泣かんばかりの喜びであったというのであるが、後(のち)美妙氏は硯友社をぬけて金港堂(きんこうどう)へ入り、「都の花」を発刊して、やや口語体に近い言文一致で、清新な小説や韻文を盛んに発表して、その頃の文壇では実に花々しいスタートを切っていたものである。筆者の記憶するところによれば、当時の文壇では、坪内逍遙とか、二葉亭四迷とか嵯峨の屋御室(さがのやおむろ)とか外国文学の影響を多分に受けた人をのいて、独歩氏の所謂洋装文学(変な名だが)その実日本文学では、美妙氏の作品などは文献上みのがすべからざるものである。しかも西洋文学の影響は、むしろ紅葉先生などよりか深く多くて、今から見ては頷かれる詩的内容をもったものも少なくないのである。のみならず、初めは可なり奇矯で、独りよがりではあったけれど、思い切った言文一致で小説を書いたものは恐らく美妙氏が先駆で、その文学的功績に至っては、紅葉先生の下ではないと思うものである。この美妙氏が奇禍(きか)を負って、中途挫折し、世間から忘れられ、最初の訂盟者(ていめいしゃ)であり、後の競争者であった紅葉先生の盛名(せいめい)とは比較にならぬ敗残の晩年を送ったのは、個人としての何等かの欠陥があったのかもしれないけれど、芸術家としての運命は確かに不幸である。筆者はこれを社会的歴史的不公平と思うと同時に、美妙氏の才分(さいぶん)が本当に豊かにのびなかったことを惜しむものである。紅葉先生もまた友情として同感であったのではないだろうか。この二人の交友の事については、筆者も何等知るところはない。
 さて我楽多文庫はその後益々隆盛で、一時は毎号三千部を刷り、月二回発行で、一部の定価が三銭であったが、初めは各々(めいめい)鞄のなかに詰め込んで学校の休憩時間などに、大声に呼び歩いたりした。先生の風采はというと、紫ズボンと綽名(あだな)された、柳原仕入れ(やなぎはらじいれ)の染め返しの紺ヘルのズボン、日向へ出ると、紫色しているのを穿き、日陰町物の茶羅紗の羊羹色になった、ぼてぼて重い外套を引っかけ「現金でなくちゃいかんよ。」などと呼んで歩いたという話しである。それが遂に三千部を発刊するようになったので、当時の執筆者は美妙斎、思案外史、丸岡九華(まるおかきゅうか)、巌谷漣(いわやさざなみ)山人、それに新加入の川上眉山人(かわかみびさんじん)。

スポンサードリンク

 しかし幾ばくもなく、明治二十一年八月美妙氏が同社を脱退して、金港堂の聘(へい)に応じて当時創作雑誌の唯一の女王「都の花」を発行してから、本格的な営業雑誌でもなかった「我楽多文庫」は俄に光を失い、のち二十二年二月終刊の悲運に遭遇した。爾来(じらい)吉岡書店の「文庫」がその後を継ぎ、柳浪(りゅうりょう)、眉山、水蔭(すいいん)、乙羽(おとは)が執筆、寒月(かんげつ)や露伴なども寄稿した。
 それから「小文学」「江戸紫」など、興亡常(こうぼうつね)なき有り様で、二十四年に至った訳である。
 そこで先生はどうして大学を止(よ)したか。勿論文学熱に浮かされたためであったろうが、初め回覧雑誌風のものであった「我楽多文庫」が売品となったとき、編集員として先生も署名していたところから、学校の注意を受けた。先生は文学雑誌だからよかろうと考えたが、なにかと不快なこともあっって、一時は煩悶していたが、とうとう文科に入って二年目に断然退学してしまった。
 吉岡書店が「新著百種(しんちょひゃくしゅ)」を発刊した時、先生は創刊号に「色懺悔」という有名な美文もどきの作品を載せている。ちょうど美妙氏が「夏木立(なつこだち)」を発表して、名を馳せた後なので、先生も「色懺悔」の一篇には随分力瘤(ちからこぶ)を入れたという話しである。美妙氏の先駆的言文一致とはちがって、先生のは雅俗(がぞく)折衷であった。三馬(さんば)や也有(やゆう)や西鶴なぞから出た新文体で、実に凝ったものであるが、まだ小説というほどのものではなかったかと思われる。しかしその文名(ぶんめい)は一時に高く、二十三年十二月、まだ在学中であったに拘らず、読売新聞から礼を厚(あつ)うして招聘された。爾来先生の作品は大抵読売新聞に載ることになったが、人気作家として海内(かいだい)に文名をはしたのも、一つはそうした舞台を得たからでもあろうし、多数の読者を前において、努力精進したためでもある。
 春陽堂主(しゅんようどうしゅ)和田鷹城(わだようじょう)氏が最近まで連綿続いた「新小説」を発刊するにあたり、須藤南翠(すどうなんすい)、森田思軒(もりたしけん)、饗庭篁村(あえばこうそん)など、当時一流の大家三名の名をもって先生と小波(さざなみ)氏へ寄稿を頼んで来た。和田氏との親密な関係はこれから始まったものと見てよかろうと思うが、筆者が先生に聞いたところでは和田氏は紅葉という雅号に感服せず、美妙斎 かなんとかいった、もっとえらそうな号がいいと言ったというのである。』

川上眉山(かわかみびざん)・・・本作においては、ルビが”かわかみびさん”とルビがふってあった為、”びさん”と表記しています。恐らく、眉山(びざん)の山と山人(さんじん)の山をかけて、”さんじん”呼びを徳田先生が採ったからだと推察されます。
式亭三馬(しきていさんば)・・・江戸時代後期の地本(じほん)作家。滑稽本「浮世風呂」は、浴場を舞台に落語の話術を採用した軽妙な会話と当時の生活が活写された作品である。
横井也有(よこいやゆう)・・・江戸時代中期の武士で、俳句に通じた。俳文集「鶉衣(うずらごろも)」は洗練された雅俗混淆の文で書かれている。

徳田秋声の尾崎紅葉4へ続く

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です