エレンカンペーンとオリーブとサフラワー育て方とポイント

エレンカンペーンはキク科の植物で和名をオオグルマといい根を薬用として使われます。オリーブはモクセイ科の植物で、実からは油がとれます。サフラワーは和名をベニバナ、また源氏物語で有名な末摘花の別名を持っている植物です。

スポンサードリンク

エレンカンペーンの栽培過程

種まき 4月上旬~5月下旬

植えつけ 5月上旬~6月下旬

開花時期 7月上旬~8月下旬

エレンカンペーンは、日なたで水はけの良いやや湿度のある土地を好む多年草です。栽培は容易で、成長後は高さが1~2mにまで大きくなります。

1 ポットに培養土を入れて、ピンセットで種をつまみ一粒ずつまきます。

2 本葉が3~4枚出揃ったら、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

3 開花したら随時、収穫することができます。根を収穫する場合は、植えつけてから2~3年後に掘りあげて収穫しましょう。

エレンカンペーンの根には独特の香りと苦味、それに加え消化促進作用があり、ワインなどに乾燥させた根を漬け込み食前酒として使われることもあります。

オリーブの栽培過程

植えつけ 3月上旬~4月下旬

剪定時期 3月上旬~4月下旬

開花時期 5月中旬~6月下旬

オリーブは、日なたで水はけの良い土地を好む樹です。成長すると樹高は10m以上にまで育つため、植える場所をきちんと考えてから苗を購入しましょう。

スポンサードリンク

1 購入してきた苗をポットから、根の形を崩さないように取り出しやや深めに植えつけます。
  
2 オリーブは若葉が伸びる春先に剪定しましょう。葉や枝が込みあうと、日照不足から病害虫が発生したり、枝がもろいため風害が起こったりします。切る芽は、樹冠から飛び出した若い芽を剪定しましょう。

3 実がつきはじめたら随時、収穫することができます。緑果や熟してから黒くなった実、どちらも収穫して使うことができます。

オリーブは、夏季に水をやらず乾燥させすぎると小さな実しかつけません。夏場は適度な水やりを心がけましょう。

サフラワーの栽培過程

種まき 3月中旬~4月下旬

植えつけ 4月中旬~5月中旬

開花時期 5月下旬~7月下旬

サフラワーは、日なたで水はけの良い土地を好む一年草です。

1 ポットに培養土を入れて、3ヶ所に指先で軽く凹みをつけて1粒ずつ種をまきます。

2 本葉が4枚以上出揃ったら、良い苗だけ残し1株に間引きましょう。

3 本葉が6枚以上出揃ったら、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

4 サフラワーは多湿に弱いため、梅雨前には株元に敷き藁を敷いて雨除けをしてあげましょう。梅雨が終わったら取り除きます。

5 開花したら随時、収穫することができます。花を収穫して乾燥させ、お茶に使う場合は花弁だけをしっかりつまんで採取しましょう。若葉も料理に使うことができます。

6 全体が枯れ始めたら、種を収穫することができます。種は軽く炒ってから食べましょう。

サフラワーは普段は特に水やりの必要はありませんが、夏場に乾燥期が続く場合は惜しみなく水やりをしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です