敬老の日のプレゼントにおすすめの品物とメッセージ

9月19日は敬老の日ですね。
既に9月に入り、毎年の贈り物にお悩み中の方もいらっしゃるかもしれません。
改めて、敬老の日におすすめの贈り物をまとめてみました。

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼントおばあちゃんの場合は?

お花やお菓子、ケーキなど生活の延長線上にあるものにサプライズが加わった贈り物が喜ばれるようです。

お花は、花束を贈るのも勿論素敵ですが、個人的にオススメなのがオアシスを使った置くタイプのお花です。
特にご高齢の方ほど、大きい花束を貰った場合、それに見合う大きな花瓶に活けること。
何より、お花の水替えをおっくうに感じてしまう方も多いようです。

嬉しいけれど、お花の水替えが大変で維持できない。
折角、大きな花束を貰ったのに……とがっくりされてしまう場合もあるようです。

なので、オアシスに活けられた貰ってそのまま玄関先に置くだけで、飾れるお花がご高齢の方ほど嬉しいようです。

お菓子は、日持ちのする焼き菓子がいいでしょう。
甘い物が苦手な方でなければ、クッキーなど個包装され、ちょっとしたお茶うけになる物が、毎日少しずつ食べれて幸せな気持ちにさせてくれるようです。

ケーキは、生クリームなどが苦手でなければ特におすすめの品です!
今日は、特別な日である印象が相手の深く心に残り、美味しいお茶、あるいは珈琲を添え、贈る側と贈られた側が同じ時間を共有する。
食べた後に、気持ちよくお礼を伝えられ。楽しい時間を家族みんなで持つことができます。

以上の品物を贈る時には、メッセージカードを添えられるといいでしょう。
カードは手元に残るので、いつでも読み返すことができますし、贈られた側に贈った人の優しい気持ちが心に残りますよ♪

敬老の日のプレゼントおじいちゃんの場合は?

お酒、靴下、お寿司など仕事の延長戦上にあったものを贈られると心がくすぐられるようです。

スポンサードリンク

お酒は、好きな銘柄があればそちらを贈られることが何よりの喜びだと思います。
また、お店によってはメッセージラベルにしてくださったりと「贈り物をしたい!」という気持ちを素敵な形で届けてくれるサービスもあります。
例えそうでなくても、気の利いた化粧箱に入ったお酒には心踊らされるものがあるようです。

靴下は、いつも目にすることができる贈り物です。
毎日、足を通すたびに贈った人の顔を思い出し嬉しくなるアイテムです。

お寿司は、できれば家族全員で食べに行くといいでしょう。
そこで、少しかしこまったお礼を述べて食べ始めると、お寿司の味も倍に感じられるようです。
何より、残り少ない人生を家族全員が時間を共有して座を囲んで食事をすることは中々ないことです。
おじいちゃんの心の中に、素敵な思い出が残るイベントです。
家族全員、良い気持ちで臨みましょう!

敬老の日の贈り物にメッセージカードを添えたいけど、何を書いたらいいの?

お店側で、既にある程度の感謝の気持ちを形にしたテンプレートを用意して下さっているところもあれば。
皆さんの伝えたい気持ちを大切に、カードにして下さるお店もあります。
ぜひ、一度お店の方にご相談なさってみてはいかがでしょうか?

また、お孫さんにも積極的に短い文章でいいので何か書いて貰うのもいいと思います。
小さくて文字が書けない子でも、お花がいっぱい描いてある絵などはおばあちゃんでしたら、その気持ちを汲むことができると思います。

まとめ

だだお物を贈るだけよりも、メッセージを添えることでよりよく気持ちが良く伝わる贈り物になります。
また、同じ時間を共有してくれることは、動きも遅く若い方とテンポが合わなくなり、寂しい思いを持ってしまいがちになるご高齢の方にとってはなによりの心の支えになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です