マートルとカウスリップとホアハウンドの育て方とポイント

マートルは和名をギンバイカといい、初夏から夏にかけて白いふわふわした長い雄しべと白い花びらが印象的な花を咲かせる木です。カウスリップは和名をキバナノクリンザクラといい、小さく黄色く花が少し下を向いて咲いている姿が愛らしい植物です。ホアハウンドは和名をニガハッカといいシソ科の植物です。

スポンサードリンク

マートルの栽培過程

植えつけ 4月中旬~5月下旬

開花時期 5月上旬~7月下旬

収穫時期 葉は一年中収穫可能。 果実のみ9月上旬~10月下旬まで。

マートルは、明るい乾燥気味の土地を好む常緑の低木です。成長すると樹高は1.5m~2mまで大きくなります。

1 購入してきた苗をポットから、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。この時、根を傷めないよう丁寧に移植しましょう。

2 葉が茂ってきたら随時、収穫できます。葉を乾燥させると料理の香りづけとして使うことができます。

3 果実が実ったら収穫して、日陰でよく乾燥させます。乾燥させた実は、肉料理の匂い消しとして活躍しますよ。

マートルは、地中海沿岸原産の植物であるため温暖な気候を好み、冷涼な場所を苦手とする植物です。植えつける時は、北風にさらされない日当たりの良い土地に植えてあげましょう。

カウスリップの栽培過程

植えつけ 9月中旬~10月下旬

開花時期 3月のみ

カウスリップは、日なたあるいは半日陰の乾燥気味な土地を好む多年草です。成長すると草丈は20~25cmほどに育ちます。

1 購入してきた苗をポットから、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。
  
2 11月中旬~翌年1月下旬、4月上旬~4月中旬の間に1ヶ月に2回追肥をします。一株につき、発酵油かすなどを10g程度、施肥しましょう。

4 葉が茂りだしたら、随時、収穫することができます。花も開花したら収穫することができます。

スポンサードリンク

カウスリップの花は、皮膚炎を起こす可能性があるので肌が弱い方やアレルギーがある方は素手で触らないよう注意しましょう。

ホアハウンドの栽培過程

植えつけ 4月中旬~5月中旬

開花時期 6月上旬~8月下旬

収穫時期 6月上旬~9月下旬

ホアハウンドは、日なたで水はけの良い土地を好む多年草です。繁殖力が旺盛な植物であるため、地植えでは鉢の中に植えてから、鉢ごと土中に植えるなど工夫が必要です。

1 購入してきた苗をポットから、根の形を崩さないように取り出し植えつけます。
  
2 基本的に毎日の水やりは不要ですが、夏季の間だけ、土の表面が乾燥していればたっぷり水をあげましょう。

4 葉が茂りだしたら随時、収穫することができます。株元を数cm残して全草刈り取って収穫してもいいでしょう。葉は、お茶にして飲用することができます。

ホアハウンドには、ブラックホアハウンドとホワイトホアハウンドがあり香りが良いのはホワイトホアハウンドになります。

ハーブを育てるにあたって追肥はどうやるの?

追肥と聞いて、思わず植物の株元に肥料をやればいいと思った方がいらっしゃるのではないでしょうか?
基本、追肥をやる場所は根が肥料を吸収しやすい場所に埋めます。

根は、先端に生長点がありそこから肥料を吸収します。

そのため、追肥は根の先端の少し先に埋めるのが効果的です。
また、根の範囲は地上の茎や葉の広がりとほぼ同じ大きさです。葉が広がっている先に埋めるものだと覚えておいて下さい。
追肥を埋める際は、土と軽く混ぜ合わせながら植物が肥料を吸収しやすいようにしてやるのが、追肥のコツです。
肥料そのものを丸ごと埋めると、植物は“肥料あたり”を起こすので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です