年末年始の過ごし方~年末の大掃除や年末年始の旅行先など~

慌ただしい年末の準備が終わり、ほっと一息ついた後、新たな気持ちで一年を迎えたい、または締めくくりたい。
そう思われたことは無いでしょうか?そんな時は、ゆっくり休める温泉宿で新年を迎えたり、除夜の鐘をつきに行ったりするといいかもしれませんね。
また、大掃除のコツをまとめてみました。

▼年末の大掃除のやり方と手順

大掃除は「上から埃を落とし、下を掃除する」が基本になります。
また、奥の部屋から玄関へと掃除をしていきましょう。
部屋の埃を落とした後、エアコンやテレビなどを拭き、一番最後に掃除機をかけましょう。
窓など、採光に関わる場所をその後にやるとぐっと部屋が綺麗に見えて掃除をした!という喜びと共に次の部屋を掃除したくなる気持ちにさせてくれます。
掃除を必ずしなければいけない!と思い詰めてしまうと途端に苦しくなりできなくなってしまう方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は、できない自分を責めないであげて下さい。
特に年末は忙しく、毎日の生活の場まで手が回らないこともあります。
年末に頑張り過ぎて、新年に倒れてしまっては意味がありません。
まずは、普段している掃除機がけをし。
目についた埃がたまっている部分を拭ったり。窓を拭くだけもかなり違って見えます。
ご自身の生活のペースに合わせて、大掃除を楽しんでやることが何よりの秘訣です。

▼年末年始の旅行先でオススメの場所は?

年末年始は、家族でゆっくり過ごしたい。
除夜の鐘をついて、綺麗な日の出を見たい。
そんな方にオススメなのが、鹿児島県指宿温泉への旅行です。
九州は、本州に比べて日が沈むのが遅く。
その分、日の出が遅いのが特徴です。
つまり、夜遅くまで宴会などを楽しんだ後、朝は遅く起きても、日の出に間に合うメリットがあります。
指宿温泉は、海に面したお宿があり1月は朝7時前後に日が昇り始めます。
また、指宿温泉は有名な砂蒸し風呂が体験できる施設があります。
この時期は、行きたいと思った先のお宿がほとんど埋まっていた!
または、温泉で疲れをじっくりとって、新しい年を迎えたい方など。
旅行先の候補に指宿温泉を入れてみてはいかがでしょうか?

▼除夜の鐘の意味とは?どこでつけるの?

ごーんごーんと夜のしじまに響く音を聞くと、ああ今年一年、無事に終わったと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
除夜の鐘は、お寺でつくことができます。
時々、神社でつけると勘違いをされて鳥居をくぐられご神職の方に尋ねる方がいらっしゃるようですが。
除夜の鐘は仏教の108回鐘をつくことにより、煩悩を解脱することができる、という考えの元はじまったものなので、お寺で体験することができます。
つき始めは、深夜の0時前後のスタートが基本ですが、地域差があるものなので事前にお寺に問い合わせてみるといいでしょう。
また、お寺では何回目の鐘をつけるか数字を書いた紙を渡される場所もありますし、来られた順番に人数分、つけるお寺もあるようです。
これも、開催されるお寺によって違いますので、事前に確認されておくことをお薦めいたします。

▼最後に

年末は慌ただしく、年始からぐったりされる方も多いようです。
主婦の方は、年始には旦那様のご実家で挨拶まわりをしないといけなかったり、色々と気苦労が絶えない部分もあるかと思います。
なので、まずは一生懸命よくやっているあなた自身を褒めてあげて下さい。
やりたいと思っていて、できなかった事があるかもしれません。
ですが、それでもあなたはよく頑張っています!
ここを読んでいるのは、もしかしたらサラリーマンの方かもしれませんね。
やっぱり、貴方も一生懸命、仕事をしていらっしゃる素敵な人です。
どうぞご自分を大切に、良い年末年始をお過ごし下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です