ヒマワリとローズマリーとビューグルの育て方とポイント

ヒマワリは夏を彩る花で、キク科の一年草です。ローズマリーは和名をマンネンロウと言い、シソ科の低木で日なたで、乾燥した土地を好みます。ビューグルは和名をセイヨウジュウニヒトエといい紫色の葉が印象的な植物です。

スポンサードリンク

ヒマワリの栽培過程

種まき 4月中旬~6月下旬

植えつけ 5月中旬~7月下旬

開花時期 7月上旬~9月下旬

ヒマワリは、日なたで水はけのよい土地を好み、栽培は容易です。

1 ポットに培養土を入れて、1ヶ所軽く凹みをつけて一粒ずつ種をまきます。

2 本葉が4~5枚出揃ったら、ポットから苗を取り出し根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

3 植え付けから2週間後に追肥を開始します。追肥をやるペースは一ヶ月に2回ほどしましょう。一株につき発酵鶏ふんや油かすなどを10gほど施肥します。

4 開花してから、花が枯れ、結実した種がしっかり膨らみ充実しているようであれば、収穫できます。

ヒマワリは、できた種は皮をむくとそのまま食べることができますし、種から油を採取し石鹸を作ったりすることもできます。

ローズマリーの栽培過程

植えつけ 3月上旬~4月下旬、9月中旬~11月下旬

開花時期 9月中旬~6月下旬

ローズマリーは小さい時は生育が遅く、育苗には3ヶ月ほどかかります。
そのため、必要としている株数が少ない場合は苗を購入して植えつけましょう。
また、ローズマリーは酸性土壌に弱く植え付けの2週間前までに苦土石灰を畑に投入し、土壌をアルカリ性にしておく必要があります。

スポンサードリンク

1 購入してきた苗が草丈10cm以上になったら、ポットから根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

2 草丈が30cm以上になったら、収穫することができます。株が若いと梅雨時期は長雨にまいってしまうので、適宜、収穫をして風通しを良くしましょう。
  花は、植え付けの翌年くらいから開花し、採取することができます。葉っぱは植えつけた年から通年収穫することができます。

ローズマリーは、一般的な食用の品種としてトスカナブルー、ほふく性の品種で枝が地を這うか垂れ下がるタイプのマックコネルズブルー、半ほふく性で花は薄いピンク色のマジョルカピンクなどがあります。
料理に使ったり、サシェなどを作る時は茎ごと収穫し、乾燥させて葉をしごいて茎からはずして使いましょう。

ビューグルの栽培過程

植えつけ 3月上旬~4月下旬

開花時期 4月上旬~6月下旬

ビューグルは、半日陰でやや湿度のある土地を好む多年草です。

1 ポットから苗をとりだし、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

2 普段は、ほぼ水やりをしなくても良い植物ですが、夏季の間だけは土が乾いたら水をあげましょう。

3 6月上旬~7月下旬になり、花期が終わったら追肥をしましょう。一株につき発酵鶏ふんや油かすなどを10gほど施肥します。

ビューグルの葉は、ほふく性で地面の上に広がるように伸びるため一年を通じて花壇などの彩りに使える植物です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です