志賀直哉のガマカエルのみそ汁の謎を追え

順調に文豪とアルケミストで遊んでいると、志賀直哉が登場してきてびっくりしました。彼の外見がとても華やかで、一見すると宝塚の男優さんみたいだったので、最初はただひたすら驚いて、本当にこの方が志賀直哉だろうかと、受け入れるのに少し時間がかかりました。

武者小路実篤が飛び出してきた時も、やっぱり驚いて。愛らしいお嬢さんのように見えたものですから。

でも、彼が戦う時に使っている武器が日本刀のようで、ああ、やっぱり殿方なんだと納得した次第です。

このお二人と菊池寛は、まるで今すぐオペラや歌劇に出演できそうな出で立ちで、このゲームを遊んでいる方に夢を見せてくれそうだと思いました。

ところで、実際の志賀直哉は実に健啖家な御仁で、様々なものを食べたとあり。

その中に、ガマカエルのみそ汁があります。私としては、これは大正時代に食用蛙として輸入され、のちに一大輸出品になったウシガエルのことではないのだろうかと、思っています。

ウシガエルの大きさは、ガマカエルくらいで。二匹を比べたら違いは一目瞭然なのですが、普通の方は解りません。

それに、ウシガエルは食用ガマカエルとも言われていたので、私なんかはウシガエルのことだろうなと、想像力逞しく、まるで明智小五郎みたいに推理をめぐらせた末、そう思うのです。

ちなみに、ウシガエルは主に太ももを食用とし。鳥のササミに似た味がすると、母が言っておりましたので、そうなんだと思う次第でございます。

上記において、志賀直哉が食べていた、ガマカエルのみそ汁は、食用ガマカエルことウシガエルではないだろうか?

とお話しさせて頂きました。

なぜ、そんな風に考えたのか説明いたしますと。

一重に私の父もウシガエルの肉が好きで、よく母が蛙を捕まえてはさばいていたからなんです。今となっては、蛙を食べることは一般的では無くなりましたが、戦後の食糧難の時代にはそれこそ何でも食べたようです。

ある時、畑のほうでボォーブォーとウシガエルが鳴くのが聞こえました。

それを聞いた母は、私に蛙のさばき方を教えてやろうと言い、バケツをとりに行こうとしました。

なんでも、蛙が鳴くのはここに自分がいることをメスに伝えるためなので、鳴いたあとはしばらくそこから動かないので、捕まえるなら今しかないと言うのです。

私は、母の言葉に体と声が恐怖で凍りつき、拒絶の意志を伝えるために全力で首を左右にふるしかありませんでした。
そうなんです、私はアマガエルを捕まえることはできても、自分の手くらい。あるいは、その手よりも大きなウシガエルを捕まることが怖くてできなくて。オタマジャクシでさえも、アマガエルでしたら捕まることはできても、ウシガエルやガマカエルのオタマジャクシは本当に黒くて大きくて、怖くて捕まえることができた試しが無いんです。

そんな訳で、母のこの提案は私にとっては正に恐怖の案件でしかなく。

今でも、私はウシガエルをさばくことができないままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です