マロウとレモンバームの育て方とポイント

マロウは日本ではウスベニアオイと呼ばれ、古くから栽培されてきた歴史があります。アオイ科の植物で耐寒性が高く、丈夫なので初心者の方にとっても育てやすい植物です。採取した花を乾燥させてお茶にすると、綺麗な青いお茶になり、レモン果汁を入れるとピンク色に変化します。レモンバームは、メリッサまたはセイヨウヤマハッカとも言われアロマオイルの原材料として馴染みのある植物です。

スポンサードリンク

マロウの栽培過程

種まき 3月上旬~5月下旬

植えつけ 4月上旬~6月下旬

開花時期 5月中旬~8月下旬

マロウは日当たりが良い土地を好む傾向にあります。二年~多年草ですが、そのまま放っておくと株が小さくなってしまうため、早春に株を切り根をスコップで割り、株分けをしましょう。

1 セルトレイ(育苗用の連結ポット)あるいはポットに培養土を入れ、指で3~4ヶ所凹みをつけてその中に種をまきます。

2 本葉が3~5枚でたら、間引いて一本立ちにしましょう。

3 本葉が4~6枚でたら、ポットから根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

4 蕾がつき始めたら一回追肥をします。一株につき発酵鶏ふんや油かすなどを軽く10g施肥します。
  また、夏季の間は生育の具合を見て、1~2ヶ月に一度は追肥をしましょう。

5 花が咲いたら収穫することができます。花のすぐ下を切って1~2週間ほど乾燥させましょう。
  また、若い葉はおひたしや炒め物に使うことができます。

レモンバームの栽培過程

種まき 4月上旬~5月下旬

植えつけ 5月上旬~6月下旬

開花時期 6月中旬~7月下旬

スポンサードリンク

レモンバームは日陰で肥料が多い土壌を好む傾向にあります。多年草ですが、肥料切れを起こすと葉が黄色くなる傾向がありますので、肥料切れには注意しましょう。

1 セルトレイ(育苗用の連結ポット)あるいはポットに培養土を入れ、指で凹みをつけてその中に種をまきます。

2 本葉が3~4枚でたら、間引いて一本立ちにしましょう。

3 本葉が5~8枚でたら、ポットから根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

4 生長具合を見て一ヶ月毎に一回追肥をします。一株につき発酵鶏ふんや油かすなどを軽く10g施肥します。
  
5 葉が茂ってきたら、収穫することができます。開花させてしまうと、とう立ちして葉が硬くなってしまうため、開花前に収穫を兼ねて株の上1/3ほど刈り取ると、後から新芽が出てきて長く収穫することができます。
  

ハーブを育てるにあたって追肥はどうやるの?

追肥と聞いて、思わず植物の株元に肥料をやればいいと思った方がいらっしゃるのではないでしょうか?
基本、追肥をやる場所は根が肥料を吸収しやすい場所に埋めます。

根は、先端に生長点がありそこから肥料を吸収します。

そのため、追肥は根の先端の少し先に埋めるのが効果的です。
また、根の範囲は地上の茎や葉の広がりとほぼ同じ大きさです。葉が広がっている先に埋めるものだと覚えておいて下さい。
追肥を埋める際は、土と軽く混ぜ合わせながら植物が肥料を吸収しやすいようにしてやるのが、追肥のコツです。
肥料そのものを丸ごと埋めると、植物は“肥料あたり”を起こすので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です