ローズとマーレインとフラックスの育て方とポイント

ローズは和名をバラといい、花や実を古くから香料やお茶として使ってきた歴史があります。マーレインは、和名をビロードモウズイカと呼ばれ、明治時代に日本に持ち込まれた植物です。フラックスは、別名をヌメゴマ、アカゴマ、アマといい古代から繊維や油をとるために栽培されてきた植物です。

スポンサードリンク

ローズの栽培過程

植えつけ 新苗・4月上旬~5月下旬 大苗・11月上旬~2月下旬

剪定時期 1月中旬~2月下旬

ローズは、日なたで風通しが良く保水性があり水はけが良い土地を好む植物です。

!ローズの苗を購入するにあたっての注意!

◆新苗 種類が多く、一鉢につき一株しか無く花が咲いているもの。根の張りようが浅いので、株を充実させるために植えつけた翌年まで、開花させないよう花芽は摘花する必要があります。

◆大苗 一鉢に枝が何振りか伸びている株。花はついていないので、カタログやついているタグを見て確認してから購入する。根が充実しているので、初心者でも安心して挑戦できる。翌年には、花を楽しむことができます。

1 植えつける場所に60cmほど穴を掘り、乾燥牛糞をスコップ2杯、有機肥料を400gほど投入します。土も入れて肥料とよく混ぜ合わせ山なりに土をならします。植えつける2週間前にすませておきましょう。

2 購入してきた苗をポットから取り出し、軽く根をほぐしてから植えつけます。9割ほど土を被せ、残った土は株元を中心にドーナツ状に盛り、それから水やりをしましょう。
  
3 花や実つきはじめたら随時、収穫することができます。

4 6月中旬~7月下旬、12月上旬~2月下旬に開花が終了したら追肥をします。一株につき、発酵油かすなどを10g程度、施肥しましょう。

5 6月上旬~7月下旬の間に株が立ち上がらない品種は、支柱を立てて誘引しましょう。支柱は三本を株元の周囲を三角形になるよう斜めに立てて、上で紐で三本ともくくります。

6 1月中旬~2月下旬の間に、古い枝や枯れたものを切除して、新しく伸びた枝を全体の2/3ほど残して剪定しましょう。

ローズは、長雨に弱く雨にあたりすぎると病気になる傾向があります。梅雨時期はピートモスなどで株元を覆い跳ねた土が葉や花に当たらないようにしてあげましょう。

マーレインの栽培過程

植えつけ 9月上旬~10月下旬

スポンサードリンク

開花時期 6月上旬~9月下旬

収穫時期 6月上旬~9月下旬

マーレインは、日なたで水はけのよい乾燥した土地を好む多年草または二年草です。栽培は簡単ですが、高温多湿を嫌い湿度の高い場所では育ちません。

1 購入してきた苗をポットから、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。

2 3月上旬~6月下旬の間に月に生育が芳しくないようであれば追肥をします。一株につき、発酵油かすなどを10g程度、施肥しましょう。

3 開花し始めたら、株元から刈り取り全草を収穫しましょう。

マーレインの花や葉には鎮静作用があり、花の浸出油は打ち身や炎症、関節痛の幹部に塗布することができます。花の倍量のオリーブ油につけ、2週間たったら濾して使いましょう。

フラックスの栽培過程

植えつけ 3月中旬~4月下旬

開花時期 7月上旬~8月下旬

フラックスは、冷涼で日なたに面しており水はけが良く、乾燥気味の土地を好む一年草です。元はコーカサスから中近東が原産で、17世紀末に中国から日本に持ち込まれました。

1 移植が苦手な植物であるため、根の形を崩さないように取り出し丁寧に植えつけましょう。

2 夏季は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。過湿には弱い植物なので、常に土が湿気を保っている状態は避けます。

3 種が黄色く熟し始めたら茎ごと刈り取り、日陰などに干して追熟させましょう。

フラックスはアマ科の植物で、日本では主に「あまに油」を取るために栽培され、明治時代には繊維を取るために栽培されてきた歴史があります。

ハーブを育てるにあたって追肥はどうやるの?

追肥と聞いて、思わず植物の株元に肥料をやればいいと思った方がいらっしゃるのではないでしょうか?
基本、追肥をやる場所は根が肥料を吸収しやすい場所に埋めます。

根は、先端に生長点がありそこから肥料を吸収します。

そのため、追肥は根の先端の少し先に埋めるのが効果的です。
また、根の範囲は地上の茎や葉の広がりとほぼ同じ大きさです。葉が広がっている先に埋めるものだと覚えておいて下さい。
追肥を埋める際は、土と軽く混ぜ合わせながら植物が肥料を吸収しやすいようにしてやるのが、追肥のコツです。
肥料そのものを丸ごと埋めると、植物は“肥料あたり”を起こすので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です