ミントの育て方とポイント

ミントはシソ科の植物で、日本では薄荷(ハッカ)として名前を知られています。一般的な品種は、ペパーミントで仲間にスペアミント、アップルミント食用には向きませんがペニーロイヤルミントなどがあります。

スポンサードリンク

ミントの栽培過程

種まき 3月中旬~5月下旬

植えつけ 4月上旬~6月中旬

開花時期 7月上旬~9月中旬

ミントは花が咲くと茎や葉が硬くなるので、葉や茎を利用する場合は花が咲く前に早めに摘みとりましょう。

1 セルトレイ(育苗用の連結ポット)あるいはポットに培養土を入れて、指先で軽く3、4個ほど凹みをつけて各くぼみに1、2粒まきます。

2 本葉が5~6枚でたら、ポットから根の形を崩さないように取り出し植えつけます。
  プランターに植えつける時は、株の間を10~15cmとって植えましょう。

3 植えつけてから一か月後に一回追肥をします。一㎡あたりにつき発酵鶏ふんや油かすなどを20g~30gほど施肥します。
  それ以外では、春の生育期、開花期、収穫後に一回ずつ追肥をしましょう。
  プランター栽培でしたら、液肥を挿して追肥します。

4 植えつけ後、葉が茂り始めたら収穫することができます。葉は一年中つど収穫して、長雨や湿度に弱い植物なので風通しをよくしてあげましょう。
  収穫は、先端部分の葉を摘み取り、横に出ている葉は残しましょう。葉のつけ根からわき芽が出てきて伸びてくるので、長く楽しむことができます。

ミントは大変繁殖力の強い植物です。庭に植える時は、鉢植えにして鉢ごと庭に植えて繁殖を抑えながら栽培することがポイントです。

ハーブを育てるにあたって追肥はどうやるの?

追肥と聞いて、思わず植物の株元に肥料をやればいいと思った方がいらっしゃるのではないでしょうか?
基本、追肥をやる場所は根が肥料を吸収しやすい場所に埋めます。

根は、先端に生長点がありそこから肥料を吸収します。

スポンサードリンク

そのため、追肥は根の先端の少し先に埋めるのが効果的です。
また、根の範囲は地上の茎や葉の広がりとほぼ同じ大きさです。葉が広がっている先に埋めるものだと覚えておいて下さい。
追肥を埋める際は、土と軽く混ぜ合わせながら植物が肥料を吸収しやすいようにしてやるのが、追肥のコツです。
肥料そのものを丸ごと埋めると、植物は“肥料あたり”を起こすので注意が必要です。

ミントティーの作り方

ミントティーはさっぱりとした味わいで、リフレッシュしたい時や腹痛、便秘時に効果を期待できます。
生の葉を入れてから熱湯を注ぐと、一気に濃い茶色のお茶になってしまいますので、薄い緑色のミントティーを楽しみたい場合は、ミネラルウォーターにミントの葉をつけて色を出して飲みましょう。
茶色になるのが気にならなければ、生の茎や葉を15g、または乾燥したミント5gを容器に入れて、熱湯を注ぎ2~3分おいてから好みの濃さになったら飲むとよいでしょう。
また、ミントは入浴剤としてお風呂に入れると汗の臭いを抑えてくれます。

ペニーロイヤルミントはコンパニオンプランツ(共栄植物)として植えるといい!

種類の違う野菜やハーブを隣同士にして育てることにより、双方、あるいは一方の生育が良くなる、または病気や害虫の被害を防ぐことができる組み合わせをコンパニオンプランツ(共栄作物)と呼びます。
ペニーロイヤルミントの場合は、野菜の隣に植えることによりアブラムシの食害を防ぐ効果があります。

他には、下記の野菜同士の組み合わせは効果を発揮します。

ホウレンソウと葉ネギ・・・害虫忌避、ほうれん草の病気予防
レタスとキャベツ・・・害虫予防、雑草繁茂の抑制
長ネギとキュウリ・・・土壌病害の予防、生育促進効果
ニラとトマト・・・土壌病害の予防
シュンギクとチンゲンサイ・・・害虫予防、雑草繁茂の抑制

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です