クリスマスプレゼントにアクセサリーを彼女に贈る時のコツとポイント

クリスマスの時期になると、つき合っている彼女への贈り物に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
ここでは、どんなプレゼントを贈られたら女性は喜ぶのかまとめてみました。

クリスマスプレゼントにアクセサリーを選ぶ時の注意!

アクセサリーにも色々とランクがあります。
まず、定期的なお手入れが必要になるシルバーアクセリーは贈り物として嫌厭される傾向にあるようです。
女性は男性に比べ、自分の体や顔などをケアする必要が多く、その上、貰ったアクセサリーまで手入れをしなければいけない。
そうなると「ありがとう」と笑顔で受け取って貰えても、裏ではため息をついているかもしれません。
そうならないためにも、銀色の商品を選ぶ時にはプラチナまでは手がでなくても、ホワイトゴールドを選びましょう。
同じゴールドの製品でも、やはり金の含有量が多い数字の物ほど相手に対する本気度が伝わってきます。
また、ゴールド製品だからそのまんまの金色の商品を選ぶのではなく、ピンクゴールドなど女性の肌色になじみのよい色合いの物を選ぶと良いでしょう。
■ホワイトゴールド・・・金にニッケル系の金属を混ぜ、銀色に仕立てた合金。
■ピンクゴールド・・・金にパラジウムと銅を加えて作られる合金。ピンクがかった優しい金色に仕上がる。
K24=純金100%。加工に向かないため、金以外の金属と掛け合わせて加工しやすくした物がK18、K14になります。
K18=純金が75%使用されている製品。
K14=純金が58.5%使用されている物。

アクセサリーについている宝石の色に注意しましょう!

宝石は、高い品物であるほど色が濃くて深い商品になります。
基本、色が深い物ほど発色が良い良質な石であることが多いため、品物自体も高くなります。
しかし、石として価値はあっても実際に着けてみた時に色が濃い宝石は、着る服を選ぶ傾向にあります。
そのため、実際に贈って喜んで貰える物は、肌映りの良いソフトピンクや薄い水色などの宝石がついたものになります。
~贈られて喜ばれる宝石~
ローズクォーツ・・・水晶の一種で、優しいピンク色の石です。恋愛運を高めてくれることで有名です。
ラベンダーアメジスト・・・淡い紫色の石です。この石はメインの石ではなく、メインの宝石の周辺を彩るサブストーンとして考えましょう。
もし、メインストーンとして選ぶ時は、アクセサリーのデザインはなるべく若いフレッシュな物にしましょう!
トルマリン・・・ピンク、グリーン、水色と色の種類が豊富な貴石。特に水色~淡いグリーンが美しくメインストーンとして使われていることも多い石です。
女性の中には、ピンク系は逆に自分のキャラじゃない。恥ずかしくてつけられないという方もいらっしゃいます。
そんな時はトルマリンの淡い水色のアクセサリーを贈ってみてはいかがでしょうか?

アクセサリーを贈る時、結局なにを選んだらいいかわからなかった!

勇気をだしてジュエリーショップに入ったものの、雰囲気に気圧され。
そそくさとお店を後に去った方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?
そんな時は、彼女に正直に「クリスマスプレゼントを贈りたいから、一緒に入って欲しい」とお願いしてみましょう!
実際に着けてみて、気にいった商品があればその品物を贈りましょう♪
一軒目でそういった品物が無かった場合は、二軒目、三軒目に行くことも覚悟して臨みましょう。
その場合、最初に入ったお店とは違う系列のジュエリーショップの目星を二、三軒つけておく必要があります。
普段、彼女が身につけている服から、大体好きなジュエリーデザインのラインは何となく解るものですが。
あまりアクセサリーをつけるタイプの女性でなければ、時々、開けて見て楽しい物を選ぶ場合もあります。
この場合、一軒目で長く探して気にいるアクセサリーが無かったからと言って、イライラしてはいけません。
忍耐の文字を心の中で書きながら、辛抱強く彼女が顔を輝かせて「素敵!」と手に取る瞬間を待ちましょう!

最後に

クリスマスはつき合っている人達にとって、一番のメインイベント。
失敗したくないと強く思っている方もいらっしゃると思います。
アクセサリー選びは、一人で悩まずに進んで店員さんに相談する。
あるいは、贈りたいと思う彼女自身に相談してみましょう!
もしかしたら、アクセサリー以外の物がいいと逆に提案されてしまうかもしれません。
それでも、女性はちゃんと貴方の贈りたいと思った気持ちを嬉しく受け取っています。
初めてアクセサリーを選ぶのでしたら、迷ったりしないほうが難しいものです。
まずは、一人で悩まないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です